ヨルンさんの映画レビュー・感想・評価 - 4ページ目

ヨルン

ヨルン

インド在住
現在は主にインド映画がメイン
海外だと延々映画を流してるので昔の映画ばかりこちらでヒットする
インド映画の最新作等あれば記入出来るのに

映画(1259)
ドラマ(67)

Toilet - Ek Prem Katha(原題)(2017年製作の映画)

3.5

お言葉が、大変難しゅうございました……
インド人も大爆笑だけどコレは理解するの難しいよ、と

しかし1つだけ言葉を覚えました
両の手の平を合わせて…Radhe Radhe(ラーデー ラーデー)
と挨拶
>>続きを読む

私たちの予感(2017年製作の映画)

4.2

これぞシャールク!!!
そして俳優の貫禄を見せたアヌシュカーさん!!

安心してロマンスの帝王にうっとりしてください……良いんです……皆大好きスクリーンの恋人シャー・ルク・カーンだから

ストーリーに
>>続きを読む

燃えよドラゴン(1973年製作の映画)

3.4

少林サッカー、イップマンと観てどちらにもブルース・リーが出て来る
※少林サッカーはリーに憧れているゴールキーパーだがイップマン 継承ではリー役を演じている

その流れで放送されていたので
効果を使った
>>続きを読む

アイス・プリンセス(2005年製作の映画)

3.1

少々過程を端折ってあるけどエリートスポコンもので面白い
引っ張り上げてくれるギャルがとても良い子だしそのママさんがまた良い使い方
キム・キャトラルさん好き
厳しいスポーツ界を生き抜く強かさと母親として
>>続きを読む

愛しき人(2007年製作の映画)

-

まさか監督ランビさんを脱がせたかっただけでは…という疑惑を抱きつつゴロゴロ転げ回ったアレ

燃えよ!ピンポン(2007年製作の映画)

2.8

コレ系嫌いじゃないんですよ
はい、好きです!!

素直に笑わせてくれる
キャラクターの個性や不明な特性、得意技
中国なんだか日本なんだか、双方のいいとこ取りみたいなセットが結構しっかりしてる

トレジャー・オブ・エンペラー 砂漠の秘宝(2009年製作の映画)

1.1

そこのあなた、もしや、ジェイ・チョウというお名前では……というのに暫く気付かなかった
白目剥いた辺りで気付いた
ドラマチックな訳でもないのにやたらと壮大っぽい音楽
コメディかと見せかけて途中で止める
>>続きを読む

キャプテン・フィリップス(2013年製作の映画)

3.3

トムさんの演技の幅限り無い
私にとってもっとも高評価なのはソマリアの漁師達の方(つまり海賊だけど)

ナショナル・トレジャー(2004年製作の映画)

2.9

美女とのロマンスはいらんかったよケイジさん…貪欲に冒険と知識を求めて欲しかった

イップ・マン 序章(2008年製作の映画)

4.0

斧を一斉に出したシーンは思わずインド映画で見た事あるシーンだと思った

実は3を見てからの1
第一作目からこの美しさだったのかとただただ溜め息
ぼんやりと眠そうで昼行灯のようにも見えるドニやんが素晴ら
>>続きを読む

ベスト・キッド(2010年製作の映画)

3.6

ジャッキーさんの素朴で、悲しみを背負うおじさん像がこの人の俳優としての素晴らしさを際立たせていた
中国の美しい文化やこれがカンフーという世界観が素敵
ジェイデン君はじめ、子ども達が皆良い
子供らしく残
>>続きを読む

U.M.A レイク・プラシッド(1999年製作の映画)

2.8

ばあちゃーーーん。゚(゚´Д`゚)゚。!!!
なラストが結構好き

BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント(2016年製作の映画)

3.4

仲良しの孫とおじいちゃんみたいで可愛かった
光のDreams達が美しく、ワクワクした

ラストの切なくもほっこりとする感じは好き

BUNRAKU(2010年製作の映画)

2.0

美しい男性同士の取っ組み合いは素敵でした

GACKTさん、アーティストだけど俳優さん向きではない
コンパクトに纏められるものを無理に引き伸ばしてて無駄である

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉(2011年製作の映画)

3.3

期待値は高くはなかったんだが、お約束ジャックが安定のジャック・スパロウで、これだな…って思ってしまった
彼で保たれた作品なのは言うまでもない事だけど

ユニバーサル・ソルジャー(1992年製作の映画)

3.0

ジャンが……ジャンクロードが……美しい
この人本当に整ってる
ドルフも相手としてバランスいいと思う

きょとん?てした顔がとてもかわいらしかったので、この時代のジャンクロードでこんな顔もっと見てみたか
>>続きを読む

ほぼ300 <スリーハンドレッド>(2008年製作の映画)

2.0

マンゴー片手に笑った
クソまじめにバカやってくれるのが清々しい
This is Sparta.
そういう映画なのでもう何も言うことはない…

ムンバイ・ダイアリーズ(2010年製作の映画)

4.0

自然光の美しい、風景を切り取りたい意志が分かる
a Productionがその傾向にあるが、それは代表であるカーン夫妻の好みなのは言うまでもないだろう

何が主張するというのでもない
だが、見ていて心
>>続きを読む

Tubelight(原題)(2017年製作の映画)

3.6

サルマンさんと実の末弟ソーヘイルさんが作中でも実の兄弟として共演するのは納得のキャスティング
ベースは「Little boy (邦題:リトル・ボーイ 小さなボクと戦争)」
名優オーム・プリーの遺作とな
>>続きを読む

ダーケストアワー 消滅(2011年製作の映画)

2.5

展開やら演出やらCGやらツッコミ所多くもちょっと見てしまった
映画というよりTVドラマみたいな感じ

ジュピター(2014年製作の映画)

2.6

宇宙と近未来的さとファンタジーが融合していてそこそこ良いバランス
しかし差ほど引き付けられなかったのは展開がいつも微妙で飽きてしまった

花戦さ(2017年製作の映画)

3.8

華の力

信長公は技・芸を殊更愛した人であったから、公の仰有る事が尊かった
そしてそれがキモだな、と既に分かるので、それに沿って観ていくと良い
萬斎さんは役によって彼の狂言師としてのやり方が合う合わな
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

3.6

ぐ、グンペイ……!

良い方向に、当初考えていたものと違ってて、面白かった
しっかり作ってあるなぁとも思ったし、人間と自然界(太古)が不思議に混ざっていて、けれどきちんと分けてあるのも納得

アップサイドダウン 重力の恋人(2012年製作の映画)

3.2

どこかで見たような設定だと思ったが思いだしたのが何故かウテナだった
互いの世界の空が繋がる世界
映像世界の作り込みがステキ
画面が暗いので絵本か紙芝居を見ているようだ

シンデレラ・ストーリー(2004年製作の映画)

3.3

ジョーイのエージェントが…ジョーイのエージェントが!(フレンズのスピンオフ、ジョーイに出てくるエージェント・ボビーをジェニファーさんが演じているので)
って暫くそればかりだった
所謂お約束がカラリと楽
>>続きを読む

フロム・ヘル(2001年製作の映画)

3.4

思っていたより見入る作品だったのは、偏にジョ兄さんの賜かと
初々しさを感じるもののとても役柄に合っている
ナインスゲートの時も感じたのだけど、オカルトな雰囲気がよく似合う
そしてそれらの作品との相性は
>>続きを読む

タカの獲物(2016年製作の映画)

3.3

彼の望みを私は少年のように理解出来てはいないけれど、インドの問題はまさにその通りだ
もし本当に政治家の理由がそうなら、そんな商売に付き合わなくてはならない国民は立ち上がるのが望ましいが…

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.8

こ、この後ジョンはどうなっちゃうの!
地獄の底でただ一人武器も無くわんこと共に逃げるしかないのか!
キアヌ美しい…!

伝説的ジョンの神格化が始まっている
が、内容的には1のが好き
デフォさんとの絡み
>>続きを読む

PAN ネバーランド、夢のはじまり(2015年製作の映画)

3.3

時々展開が切れるようなのが気になったけど、美しい世界だった
新たな冒険だね