nurukoさんの映画レビュー・感想・評価

nuruko

nuruko

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.0

主人公は‪感情移入しづらい人物ながら‬ヒュージャックマンの魅力のお陰でクズさがマイルドに、被差別者たちの境遇のつらさも深掘りしないからマイルド()に。わかりやすい起承転結がトントンと進み、ミュージカル>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.5

とても良かった。主人公の一つの行動がもたらしたものの拡がり、人の心の多面性が見事に描かれている。登場人物それぞれが人生を生きていて素晴らしい。不穏さとユーモアが共存しているのも見飽きないし、印象的なシ>>続きを読む

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

3.5

話や設定はオマージュというより同じことやってるだけに感じたし、昔ながらの韓国メロドラマっぽい感じで怠いし、時系列があっちこっち行くのも気が散った。

でもほぼノースタントのアクションはキレキレでとて
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

4.0

ハードな状況を追体験させられ、ただただつらかった。カタルシスに救いを求めても無駄で、実話の文字に打ちのめされる。映画が終わって劇場が明るくなっても、心は暗く重いまま。フルメタルジャケットの「ファッキン>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

3.8

かわいいしロンドン行きたくなるしマーマレード舐めたくなる。2から観たけどとくに問題なし。話に無駄がないし、優しくて温かい気持ちになるし、映像を見ているだけでも楽しかった。ヒュー・グラントが楽しそうなの>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.2

松岡茉優の演技力表現力…!すごかったし可愛かったし、もうずっと見ていられるくらい良かった。他の役者さんたちも適材適所でとても良い。そして作品のテンポの良さ、妄想と現実の構成の巧みさ、笑える小ネタの数々>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.0

前作の花火並のインパクトはないし前作の方が好きだけれど、冒頭からトップスピード!前作を上回るアクションと笑いとクールさハチャメチャぶりなどなど、ばかだなー!笑、という感じで楽しかった。前作観てからがお>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.6

過剰なまでの情報量と熱量で最初から最後まで押しまくるも、それがとても気持ち良くクセになる合法ドラッグぶりがすごい。そしてただハイテンションなだけでなく起承転結はきっちり、最後は収まるべきところに収めて>>続きを読む

カンフー・ヨガ(2017年製作の映画)

3.4

変なCGもぶつ切り編集も、隣の人が携帯見始めても気にならなかったし、むしろそれでいいようなユルさが面白かったけど、正直家で観るで良いのでは?とも思いながら観ていたら、エンディングのダンスに全てを持って>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.8

若干長く感じたけれど、印象的なシーンがいくつも続くので最後まで飽きずに観られた。終盤のあるシーンは、スターウォーズに思い入れのない私ですら思わず「まじか…!」って声に出してしまったくらい熱かったです。>>続きを読む

否定と肯定(2016年製作の映画)

3.8

原題は"Denial" (否定)

今観るべき映画、の意味が良くわかった。嘘や詭弁を撒き散らす歴史修正主義者に対する弁護士団の仕事ぶりが気持ち良く、結果にも救われたけど、対岸の火事ではない(もっとひど
>>続きを読む

希望のかなた(2017年製作の映画)

4.0

現代の重いテーマを扱い厳しい現実を見せながらも、ふんわりとしたユーモアが心地良いし温かい。ひとりひとりの小さな寛容が不寛容から人を救うし人は生きていけるのだと伝えているように感じた。とても優しい映画で>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.4

考え方の違う頭の良い大人たちに翻弄される天才少女の話で、普通に良い話にまとまってるな、という印象でした。少女役の子の演技が達者で睫毛は超長くてバサバサでそればかり見てしまったな。猫3匹連れてくシーンは>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.0

宇宙人ネタもパンクもPVっぽい演出も主役の男の子の顔も好きではないのに、宇宙人に個性が出てきたあたりから面白くなってきて、最後までそれなりに楽しめました。エルファニングはとても可愛かったけど、20セン>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

3.8

ストップモーションアニメが本当に美しく生き生きとしていてまるで魔法だったし、映像の素晴らしさが世界観に説得力を与えていて、それだけで惹き込まれた。登場人物のこともすぐ好きになっちゃった。お話はとてもシ>>続きを読む

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

4.0

御年88歳になるホドロフスキーの人生を肯定する力強さと生への明確な意志を感じてなんだか元気が出ました。私も生きていこう…

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.6

アダム・ドライバー目当てで観たけど、いくつか観たソダーバーグ作品の中で一番好印象だったかも。ほのぼの優しい物語でクスッと笑えて楽しかった。そしてもちろんとても良いアダム・ドライバーでした。可愛かった…

HiGH&LOW THE MOVIE3 / FINAL MISSION(2017年製作の映画)

3.4

前作より評判があまり良くないみたいだけど、私は結構好きかも。アクションを延々見せられるのも飽きるし疲れるからドラマパートが増えたの良かった。最後の無理やりな終わらせ方には高嶋兄と同じ顔で「えっ?!」て>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.4

今までのソーに比べてコミカルで楽しかったけど、ケイト様の絶望的なまでに恐ろしい姿を見たかった気もする。特定のキャラへの愛がある人は楽しくて仕方ない感じの仕上がりだったと思います。ロキとか。

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.8

重い雰囲気のまま物語は進むけれど、小説、過去、現在がタイミングよく交錯するし、衣装やメイクや美術の美しさ、役者の素晴らしさで見入ってしまった。主役の二人だけでなく脇役も全員が完璧だった。特にマイケル・>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.7

観る前はかなりビビっていたけど蓋を開けたら怖さはそれほどでもなく、少年たちの瑞々しい一夏の冒険と成長の物語という感じで胸がキュンとしました。色んな場面でペニーワイズさんが登場しては楽しませてくれるので>>続きを読む

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)

3.8

物語はサクサク進むし、ノオミ・ラパスの七変化を見てるだけで楽しかったです。好き。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.8

不穏な違和感がずっと続いて不気味だった〜。もっと引っ張ってもいいところをコンパクトにまとめててサクッと見られました。もっと見たい!という気持ちもあったけど。細かい所まできちんと辻褄があっていくのは気持>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.0

報われない役をやらせたら当代一のゴズリングが今回も健在で、とても良かった。尺は確かに長いんだけど、紛れもなく前作の続きを新たに描いていて、それがとても美しくて哀しくて余韻に浸りました。新しい恋愛要素も>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.4

緊張感があまりなく、それをごまかすような音楽がうるさくてまるでMVを見ているような感じ。度々眠気が襲ってくる→シャーリーズ・セロンの殴る蹴るでハッと目が覚める、の繰り返しだった。シャーリーズ・セロンは>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.5

面白かったー!ロビイストって…?位の知識しかないためふわーっとした感じで観始めたけどスローンの魅力とスリリングな展開にドキドキハラハラ、最後はカタルシスに痺れました。「バリーシール」鑑賞後もんやりして>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.5

アメリカをはめた男という副題で爽快感あるどんでん返しを期待したけど、アメリカに利用された男で拍子抜け。でもトムちんのあの笑顔とオーラで悲壮感や小難しさがなく飄々としたエンタメになってる、紛うことなきト>>続きを読む

春なれや(2016年製作の映画)

3.0

「此の岸のこと」が抜群に良く、「わさび」も良かったけど、「春なれや」はそこまでハマれなかったかな。主演二人は可愛かったし、エンドロールのCoccoの歌が聴けたのは良かった。

わさび(2016年製作の映画)

3.6

芳根京子が素晴らしい。彼女の演技と存在感で映画の質がぐっと上がっているように思ったし、長編でも観たくなった。

此の岸のこと(2010年製作の映画)

4.8

心の底からえぐられて泣いたブルーバレンタイン以来の衝撃で、ボロ泣き。自分の近い未来が描かれていて本当に恐ろしく、深い愛に涙がこぼれました。今のところ今年見た中で一番(2010年の作品だけど)。本当に凄>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.6

お約束や笑いが盛り込まれつつも「全員暴走」っていうほど暴走感はなく淡々と物語は進み、最後は哀愁を感じさえした。3作で一番北野武作品らしいのかもしれないけど、刺激や切なさがもっと欲しかったという気持ちも

パターソン(2016年製作の映画)

4.5

ジム・ジャームッシュが「身の回りにある物事や日常におけるディテールから出発し、それらに美しさと奥深さを見つけること。詩はそこから生まれる。」と言うように、詩のような映画だった。日々の繰り返しの中で日常>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

3.8

良かった。こういう王道ハリウッド映画、好きだよ…って思った。重いテーマだけど、テンポよく軽やかに見せてくれて爽やかな感動に包まれました。なにより主人公達が自分の人生を逞しく生きる様を、女や母だからとい>>続きを読む

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

3.5

戦地でふてぶてしく生きる人々と表情豊かな生き物、銃声とノリノリのバルカン音楽、賑やかで混沌とした前半は見応えがあり、後半もハッとするシーンが所々挟まれているので見飽きなかった。ミルクをこぼしながら走る>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.7

役者の熱演とシュールな設定で面白いんだけど、終始、私は何を見せられてるんだ…?という戸惑いと可笑しみが込み上げる不思議な映画だった。最終的に「What the fuck?!」で滅茶苦茶笑ってしまい、あ>>続きを読む

>|