komoririririさんの映画レビュー・感想・評価

komoriririri

komoriririri

映画(1144)
ドラマ(35)

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

-

ピィカァ!!!!!!
ふっさふさの尻に顔うずめたい
アメリカ人はリザードンが人気らしい。ふしぎ。
私はゼニガメとロコン〜!!!!

ローズマリーの赤ちゃん(1968年製作の映画)

-

悪魔降臨
妊婦の不安要素と相まって、すべてがとてもリアル

365日のシンプルライフ(2013年製作の映画)

3.0

付き合う前のデートシーンのアングルとか、なぜ主観でなくヒキ?だいぶ自作自演だけど、入院したおばぁちゃんの部屋に胸が締め付けられるのは、モノに魂があるからこそでは?

カレには言えない私のケイカク(2010年製作の映画)

-

ジェニファーロペスの女なのか男なのか若いのか歳いってるのかよくわからん謎のエロさ、すごい。
チーズ屋絡みのアメリカンな下ネタをもっと期待したけど、フツーに上品な店オープンしただけだった。

コドモのコドモ(2008年製作の映画)

3.6

設定はぶっ飛んでめちゃくちゃだけど、子役や役者陣の演技で惹きこまれた。
妊娠10ヶ月の子供が駆け巡る、春〜冬の四季がとても美しい。

子供VS大人の構造になってから、はるなやひろゆきよりも、学級委員の
>>続きを読む

ジュニア(1994年製作の映画)

3.6

シュワちゃんが妊娠する、トンデモ映画。女装も爆笑。
大男が母性に目覚めていくコントなんだけど、意外に丁寧につくってて最後は、ほろり。
ラリーいい奴〜

ハラがコレなんで(2011年製作の映画)

1.5


なんじゃこれ…
人に押し売りしない優しさが粋だと思う。。
仲里依紗好きだからこんな役やだなー

仁義なき戦い 代理戦争(1973年製作の映画)

-

1で死んだ梅宮辰夫が、眉なしでフツーに出てきたからパニックになったw
東映俳優を使いまわしてただけか💦
より群像になってきたよー!

火宅の人(1986年製作の映画)

4.1

この男マジムカつく!と思いながらも結局は女たちの話だった、おもしろかった!
はつらつとした原田美枝子、松坂慶子に比べ、女房いしだあゆみの悲しみを帯びた演技がとても好きだった。小形拳みたいなヤサ男もいる
>>続きを読む

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

3.9

期待してなかったのに、とてもおもしろくてびっくりした!
響、てちにぴったり!
現実、ほとんどの人間が凡人だよね。頑張っても報われないアヤカウィルソンや小栗旬の心を救う、素敵なヒーロー映画でした。

>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

3.7

画の中で人動かんなぁ。結構セリフで言っちゃうなぁ。
これほんとに荻上監督?
でもリンコからはいい匂いがして、生田斗真すごいなと思った!!

キング・オブ・コメディ(1983年製作の映画)

4.5

再観🎃最初はグルービー2人を薄ら笑うんだけど、最後のパンプキンの漫談にグッときて、自分がしょうもなく思えてくる。
わしゃ映像10年もやってるのに何にもなれてなくて、自分が人に何をしたいかもわかっていな
>>続きを読む

女は女である(1961年製作の映画)

-

あらすじは悲劇だけど、映画は喜劇。普通に楽しい。💪🎀
本引用しての喧嘩はサブカルカップル臭くてキモかった

脱獄広島殺人囚(1974年製作の映画)

3.8

ほぼ血塗れの松方弘樹!
主義主張などなくスカッとする。
主人公のオフナレ無い方がミステリアスで好みだけどな!

太陽を盗んだ男(1979年製作の映画)

4.3

めっちゃくちゃおもしろかった。
原子爆弾を作ったのに何を要求したらいいかわからないジュリーは日本の若者らしくて、追い詰められて可哀想になってくるし、
俺は犬だ!!と命を捧げ特攻する軍人気質な菅原文太も
>>続きを読む

仁義なき戦い 広島死闘篇(1973年製作の映画)

4.5

北大路欣也と千葉真一が最高!
旦那がこの千葉真一の「おぅ?」って言いながらキンタマいじる変な広島弁をずっとマネしてたらしい。

仁義なき戦い(1973年製作の映画)

4.3

冒頭の喧嘩シーンから最高。
ブッ倒れる時とかのアングルかっけぇ〜
こん時の松方弘樹29歳?w
「たま」って魂んことだったんだね。今まで知らなかったよ。
荒臭い広島弁がやみつき

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

4.4

めちゃくちゃおもしろかったし、すぐに二度見して、そのわりに夜寝るのが怖くて電気つけっぱで寝た。
ホラーやグロよりも、ピーターが帰ってきて放心したまま横たわるあの顔が一番怖い

なんで最悪なことしか起こ
>>続きを読む

37セカンズ(2019年製作の映画)

4.1

住山明さん、すごい魅力。。
あの可愛い声とニカっとした笑顔。
最初の重苦しい帰宅シーンと、冒険から帰ってきてお母さんにスケッチブック見せる長回しが素晴らしくって涙。
ユマの体の重力や意志がとてつもなく
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

吊るされたお母さんの足元にしがみつき靴紐を直そうとしたけど、あぁもう死んでるから意味ないんだ。って思って手を止めたところで、ジョジョはこれから靴紐を1人で結ばないといけなくて、理屈じゃなく本能で、いき>>続きを読む

チチを撮りに(2012年製作の映画)

3.8

ほっこり。
いい話つくりたい欲満々の長編より、優しくて好きです。

音楽(2019年製作の映画)

3.7

愛おしくて懐かしいな。
学生時代にゆらゆら帝国とラーメンズが大好きすぎて多摩美行ってずっとアニメ描いてた頃を思い出した。
声、坂本慎太郎。歌声、岡村靖幸ww
原作がシュールなだけに、アニメになって音が
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

-

前半は少し退屈だけど、後半はかなりおもしろかった。
鼻塞いだところで血気したソンガンホ、最高。
ジョーカーといっしょで、そんなことくらいで怒るなよとひく人、最高だ!と絶賛する人。どちらの反応にも違和感
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃(2002年製作の映画)

-

アナキンに会った時の「アニーぃ?」ってナタリーポートマンの顔よ。
前作から濡れ場を相当期待してたのに、ゲッティみたいな場所で普通に結婚式してた

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(1983年製作の映画)

4.2

ジャバザハットがレイア姫に首輪つけてるのいいな。
イウォーク族大好き。チューバッカとイウォークはルーカスの飼ってる犬がモデルっていうのもすてき。
ハンソロもカッコ良い!
細かいあれやこれが楽しいし、ダ
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977年製作の映画)

-

アメトークがおもしろかったから、スターウォーズみはじめた!
チューバッカがゲームで負けると片腕もぐって話がすごい好き。

この世界の(さらにいくつもの)片隅に(2019年製作の映画)

5.0

良かった。良かった。
良かった。って何?って言葉が前よりも重く切なかった。
すずさんの女心を描くことでりんだけでなく義母さん、義姉さんやすみちゃん、戦争孤児の女の子、物語に出てくる女性すべてに想いを馳
>>続きを読む

家族を想うとき(2019年製作の映画)

4.2

社会派映画でしょと思いながら観はじめるのにすぐに感情移入して、最後は慈悲や憤りだけが残り、自分の家族や知り合いまでが頭をよぎる。ケンローチの徹底したリアリティがすさまじく匠。あの怒り方とか優しい空気、>>続きを読む

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

-

1を見た時、エルサが魔法を使えることが、働く女の希望に置き換えられていると思った。
愛嬌や器量やコミュ力がなく、横に男がいなくても、知性や一芸で氷の世界を作ることができる。
魔法はそういう人のアイデン
>>続きを読む

映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ(2019年製作の映画)

-

パズドラ→ツムツム→すみすみ…
と。もう1年近く、すみすみゲームを会社のトイレで延々やってしまう、我もすみっこ。とんかつ大好き!いちばんレベル強くしてる。
忙しさから癒しを求めにいったらイノッチの声が
>>続きを読む

>|