ヨルンさんの映画レビュー・感想・評価 - 4ページ目

ヨルン

ヨルン

インド在住
現在は主にインド映画がメイン
海外だと延々映画を流してるので昔の映画ばかりこちらでヒットする
インド映画の最新作等あれば記入出来るのに

映画(1227)
ドラマ(67)

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.8

こ、この後ジョンはどうなっちゃうの!
地獄の底でただ一人武器も無くわんこと共に逃げるしかないのか!
キアヌ美しい…!

伝説的ジョンの神格化が始まっている
が、内容的には1のが好き
デフォさんとの絡み
>>続きを読む

PAN ネバーランド、夢のはじまり(2015年製作の映画)

3.3

時々展開が切れるようなのが気になったけど、美しい世界だった
新たな冒険だね

花嫁のパパ2(1995年製作の映画)

2.1

スティーブさんをずーーーっと「どっかで見た、どっかで見た」って思いながらみてた
ピンクパンサーだ!

この方のライトな笑いはついつい見てしまう
内容は別として
引きつける明るさがあるのだろうなぁ

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.6

ワンパンマンみたいにガッツンガッツンやってくれる
しかも美女が

ラングーン(2017年製作の映画)

3.8

オープニングの所の入り方が好き
実験的な所と、この作品の掴みが分かる所が好き

今作で何より素晴らしかったのがサイフ様
やっと格好良いサイフ様を見れたし、彼の持つ優雅さ、優しさ、脆さがとても美しく引き
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

3.8

さすがのアーミルさん
僅かなシーンの為にぽっちゃりからピチピチの肉体に絞っていく役作り
あなたの体が心配です

個人的にオームカルが好き
あんた良いヤツだな…子供の頃は可愛かったのに、成長してもじゃも
>>続きを読む

クルードさんちのはじめての冒険(2013年製作の映画)

3.6

疾走感あふれる!
キャラクターがそれぞれ面白くて、よく生きてる

Raanjhanaa(原題)(2013年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

節操なく映画を見るけれど、初めてこれはダメだと思った
周りの友人の評価も非常に高く、良作
だが……私個人の好みではない上に、本当に本当に初めて○○した
…ソナムさんもダヌシュさんも素晴らしいのに
とて
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

5.0

ヒンディー語の後オリジナルのテルグ語版を鑑賞出来た
全然違う!
オリジナルの体と心のぴったり合わさった演技に感動した

カッタッパーママジーのバーフ愛は海よりマヒーシュマティ王国よりデカい
デーヴセナ
>>続きを読む

Shivaay(原題)(2016年製作の映画)

3.4

雪山のターザン、シヴァーイ
この入りからの繋がりは多分想像しない路線
導入だけでも結構ハラハラドキドキする
ターザン、96時間、ダイハード、男くさいアジャイさんカッコイイ!

ソード・オブ・デスティニー(2016年製作の映画)

3.0

なんだか懐かしいと感じる演出と撮り方
華美でないけれど優雅な衣装が素敵

しばらく誰がドニやんか分からないまま見ていた

プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂(2010年製作の映画)

2.2

主演俳優さん少し、マークストロングっぽくて

世界として凝ってるのに軽い

Banjo(原題)(2016年製作の映画)

2.7

今までのコメディで三枚目なリテーシュさんから普段のオシャレでスタイリッシュなリテーシュさんの風貌に近いのでとても期待していた

風貌はとても格好良い!
私生活と役柄が全く逆な俳優さんだったので漸く格好
>>続きを読む

ウォーリー(2008年製作の映画)

3.6

無機質なものに人間くささがあるのに弱い
より可愛く見える

ディスプレイを見ることを止めた女性が印象的だった

ワイルド・スピード MEGA MAX(2011年製作の映画)

3.1

だんだん夫婦漫才に見えてきたし、それがまたピタッと合うのだから、バディ最高

ハン……最初は気にもしなかったというのに、良いキャラだ
好きなんだよなぁ

マッハ!参(2010年製作の映画)

3.0

前作と繋がってた

トニー・ジャーという俳優さんの能力の高さが凄いのは分かる
筋力、柔軟性、センスが必要なはずだから

でも弐の方が好き
だんだん山田孝之さんに見えてきた

マッハ!弐(2008年製作の映画)

3.5

思ってたのと別の話だった!!!

けど、壱より弐の方が好き
格好良い
展開は分かってしまうけど、おとーちゃんズが好きだ

そこに絆が無かった訳ではないし、もしかすると彼は想定していた未来なのかもしれな
>>続きを読む

カウボーイ&エイリアン(2011年製作の映画)

2.6

演出残念。
ダニクレの後ろ姿はたまらなく良いのだが、テンガロンハット似合わなくてそこだけなんだか笑ってしまった。頭小さいからかな?

エアベンダー(2010年製作の映画)

2.3

観ていてちょっと分からなくなる、っていうの久々に感じた
ちょこちょこ良いとこもあるけど次の瞬間にはその良いとこが霞んでいく
デヴ・パテルなのになぁ

エラゴン 遺志を継ぐ者(2006年製作の映画)

3.0

ちょっと兄弟(従兄弟だけど)愛を期待したけれど…
ドラゴン好き
意志疎通出来るっていうのは夢だなぁ

エラゴンてドラゴンの名前だと思ってた

No Entry(原題)(2005年製作の映画)

2.8

だらしがないぞ…紳士達よ。

この頃のサルマンさんによくある感じのコメディと抜け作感
美女を眺めるに終わってしまった

スカイ・ハイ(2005年製作の映画)

3.0

誰より父ちゃんが喜んでる胸熱
そして………素行悪そうに見えて善いヤツとかホント、可愛い

Dil To Pagal Hai(1997年製作の映画)

3.3

マードゥリーさんが可愛くて可愛いくて、そりゃもう美しい
カリシュマーさんの美ボディに憧れの眼差しを向けざるを得ない
いったいどちらがモテモテなのか

西遊記 孫悟空 VS 白骨夫人(2016年製作の映画)

3.3

中々深いぞ
聖職者の苦悩、猿王の苦悩、人間の穢れや清らかな心
そんな辺りを描いてあるようには見えない世界観
意外と丁寧に作ってあってつい見てしまった

13ゴースト(2001年製作の映画)

2.5

脱出不可能なゴーストハウス!
………が、家族愛っていうなんか心温まるお話だった

スパイ・ハード(1996年製作の映画)

2.7

くだらないけど嫌いじゃないこういうの
一々パロディで、そういうとこ笑える

80デイズ(2004年製作の映画)

3.0

こ、コテコテ…
笑わせにかかってきてる感じ、嫌いじゃない
細かい小細工が面白かったな

イップ・マン 継承(2015年製作の映画)

3.5

自然光の美しさ、絵のように切り取られたシーンの数々にため息が零れた
何て美しいドニーさん

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

3.3

インドで鑑賞
色々言い出すときりがなくなりそうたが、全く相反するものでもないし、原作以上の物でもない
良くも悪くも世界観を守ってある
解釈の違いや、纏める都合上のようなものはあるが、普通に楽しめた作品
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.0

細部までのこだわり、物語へのワクワクドキドキ、ときめきを感じさせてくれる
ただ美しいだけではない
ベルとプリンスの機微が自然な交わりで描かれているのも好感触

ルクエバガストン、クソ過ぎて清々しい
>>続きを読む

ディア・ライフ(2016年製作の映画)

4.2

1stフォトショットでシャールクさんとアーリアさんがまるで親子のように写っていたのが印象的で、さらにはアリー・ザファルさんが共演するとなり期待は膨らんだ
ただ、アリーさんが目当てだったと言っても良い
>>続きを読む