のりちりさんの映画レビュー・感想・評価

のりちり

のりちり

映画は出来るだけ映画館で観ます。
が、ミニシアター系映画が好きなので、DVDで観ることが多いです。

いいね、を押してくれた方ありがとうございます。

2016年4月から始めました。

映画(527)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

エヴァ(2018年製作の映画)

-

主人公がヘルパーとして働きに行った先の老人が風呂での突然死。
老人が、作家で、戯曲を残していたので、それを盗み出し、自分の作品として売ることに大成功。
元から、才能があるわけでないから次作を期待されて
>>続きを読む

沈黙、愛(2017年製作の映画)

-

韓国の大金持ちが再婚しようとしていた彼女を娘は気に入らない。
娘が再婚相手を呼びだした日に、再婚相手は娘の運転した車で死んだ。
しかし、酔った娘に記憶はない。
娘が殺すはずがないと、大富豪は、それほど
>>続きを読む

ギャングース(2018年製作の映画)

-

映画館鑑賞。

少年院を出たものの、いつまでたっても、アパートにも住めず、食べるものもない生活の3人。
それなりに年をとったら、世間はまったく見向きもしてくれない。
お金を指示通り盗んでもうまくいかな
>>続きを読む

ハード・コア(2018年製作の映画)

-

映画館鑑賞。

カメレオン俳優の山田くん。
今回はこの世の中に馴染めなくて、右翼の党の埋蔵金堀りをして、生活している役。
もう1人、同じように世の中に馴染めない友達の良々くんと一緒、こちらは合い過ぎ。
>>続きを読む

ポリス・ストーリー/REBORN(2017年製作の映画)

-

映画館鑑賞。

ジャッキーの映画で、アクションなら、観る!と決めている。
年をとったことは否めないので、昔のような激しいアクションはないものの、やはりジャッキーが出るだけでうれしい。

今回は、自分の
>>続きを読む

鈴木家の嘘(2018年製作の映画)

-

映画館鑑賞。

引きこもりだった兄が、自分の部屋で首つり自殺。
それを見つけた母は、助けようとしているうちに自分が気を失った。
(この時点では、まだ生きていたんじゃないかな~とか思う。死体からは垂れ流
>>続きを読む

(2018年製作の映画)

-

映画館鑑賞。

何気に拾った銃。
それを自分の物にしてから主人公の何かが変わった。
自分は何かできるのではないかと思うような心。

リリーさん扮する刑事が彼のところに来てからは、絶えず、身に着けるよう
>>続きを読む

アウト&アウト(2018年製作の映画)

-

映画館鑑賞。

遠藤憲一が主役だ、観なくちゃ!

元やくざで、今は探偵。
その前の探偵から預かった子を大切に育てている。

やくざと言っても、今どきのやくざのほうが普通っぽくて、やくざかと思ったら警察
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

-

映画館鑑賞。IMAX

リアルタイムで知っていたころは、あ、クイーンだ。
ぐらいだった。
本当の良さを知ったのは、フレディが死んでから。
この人の声は艶もあって伸びが良くて、私の中では、神の声となった
>>続きを読む

女は二度決断する(2017年製作の映画)

-

トルコ人と結婚したドイツ人。
外国人を狙ったテロで夫と子供を失う。
犯人に間違いない2人が捕まったが証拠不十分で無罪。

なんで?
彼らに決まっている。

彼女の選んだ道は悲しすぎる。
もう彼女は生き
>>続きを読む

台北ストーリー(1985年製作の映画)

-

30数年前の台北。
主人公の女性は、山口百恵風。
キャリアガールで稼いでいたが、会社が身売りされ、失業を選択。
幼馴染の男性は、姉がアメリカにいるので、行ってはみたが、帰ってくる。
子どもの頃は、何も
>>続きを読む

ミッドナイト・ランナー(2017年製作の映画)

-

韓国の警察大学というのは日本の警察学校と違って、4年あるようだ。
同期の2人が、街中に遊びに出かけて目撃した少女誘拐。
追跡して見つけたけれど、やられてしまう。
上にその話をしても、それよりやることが
>>続きを読む

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

-

主人公は絵を描くのが好き。
しかし、若年性リュウマチを患っていて、完全に思い通りには動けない。
住んでいた家を兄に売られ、おばの家に預けられる。
そんな生活は嫌だと、家政婦を求めていた男のところに行く
>>続きを読む

オー・ルーシー!(2017年製作の映画)

-

結婚相手を姉に奪われたらしい主人公。
それからずっと独身。
姪に、私の代わりに英会話の学校に行ってくれと言われ、行った先の教室の男性教師に名づけられたのが「ルーシー」。
これからも通おうと思ったら、そ
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

-

映画館鑑賞。

宇宙から運ばれたきた宇宙生命体。
何かに寄生しないと生きていけない。
その一つに寄生された主人公。
頭と体は、自分の意志に反したことをする。
見ていくと、この生命体に寄生されるには、そ
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

-

映画館鑑賞。

PCの中だけ。
なんだその映画?
でも面白いらしい、ということで観てみた。

娘が失跡した。
それを探す父。
今、流行のSNSやら、警察の情報やらを駆使して、本当のところに行きつく。
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

-

家の外は危ないところ、と、ずっと地下の家に両親と地下の家に住み続ける主人公。
25歳の彼の楽しみは毎週送られてくる「ブリグズビー・ベア」のビデオテープ。
しかし、ある日、両親が警察に捕まった。
彼は赤
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

-

母子家庭。
母親は、虐待もしないし、娘を可愛がる。
だから、娘も母親が好き。
ただ、母親は働かない。
モーテルに住むもそのお金の払いにも困る。
(アメリカでは、お金に困るとこういうところに住むことがわ
>>続きを読む

あさがくるまえに(2016年製作の映画)

-

日本ではなかなか進まないと言われる脳死を扱った映画。

早朝までは元気に自転車に乗ってサーフィンをしていた少年。
友人の車で帰る途中の事故で、シートベルトをしていなかった彼だけが脳死。(シートベルトは
>>続きを読む

デス・ウィッシュ(2017年製作の映画)

-

映画館鑑賞。

普通に外科医をしていた主人公の家に強盗が入り、妻は死亡、娘は意識不明。
警察は、なかなか解決してくれない。
病院にその時の強盗と思われる者がかつぎこまれ、強盗の銃を自分のものにする。
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫(2017年製作の映画)

-

映画館鑑賞。

噂では聞いていたが、地元での上映はずっとなかった。
諦めていたら、突然、IMAX上映をしてくれることとなり鑑賞した。

1は観てないが、たぶんこうだったろうなと推測はできた。

3時間
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

-

映画館鑑賞。

主人公が、近所で知り合った彼女。
明日、会うねと言ったのに、会いに行ったら退去していた。
主人公は、彼女を探し求める。

なんだか不思議な世界。
LAって、こんなになんだか分からないパ
>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

-

映画館鑑賞。

茶道はやったことがないから、どんなものか全く分からずに観た。
作法がしっかりあり、それにのっとって進めていくものだと知った。
四季によっても違うことも初めて知った。

カラダにやり方を
>>続きを読む

愛しのアイリーン(2018年製作の映画)

-

映画館鑑賞。

嫁を取れ、と母から言われ続けて、40歳も過ぎてしまった岩男。
フィリピンで嫁アイリーンを買った形で連れてきた。
母は日本人でないことが気に入らない。
アイリーンは日本語がまったく通じな
>>続きを読む

告白小説、その結末(2017年製作の映画)

-

映画館鑑賞。

私的小説が売れたがそのあとが書けない主人公。
その彼女の心の隙間にうまく潜り込んだエル。
観ていると、どう考えても、いつも何か仕掛けているのはエル。
それが分からないぐらい心が乱れて信
>>続きを読む

チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛(2017年製作の映画)

-

映画館鑑賞。

今では、どうってことのないチューリップの球根に高値がついた時代があったのは知っていた。
この映画は、まさに、その時の話し。

孤児で修道女だった主人公に、年はとっているが、お金持ちの男
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

-

映画館鑑賞。

デンちゃんの前回のイコライザーが良かったので、今回も期待しながら観た。
裏切らない。
とにかく沈着冷静。
その場の判断が的確。

でも、ハラハラドキドキは、ずっと続く。
次はどうなるの
>>続きを読む

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

-

映画館鑑賞。

アメリカでは、同じ中国人。
これが彼の国、シンガポールにいったら、彼氏はシンガポールでは知らない人のいないお金持ちの御曹司だった。

彼女は自分で仕事を持っているし、自立している。
>>続きを読む

きらきら眼鏡(2018年製作の映画)

-

映画館鑑賞。

3年前の自分の誕生日に友人と海に行ってそのまま亡くなってしまった恋人が忘れられないでいる青年。
古本屋で見つけた本の間に挟まっていた名刺で、もうすぐ亡くなる恋人を持つ女性と知り合う。
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

-

映画館鑑賞。

音を立てたら、何かに殺される。
だから、音をたてないように生きる家族。
家の中でも油断できないなんて、もう死んだ方がいいって思うけれど、殺されるのは嫌だ。
世界中に、その何かは、いるら
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

-

映画館鑑賞。

プーが「クリストファー・ロビン」という英語の呼び方がとても気に入っていたので、字幕版で観た。
映画館は1日6回の上映で、字幕版は1回のみ。
少なすぎるんじゃないか、と思った。

子ども
>>続きを読む

ベロニカとの記憶(2015年製作の映画)

-

離婚して、1人暮らし。
年金で生活しながら、中古のライカのカメラを売る主人公。
そんなある日、昔少しつきあった彼女ベロニカのお母さんが亡くなり、自殺した親友の日記を譲りたいと遺言を残したという手紙が来
>>続きを読む

ぼくの名前はズッキーニ(2016年製作の映画)

-

ズッキーニは、決して幸せな家庭では育っていない。
お母さんは毎日ビールを飲む。
ズッキーニを虐待する。
でも、子供はここにしか居場所がないから、母を好きだ。
特に母が呼ぶ「ズッキーニ」という名前が大好
>>続きを読む

若おかみは小学生!(2018年製作の映画)

-

映画館鑑賞。

小学生のおっこが、両親を交通事故で一度に亡くし、祖母の家へ。
そこは小さいもののしっかりとした旅館。
だが、おまけに、幽霊が住みついていた。
その幽霊に言わされたけれど、若おかみになる
>>続きを読む

食べる女(2018年製作の映画)

-

映画館鑑賞。

食べるということは重要。
おいしいものを食べることができたら、それはうれしいこと。
この映画は、食べることも好きだけれど、作ることも好きな女。
食べる方が好きな女。
に分かれている。
>>続きを読む

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

-

映画館鑑賞。

また中国だ。
中国、多いなあ~お金持っているからかなとか思いつつ、映画を観た。

元FBIだったが、左足を失ってからは、自分の手術をした軍医だった妻と双子の男女の子どもと、小さいながら
>>続きを読む

>|