omoririririさんの映画レビュー・感想・評価

omoriririri

omoriririri

映画(1015)
ドラマ(28)

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

-

エレファントマンが頭が良くて、一点の曇りもない素敵な家庭に生まれたことがワンダー。
痛みを知って優しさを返す。幸せの遠心が驚くほどつづく素敵な物語。
涙が止まらないけれど、いい奴しかいない世界なんて、
>>続きを読む

DOPE/ドープ!!(2015年製作の映画)

-

青春物語のようで社会メッセージにもしようとしたラスト、、テーマをセリフで言っちゃうぬるさが切ない。
やっぱ黒人ドラマってLDHとか田舎っぽさがぬけない。
もしDフィンチャーが監督やったら、もっとヒリッ
>>続きを読む

菊次郎の夏(1999年製作の映画)

4.2

何これ好き。。
昔よくオヤジと二人で山に行って、カップラーメン食べて車で寝たり夜怖くて泣いたの思い出した。
夏休みは永遠のパラレルワールド。たまにはいる鏡を使った多角的な撮り方もいい。
お笑いって、人
>>続きを読む

ユキとニナ(2009年製作の映画)

4.1

ユキの神秘性が凄まじい。
後半、森とユキが時間や国境、言語を飲み込む。
離婚という男女の軋轢の中、子供から大人になるユキの存在が、奇跡のように感じた。
ユキが立つ日本は、家畜人ヤプーみたいにぞくぞく。
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.6

安藤サクラの供述シーン。
生きてていいよ。って言われた気がした。
今思い出しても、風船が破裂する。

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

-

元気出そうと思って観たけど、余計落ち込んだ。お話も光る紐も、色々ツライ。

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.9

実家で豚飼ってたから、豚のくその匂い想い出して吐きそうになった。

豚に真珠に便所に蓮二。お得意のフェチぃ画力の連打に、にんまり。
獅童がブン屋とかいちいち笑える

腐乱した役所で大笑いしてしまったけ
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

-

小松菜奈が神っぽいのに
清野菜名が沢口靖子っぽくて惹かれた

四月の永い夢(2017年製作の映画)

-

こんな女いねーよの嵐。
一人暮らしの28歳がトースト両手挟みで食べたり、初対面の発狂する男に「謝りなさいっ!」とか、相当キツイ。聖女妄想が過ぎる。

ロケーションや画、役者は美しくて頑張って観たものの
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.4

洋犬とシールズが鎖国やめて開国しろ!って押しかけてくる映画。50年前のオノヨーコが出てくるくらい日本のイメージて閉じてんだな。日本人としては、切なさもある。
白空のコマドリアニメは、合成すぎていけ好か
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.5

安い食べ物や住まいは、カロリーたっぷりで色鮮やか。いつでも自分を忘れさせてくれる物が街にはあふれてる。
私たちは、ボビーやアシュリーだから。
「大丈夫だよー」って抱きしめる、コインランドリーのおばちゃ
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

-

MCUをガン観したしたおかげで山頂にたった。こんだけ頑張って観たらそりゃ感動するな。。息子の運動会を見守るオカンの気持ち。
オコエ姉さまやっぱり好き

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

3.9

私のMCUベスト。
オープニング。ミスターブルースカイで踊る小枝ちゃん。家族のいないガーディアンズが、みんなで小枝ちゃんを育児する姿に胸がきゅんとする。
最後の親殺し。ヨンドゥの男気に泣いた。ダッさい
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

-

混血、毒親、捨て子、戦争遺族、虐待孤児、傷ある者たちが脱獄を試み、1つの家族になっていくヒューマンドラマ。アメリカ貧困層in宇宙。
ジェームスガンの監督起用も、成り上がり物語に合わせたMCUの狙いだろ
>>続きを読む

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン(2015年製作の映画)

-

平和維持装置が殺しにくるとかバカすぎ。マークラファェロが「僕はハルクになるせいで子供もできない。」っつたら、スカヨハが「私もよ。訓練学校の卒業式に不妊手術をさせられたの」って告白するシーン。。MCU制>>続きを読む

ルパン三世 カリオストロの城(1979年製作の映画)

4.0

懐かしい。音の付け方、今見ると新鮮。
敵の銭形が味方になる劇場版のかっこよさも好き
ルパンが「ロリコン男爵〜!」ってなじるの、ハヤオのことかな

犯罪都市(2017年製作の映画)

3.9

鍋の蓋ラーメンやホットクうまそうだし、マドンソク、ポパイみたいでかわいいし、血まみれトイレのお花癒されるし、、
バイオレンスとカワイイのさじ加減がま〜絶妙。
シバラマ聞くたびに息もできなくなるのは、み
>>続きを読む

アイアンマン3(2013年製作の映画)

-

ペッパーがノースーツでアイアン化した瞬間、お茶が冷めた。
私わかった
ペッパーみたいな身の程をわきまえない女、大嫌い。
何が「あたしよりスーツと遊ぶ方がお好きみたいね」だよ。
トニーのおかげで平OLか
>>続きを読む

アントマン(2015年製作の映画)

3.2

トーマス!トーマス!おもちゃ部屋で戦うシーンすごくわくわくした。
昔から蟻とかゴキブルが、でかくなって隣にスッとやってくる夢を年に3回は見るんだけど、みんなも割とそうってこと?
話はおもしろくないけど
>>続きを読む

アベンジャーズ(2012年製作の映画)

3.6

キャラコラボの萌えトーク&戦闘シーンいいとこどり。
新橋亭の弁当みたいな満腹感。。
みんな、このお祭りのために単体ものを頑張って観てたのか…
こりゃ劇場で観ちゃったらびんびんだ!

マイティ・ソー(2011年製作の映画)

3.0

長男がグレて家飛び出して、丸くなって帰ってくる、地元あるある。
神が地球に来るって…スタローンがお歳暮にハム持って来るようなざわめき

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(2011年製作の映画)

3.5

コンプレックスだらけのもやし軍人がナチと戦う設定はおもしろい。ヒトラーもコンプレックスの化け物だしね。
ニセの手榴弾抱き込んで「みんな逃げろーーぅ!」は大爆笑。アンタ、そんなんだから、いじめられるんだ
>>続きを読む

ラッカは静かに虐殺されている(2017年製作の映画)

-

なんかGW休日に1800円も払って、一人でISのドキュメンタリー見てる自分に嫌気がさした
作品はすごいです。

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

3.8

ベタ!おい、ベタ!て思いながらも、ベチョベチョに泣いた。
不寛容だった主人公が、義を持つ姿。わざと電話番号教えない最後も、マッドとフィリオサの去り際みたいでカッコいい
整形してない韓国人の顔面はステキ
>>続きを読む

彼の見つめる先に(2014年製作の映画)

4.6

いい映画。胸がいっぱい。
ちょうど自分が大学生の時、一緒に上京した友達と毎月お互いが好きそうな曲を選曲したCDを焼いて交換してて、その中にベルセバ入ってて、めちゃいいね!ね!って、それからライフパース
>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

4.0

広告の仕事してたり、映画にちょこちょこ点数うってる自分には胸の痛いお話。
総キュレーター時代。少女の爆破は美術展の宣伝にもなれば、炎上したってYouTubeの広告収益が寄付にもなる。
クラウドファンデ
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.9

結ばれた中盤からの心理描写がもうたまらない。1984年はまだ大声で言えない。戸惑う二人を照らす太陽がヒリヒリ感じた。
桃のシーン、エロすぎる…楽しんごのTシャツですか…
外飯も短パンも小虫もチャリも、
>>続きを読む

世界の果てまでヒャッハー!(2015年製作の映画)

3.4

GO Pro版ハングオーバー。
エステで屁こいたり、深刻な時に鼻くそほじって食べる女友達が、最高におもしろかった。みんなボケ倒してたけど、淡々と奇行を繰り返すその子ばかり目で追ってしまった。

パンダフルライフ(2008年製作の映画)

3.5

ひたすらかわいい!!!!悶絶
赤ちゃんがエビチリみたい!!!

ウォーキング with ダイナソー(2013年製作の映画)

-

BBC制作。映画じゃなく白亜紀後期のアラスカの図鑑動画。ゴルゴザウルスは青じゃないと、3歳の甥っ子がぼやいていた。

アイアンマン2(2010年製作の映画)

-

機械をいじるミッキーロークにうっとりする以外、アイアンマンは何と戦ってるのか感情移入できなかった。アイパッチのジジィとか出てくるし、金の匂いしかしない。
ロシアが敵役とか、何十年前の話蒸し返しとるのか
>>続きを読む

アイアンマン(2008年製作の映画)

4.0

すご。まんまアフガン介入やイラク戦争のお話。
日本に原発落としたのが正しい事になってる狂国アメリカ。
本当の悪は中東のテロ組織ではなくアメリカのいき過ぎた利己主義だと。
兵器を作る天才科学者が、自身を
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.8

ユニバーサルスタジオ行ったような多幸感。やっぱり女子とチュウチュウしちゃう主役のウェイドより、一人ぼっちで永遠の命をつくってしまったハリデーに感情移入する。。幼少期のハリデー、ヲタ部屋で猫背で人を睨ん>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

5.0

猛毒。最高。
「僕は僕。君は家。」
この一言のためにこんな地獄を作ったのかと思うと、ただただ痺れる。
シェアだの女性擁護だのうるせー真っ平らな世界をぶっ壊してくれた。
スカッとした。なぜか力が湧いてき
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

-

コロコロコロコロコミック。
でも編集がとてもお上手!
タイトルボイーン!の瞬間最高し。
演者も作り手もずっとちょけてるし、泥酔して観てたから、バカバカしくて声出して笑たけど、周りは誰も笑ってなくて、そ
>>続きを読む

>|