大盛りさんの映画レビュー・感想・評価

大盛り

大盛り

テンポの早いアクション・カーチェイス・フザケタ映画をよく観る!

華麗なる晩餐(2008年製作の映画)

5.0

インパクトがある!
ちょっぴりかつどん協議会を思い出しつつ、最初っから最下層で食えや(笑)とも思いつつ、状況が面白い。
料理にかかるから、席に着いた状態で埃はらうのやめて。って思ったけど料理も真っ白だ
>>続きを読む

死の影(2012年製作の映画)

5.0

すごい。
主人公は自ら自分の死を引き寄せた様にも感じるけど、心のショックは変わらないか…。
スチームパンクな美術もいい。

代理教師(2007年製作の映画)

4.2

ノーの大事さがキュートに描かれている。
それにしても、デル・ピエロが頭から離れない!!!(笑)

マギー(2015年製作の映画)

4.3

静かな静かな物語。
ゾンビ映画というよりは、不治の病にかかった話という感じ。
ゾンビになるまでの時間が長すぎる!そういう意味では、かなり恐ろしい。

畑を焼いているウェイドの後ろ姿や、空の光景などきれ
>>続きを読む

サボタージュ(2014年製作の映画)

3.0

チーム殺される意味あるのか?(笑)
釘付けが派手すぎるせいか、なんだかよく分からない!(笑)
お金は怖いなとでも思えばいいんだろうか…。
ちょっとグロいのと、撃ち合いシーンが好きなら、退屈しない。
>>続きを読む

ボーン・レガシー(2012年製作の映画)

2.0

期待したほど好きじゃなかった。
王道ストーリーというか…分かりやすい(笑)

アーロンが屋根の上からスーって降りてくるシーンはかっこいい。
でも、バイクで転けて滑るシーンは、あんなに滑ったらズル剥けだ
>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

3.3

赤のインパラに、それっぽ過ぎる人が乗ってて、もうちょっと目立たないようにすればいいのに…と思った。文化の違いだろうか?
後半はアレハンドロの独壇場!(笑)
結局、はるか上の人たちが承認した作戦の前では
>>続きを読む

シャークネード5 ワールド・タイフーン(2017年製作の映画)

3.1

いろいろ面白かったけど、まさかのドルフ・ラングレンで全てが霞む!(笑)

子連れじゃダメかしら?(2014年製作の映画)

-

時代を感じるなぁ…っていうところも含めて面白い(笑)
たくさん笑えて、登場人物もみんな可愛らしい。
ストーリーに関係ないけど、ホテルの合唱隊のアディダスが気になって仕方なかった(笑)

エンドロールの
>>続きを読む

二ツ星の料理人(2015年製作の映画)

4.3

「昨日の方がおいしかった」が3人続くと、食べてないのに昨日の方がおいしかった気持ちになった(笑)

映画でキッチンを掃除するシーンはあまり観たことが無かったから新鮮。

給料3倍の2倍?!(笑)

>>続きを読む

特攻野郎Aチーム THE MOVIE(2010年製作の映画)

2.3

コングとモンキーが普通の人過ぎて、ハンニバルとフェイスにいい意味での軽さというか楽天的なところが足りない気がする(笑)

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊2.0(2008年製作の映画)

3.0

素子が頭捕まれて、ぶらんぶらんされてるときの動き方がかっこいい!

黄金のアデーレ 名画の帰還(2015年製作の映画)

5.0

現在とマリアの記憶の交差の仕方がいい。

マリアにとってあの絵は家族の思い出だということが、とても伝わって来る。

ランドルがこの件に関わって、自分のルーツを深く受け止めるようになる感じるは、ぼんやり
>>続きを読む

特捜部Q キジ殺し(2014年製作の映画)

3.0

今回は犯人丸出しの展開(笑)
キミーの友達の呼吸が止まるところが凄かった。
あと、コーヒーの設定をすっかり忘れてたけど、最後にアサドがコーヒーをセットしてるのを見て思い出す。そこでやっと前半の「誰が淹
>>続きを読む

キラー・スナイパー(2011年製作の映画)

2.8

ふと、この映画の事を思い出した…
何故かマシュー・マコノヒーより、ジュノー・テンプルの印象が強い(笑)
ラストシーンのせいかも。

始終、悪どくっていい(笑)
あ、兄妹で線路を歩くシーンは可愛いかな

三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船(2011年製作の映画)

1.1

同じシーンにはいないけど、マッツとティル出演!(笑)
飛行船とアクションは、まぁ楽しいかな…

クライムダウン(2011年製作の映画)

4.0

狙われるのが早いな(笑)と、思ったけど、誘拐犯からの逃走がみっちり詰まった感じでいい。
もうちょっとアナについての説明があると嬉しいけどこんなもんか(笑)
最後にアナの父が言っていた「金持ちの女の~」
>>続きを読む

ジャッジ・ドレッド(2012年製作の映画)

3.0

ママ関連のスローモーションがキラキラしまくってて面白い!(笑)
それからママは着地のところも良かった!

それにしても、応援読んだ時点で、外部からビルの点検モード解除できないのか?!
広大な面積の密室
>>続きを読む

カリフォルニア・ゾンビ逃避行(2013年製作の映画)

4.0

何ともかわいいゾンビ映画(笑)
青春か!(笑)と思ったが、ちょいちょい心に引っかかる。

アーティとじいちゃんとの別れは本当に切ない。
あと、アーティがゾンビとの攻防を高校生活と変わらない。と言ってい
>>続きを読む

その女諜報員 アレックス(2015年製作の映画)

2.2

元諜報員なのに、銃が空だって気付かないことあるのか?!(笑)
それにより結構色んな事が危うくなり、かくまってくれたおっさんも死ぬ。
って感じで何となく あれれ? 感漂うけど最後まで観ちゃうのは、オルガ
>>続きを読む

スズメバチ(2002年製作の映画)

3.0

強く引き込まれてることはないけど、退屈しないで観れる(笑)
3か国合同で逮捕したマフィアのボスの移送に護衛が少な過ぎ!(笑)

ジョバンニの首がどうして切れたのかが分からなかった…爪??

あと、渋い
>>続きを読む

ゾンビスクール!(2014年製作の映画)

4.5

ハチャメチャ過ぎて面白い。
ゾンビとはいえ子供に対して大人があんなことするのは倫理上問題があるんじゃ…なんてためらってると食われるし(笑)
しかもあのファンタジー映画をそういういじりかたしていいの?!
>>続きを読む

ベルリン・オブ・ザ・デッド(2010年製作の映画)

3.5

一見冴えない(笑)ミシェルの器用な手先により、危機を脱する!
そんな彼は最後幸せにしなるのか、ならないのか?!
やめてよ母さん!には笑ったが、モーツァルトのレクイエムをバックにほんのり(笑)

住人が
>>続きを読む

ロンドンゾンビ紀行(2012年製作の映画)

5.0

家族とか地元とか、恋愛とか色んな愛で溢れたゾンビ映画。
なかなかゾンビ出てこないところがいい(笑)

いとこがめっちゃ強い(笑)
じいちゃんが危ういシーンは泣く~!

ゾンビ(1978年製作の映画)

4.0

コツコツ作り上げた安全な生活を崩すのが、人間というところが皮肉で面白い。

サバイバル・オブ・ザ・デッド(2009年製作の映画)

4.0

いい♪
ゾンビに対して(私がみた数少ないゾンビ映画の中では)初の試みをしていて、面白かった。
最後のおっさんの対決シーンはおとぎ話みたいでもあり、死んでも変わらないという皮肉のようでもあり、印象的。
>>続きを読む

アンブレイカブル(2000年製作の映画)

1.9

そ、そうか!
確かにどんでん返しあったけども…!(笑)

Mr.ホームズ 名探偵最後の事件(2015年製作の映画)

2.0

ホームズが暮らす家の景色が美しい。

ウメザキのエピソードを削ってアンの事とそれに対するホームズの悲嘆をもっと掘り下げてくれたら、すきだったと思う(笑)

新座頭市物語 笠間の血祭り(1973年製作の映画)

2.8

本作はもう、馴染みのある市の姿。

杖の先におみよのかんざしが、あたるシーンがいい。
おばさんの家を去ろうとした時、裾が引っ掛かったシーンや、沼の橋を渡る姿は浮世絵の様できれい。

映画版ならではなの
>>続きを読む

ワイルドなスピード! AHO MISSION(2015年製作の映画)

5.0

初っぱなから笑える!
しかも訳でも笑える!英語とテレビ事情を知ってれば、もっと面白いんだろうな。

もちろん本家にうっすら似ている(笑)キャストもいいけど、最高なのはアレックス・アッシュボーの表情!…
>>続きを読む

ダイヤルM(1998年製作の映画)

2.6

デヴィット・スーシエ出てる♪

カラマンとの会話がなにかに繋がるのかと思いきや、そうでもなかった。(笑)

エミリーのデイビッドへの気持ちが途中からあまり表現されてない気がしたのでもうちょっと描いてあ
>>続きを読む

クロウ/飛翔伝説(1994年製作の映画)

5.0

ひっくり返すの?目玉焼き!(笑)

エリックは不死身で強いんだけど、あまり強くなさのうなのと(笑)、醸し出される人間性がかわいらしくて引き込まれる。
で、最後はよかった~!と安心。

屋上の光景は、う
>>続きを読む

催淫吸血鬼(1970年製作の映画)

1.6

イゾルドの登場方法が笑える。
え?そこ??
しかも、もぞもぞ(笑)もっとスッと出てこ~い(笑)

音楽好き。

パーフェクト・ゲッタウェイ(2009年製作の映画)

4.2

ジーナとニックがすき♪
あと、後半の闘いはアクションも筋肉もカットも最高!

サソリ入りの酒が予想と違う角度で繋がってきた(笑)
犯人かと疑いつつも、違うはず…と思える雰囲気は、最後の「一年半」のセリ
>>続きを読む

>|