nurukoさんの映画レビュー・感想・評価

nuruko

nuruko

映画(379)
ドラマ(0)

来る(2018年製作の映画)

3.7

前情報なしでただのホラーかと思って観に行ったら人間のイヤーンなところ満載で面白かった。そうか、中島哲也監督だったね!
物語は三部構成で、人の心の闇とお化け的怖さがちょうど良くブレンドされているので見飽
>>続きを読む

パッドマン 5億人の女性を救った男(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

2000年代にまだ生理は穢れとして扱われ生理中の女性は外で過ごさないとならない、それを女性自身も"そういうもの"と思い込んでいる、そんなインドの女性蔑視の状況に胸が痛くなった。
そんな中、妻の為に猪突
>>続きを読む

へレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.8

あまり怖くなかったけど、久しぶりにビックリ箱的でないホラーを観た気がする。音と光の使い方やミニチュアの細やかさと不気味さ、重苦しい空気や不安感、嫌〜な食卓風景など良かったし、ホラーに出るために生まれて>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.7

ふんわりした前作の記憶しかなかったのだけど、世界観も役者も映像も素晴らしく、私をすんなり魔法の世界に連れて行ってくれました。ハリポタシリーズも一通りさらっと観ているだけのライトなファンですが、普通に楽>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

いや〜痺れた。前作で翻弄されるのはエミリー・ブラントだったけれど、今度はジョシュ・ブローリンとデルトロも巻き込まれる側に。もうどうなっちゃうの〜?!?!と最後まで終わりが読めない展開。前作よりもブロー>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

4.3

続編を観る前にとアマプラで鑑賞。不穏で重苦しい緊張感が音楽と共にずっと感じられて疲れたけど、メキシコの実情を垣間見れた気がする。観終わった後、メキシコ麻薬戦争について調べたら、あまりに根深い問題に遠い>>続きを読む

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

以前、双極性障害Ⅱ型の診断をされて今は鬱の治療中、薬で気持ちを保っているため、なるべく入り込まないように意識して映画に挑んだ。途中までは冷静に観ていた私も(と言っても料理できないシーンなんかは呻いた)>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.8

話はわりと単調なんだけど、役者たちの再現度の高さと要所要所に流れる名曲のパワーを借りて飽きずに観られる。個人的にはメアリー役のルーシー・ボーイントンの好演が嬉しかった。(シングストリートのラフィーナ!>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.0

観る前は超シリアスな話かなと思ってたんだけど、ほっこり愉快な俺たちバディなムービーで最高だった。だんだんヴェノムが可愛く思えちゃうのがすごいし、ふたりのイチャつきを永遠に見てられる気がしてくる…。そし>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.0

面白かった〜!お父ちゃんファインプレー連発しすぎ〜!最初の数分でどういう家族なのか理解&感情移入させられ、二転三転するスリリングな展開にハラハラ。夢中で画面を追ってしまった。ここぞって時に煽りの音楽が>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

3.8

オーシャンズシリーズと比較されていたけれど、本作はタイの社会問題や道徳心に切り込む社会派クライムサスペンスのようだった。カンニングのシーンは緊張感がハンパなく手に汗握ったし、登場人物の表情や存在感がリ>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

3.2

頭痛発作の前触れの生あくびが凄い出て映画どころじゃなかったのが悲しい。そのせいもあるけど、話が冗長に感じて、ものすごく眠かった。サスペンスというにはわかりやすすぎるし、アクションというには地味だし…。>>続きを読む

マリアンヌ(2016年製作の映画)

3.7

終わりが見えているからこそ余計に美しく哀しいお話だった。砂漠の中で初めて結ばれるシーンや空襲下での出産シーンが印象的。
なによりマリオン・コティヤールが素晴らしくエレガント!往年の銀幕女優のような気品
>>続きを読む

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

3.8

景気の良さになんだか元気が出るロマンチックコメディ。ヒロインの知的さやちょうど良い庶民ぽさが親しみやすく好印象。テンポも良く展開に無駄がなくあっという間の2時間でした。楽しかった!

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

何で子供作ったの?(喪失を埋めるためにという理由でもだめだろ)という最大のツッコミ所他沢山あるんだけど、ビクビクポイントがかなりあるし観ているこちらも音を立てられない緊張感で面白かったです。子供たちも>>続きを読む

死霊館のシスター(2018年製作の映画)

3.5

死霊館シリーズを全く観ていないのに観てきました。‪嫌いじゃないです。
不気味な教会の雰囲気とか、黒いシスターの中に白い可憐な見習いシスターがいる図とか、アメリカっぽいユーモアとか。ノリノリで怖がらせて
>>続きを読む

若おかみは小学生!(2018年製作の映画)

4.0

良かった。最初は子供向けって感じだな…と侮っていたのに、気づけば登場人物みんなが大好きになってたし、最後は涙が止まらなくて、エンドロールもずっと涙を拭ってた。94分という枠の中でとてもテンポよくかつ丁>>続きを読む

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

3.7

CMを見て、かなりハードルを下げて観たけど意外とまともに作られてて普通に面白かった。この夏の三大アクション映画、MEG、プレデター、そして今作。その中で今作が一番ちゃんとしていたように思う。(好きかど>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.7

お話は予想していたものだったけれど、プーたちとの再会によって自分を取り戻していくクリストファーロビンを通して、自分の大切なものは何かを考えたり「何もしない」を楽しんでいた子供の頃のことを思い出してじん>>続きを読む

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

3.8

この夏(もう終わりだけど)最も楽しみにしていた映画の一つです。

知り合ったばかりの仲なのに命をかけてしまったり、カットの繋ぎが雑だったり、コミカルにしたせいで1で感じたようなプレデターへの恐怖心が薄
>>続きを読む

WE ARE X(2016年製作の映画)

3.9

まさに「WE ARE X」な内容で、私のようなほぼ楽曲しか知らないファンにとってはわりと突っ込んだところまで語ってくれていて見応えがあったし分かりやすかった。TOSHIが洗脳について語るシーンではドキ>>続きを読む

1987、ある闘いの真実(2017年製作の映画)

4.2

登場人物も情報量も多いのに混乱しないで観られるのがすごい。フィクションパートがくどくないのも良かった(キム・テリ可愛い)。最初からダレることがなくクライマックスに圧倒的な熱量で向かっていく。今の日本を>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.7

ステイサムと巨大鮫が戦う映画。その字面だけでもう100点満点なのですが、俺たちの期待と予想を裏切らない、それ以上でもそれ以下でもない安定のステイサムが見られます。ステイサムの安心感から全くパニックアク>>続きを読む

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

3.7

3人の気持ちの絶妙なバランスとその描き方、演技の自然さが抜群で、共感はできずとも彼らのひと夏の関係に寄り添ったような気がするし、その先にまで思いを馳せた。ただナレーションの入れ方はちょっと気になったか>>続きを読む

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

3.9

えっそっち?えっまたこっち?なんなん?と、朝子に振り回されました。全体を覆う不穏な空気に油断のならなさを感じつつ、言葉のやりとりとか面白くてちょいちょい笑った。心に抱えた疑念や不安を見ないようにして過>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.9

大きくなったり小さくなったり、場所や物があちこち行ったり、笑わせられたりほっこりしたり……テンポが良くてスケールの小さな、こちゃこちゃとしたわちゃわちゃ感がすごく楽しかった〜。何度もクスクス笑ってしま>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

3.7

前作は観ていますが、殆ど記憶になし。
Mama, I love you soooo much! っていう予告を見て家族愛全肯定映画についていけるか不安だったけど、基本的にママの自由さ奔放さを楽しい歌と
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.8

なかなか面白かった。重いテーマをジャニーズの看板役者にやらせてエンタメ然としている。ぶつ切りのようなカット割りや変な舞が挿入されるのとか、飄々とした面白いテンポだった。そんな中、死神みたいな役どころの>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.7

実話をよくまとめているし、無駄な説明をせず画で匂わせたり分からせる感じがとても良かった。だからこそ最後のアラン・カミングのセリフはちょっと余計に感じてしまった。でもあのセリフがなかったら、この物語の主>>続きを読む

追想(2018年製作の映画)

3.5

海辺のシーンなど良いところはあったけど、“一生忘れられない恋”にしては描き方がたりないような。それに先が読めたから驚きもなく、エドワードに感情移入や同情ができなかったので「ま、仕方ないやね」って感じで>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.5

とても良かった。絵的に地味だしただただ白い世界なんだけど、緊張感がずっと途切れないし登場人物の気持ちがじわりと伝わってくるのが熱い。要所要所に俺たちが観たかったジェレミーレナーがぶっこまれてくるのも最>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.5

ハラハラ感も度肝を抜かれるような驚きもなく、小さくまとまってしまった感じ。物足りなさが残念。とはいえ普通に面白いし、女優たちは素敵で楽しめた。サンドラブロックとケイトブランシェットの関係性、着こなしや>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

3.0

自分のルーツを辿るシンプルなお話になってしまっているために物足りなさが募りまくるんだけど、吹き替えで観たので豪華な二次創作としては楽しめたかな。このやり場のない気持ちは、原作を読み直しかアニメを観直し>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

タイトルを見かけたら文章を見ずに高速イイね&スクロールしてネタバレ回避してきた「カメラを止めるな!」が、やっっっと横浜にも来たので観てきました。ムービル1の大きなスクリーンは満席。

面白かったし今思
>>続きを読む

ジャッジ・ドレッド(1995年製作の映画)

3.0

公開当時はこき下ろされてたけど今見直すとわりと楽しい。すぐヘルメットを脱いでしまうけど、スタローンかっこいいし。我々はあの切なげな目が見たいわけですし。でもスタローンのSFならデモリションマンの方がキ>>続きを読む

劇場版 進撃の巨人 Season2 覚醒の咆哮(2018年製作の映画)

3.6

season3を観る前に復習で。謎に一歩近づいて続きがとても気になる展開だし、アクションが見応えあるので飽きずに観られた。本当に作画が素晴らしいね。最初の方寝っ転がりながら観ていたけど、途中からちゃん>>続きを読む

>|