ピピンさんの映画レビュー・感想・評価

ピピン

ピピン

映画(269)
ドラマ(2)

美しき緑の星(1996年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

如何にもスピ系や自己啓発系が飛びつきそうな内容でホント気持ち悪い。

最初、物々交換しながら会話してるシーンでこの作品の言いたい事は全てわかる。
理想論ばかりで中二病の様な内容だ。

貨幣経済の問題に
>>続きを読む

BE-BOP HIGHSCHOOL ビー・バップ・ハイスクール(1994年製作の映画)

1.8

中学、高校がビーバップの全盛期だったのだが、当時は那須版のメチャクチャな作りより、ダークでリアルなこちらの方がカッコ良く見えた!

今見るとやりたい事は分からないでもないが、役者も演出も下手過ぎて乗れ
>>続きを読む

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

原作未読
子供の脳死と母親の狂気という重いテーマを扱った作品だが、違和感だらけで全く乗れなかった。

まず、金だけでなく技術まで簡単に整う篠原涼子を取り巻く環境設定の作り方が安直過ぎるのも気になるが、
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.9

最後の30分はホントやられた!
フレディがメンバーに病気を告白する所から涙腺が崩壊。
「悲観的になるつもりはない。
俺が生まれてきた意味はパフォーマーだ!最後までそれを全うする」
ここのセリフは、色々
>>続きを読む

宋家の三姉妹(1997年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

失笑しながら観るか、爆笑しながら観るか、とにかく嘘に嘘を塗り固めたプロパガンダ映画だった。

宗家が何をしてきたかを知ってれば失笑しか無い。
演出の馬鹿っぽさで所々爆笑してしまうが最後まで毛沢東が出て
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.0

PC画面だけでストーリーが進むという変わった手法だが、コミニュケーションをテーマとして家族愛を描いた秀作。

リアルなコミュニケーションの難しさ、ネットでのコミュニケーションの危うさ、そしてPCを覗き
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

1.8

このレビューはネタバレを含みます

カンニングの演出は良いし、カンニングがカンニングビジネスになって行くという発想は良かったが、それ以外は全くダメだった。

カンニングに対する葛藤が無く、ばれてもまたカンニングに戻って行く行動原理がよく
>>続きを読む

LBJ ケネディの意志を継いだ男(2016年製作の映画)

1.0

何だこれは⁈酷いな!
映画としてでは無く脚本が酷すぎる。

上っ面の綺麗事だけで公民権だけを描き、まるでジョンソンが人権主義者のように仕立て上げている。

トンキン湾事件をでっち上げ、「ベトナム人を人
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

テーマ性が面白く興味深い。
全編メタファーで描かれており、リアリティが無く夢の中の様なストーリー進行だ。
しかし、そもそも現実とは何なのだろうと考えてしまう作りが素晴らしく上手い!

主人公は家賃を払
>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

1.0

性癖の解放がテーマなのだろうが、掘り下げが浅過ぎてコメディにしか見えない!

しかも、この程度の性癖なんて今時珍しくも無いのでシナリオ的にも弱過ぎる。

SEXシーンはいらないから、もっと内面の部分を
>>続きを読む

(2000年製作の映画)

3.8

作家性全開のビルヌーブ初期作品。

まな板の魚のシーンが興味深い。
首を切り落とされるたびに次の魚が出てくるが、人格が変わる事なく繋がっている。

これがこの作品の死生観なのだろう。

モラルが欠如し
>>続きを読む

先生! 、、、好きになってもいいですか?(2017年製作の映画)

2.5

先生同士が教室で告白したり、眼鏡が壊れたからって先生が生徒の肩を掴んで下校したりと、まあめちゃくちゃな世界観ですな!
でも広瀬すずが、可愛いので結局楽しんでしまった。

スパイ・ゾルゲ(2003年製作の映画)

1.0

公開当時のCG技術レベルでは頑張ってるんだろうが、やっぱり画面は安っぽい。

内容は歴史の出来事を羅列しているだけで尾崎とゾルゲの何を描きたいのかさっぱり分からない。

何も知らない人が観たら、下手す
>>続きを読む

ザ・バンク 堕ちた巨像(2009年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

骨太な一本。

実在した銀行をモデルに金融の裏側を暴露している。

ラスボスが最後に言う
「俺を殺っても何も変わらないぞ!」
が確信を突いている。

劇中で、かつて共産主義で理想に燃えた老人はコイツら
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.5

映像と音楽のリンクが素晴らしい!
センスに脱帽!

ミュージックビデオの様で心地良く、ストーリーの破天荒さも面白い。

個人的にはベイビーが天才ドライバーに目覚めた過去と、デボラの恵まれない家庭環境に
>>続きを読む

チャーチル ノルマンディーの決断(2017年製作の映画)

1.0

退屈で出来の悪い作品。
こういう描き方をすれば、PC時代について行けず、活躍出来なくなった世代の共感を得れるとでも思ったのかな⁈

まあ、そんな事はともかく、最近のチャーチルを持ち上げようとする動きに
>>続きを読む

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

世の中には儲ける為に戦争や紛争を起こそうとする人達がいる。しかし一般庶民はそんな事つゆ知らず思想を信じて憎しみ合う。
この作品はそういった構造の逆算構造で出来ている。
一般庶民の言い争いが国を巻き込ん
>>続きを読む

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

1.5

実話ベースなのに何のリアリティも無く、まるでVシネを観てるような気になった!

軽いノリで出来事を羅列しているだけで、主人公と兄弟分のヤクザが裏切っても何も感じない。

主人公の内面を描いていないので
>>続きを読む

リアリティー(2012年製作の映画)

4.0

最初の30分ぐらいは何の話か分からなかったが、方向性が見えてくると俄然面白くなって興味深い内容だった!

これは多かれ少なかれ誰でも思い当たる節はありそうな心理だろう。

最初は子供の為だった目的がだ
>>続きを読む

でんきくらげ(1970年製作の映画)

3.6

法の部分で現在では成立しないと話だが、欲深い人間の内面と女のしたたかさが良く描けていて文句無く面白い!

特に母の娘に対する嫉妬と愛情の入り混じった矛盾する行動と言葉が面白い。

そして、そんな親でも
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

3.0

ガッキー目当てで鑑賞したが意外と楽しめてラッキーだった!

ベタだがちゃんと人間の背景を描いてるので面白い。
雰囲気だけのペラペラ映画が多い中、この作品は真逆で人間の弱さを描いている。

やはり監督で
>>続きを読む

青春の門 自立篇(1982年製作の映画)

3.1

激動の時代のギラギラ悶々とした若者の話。
前作とは違いダイジェスト感は無く、佐藤浩市を中心とした若者の未熟な精神と有り余るパワーが描かれていて面白かった。

タイトル通り自立の話だが主人公は明確に目指
>>続きを読む

青春の門(1981年製作の映画)

3.0

少し話がダイジェスト的なのが残念だが、ギラギラした人間の生命力を感じる作品。

話は直球で特にどうというわけでは無いが、役者の説得力が凄いので観ていられる。

デビュー作だけに佐藤浩市の演技はまだまだ
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

2.0

ゲーム感覚でアトラクション映画としては面白かった!

しかしシナリオもゲームのシナリオのそれぞれの登場人物の設定も表面的だし、悪役の設定の仕方も単純すぎる。
はっきり言って安っぽい御涙頂戴でしか無いの
>>続きを読む

魚影の群れ(1983年製作の映画)

5.0

凄い!引き込まれる!
大傑作!
マグロに取り憑かれた男達。
結果的にはファムファタルの様な夏目雅子のたまらない魅力。
相米さんの最高傑作かも。

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

残酷な作品。
絶対に幸せになれない構造の作り方が興味深い。

人間は達成されない事はいつまでも覚えてるが達成されると忘れてしまう。

しかしそれ以外の設定が粗いと思う。
芸能人として成功している麦に2
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

1.0

何が描きたかったのかな⁈

最初の30分ぐらいは良さそうだと思ったが松重とキムタクの関係が分かってからは、漫画みたいなリアリティになってしまいテンションが落ちていく。

監督としての原田眞人は悪くはな
>>続きを読む

アイスと雨音(2017年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

やってる事は凄いので感心しながら鑑賞したが、正直面白いポイントが分からなかった。

監督にとってこの作品は舞台を中止した人達に対する復讐だったらしいが、その気持ちがイマイチ分からない。

舞台に出演予
>>続きを読む

止められるか、俺たちを(2018年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

期待していたのでスカされた。
若松プロの助監督だった保積めぐみの3年間に着目したのは正解だと思う。

しかし、この作品からは保積めぐみという人間像が見えてこない。
それに若松孝二も見えてこない。
結果
>>続きを読む

心魔師(2018年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

駄目。
ホラーにもなって無いし、ミステリーにもなって無い。
人間も描けてないので何がしたかったのかサッパリ分からない。

前半に主人公とそれを取り巻く環境を描いたのに、全く活かされないまま只の「なんち
>>続きを読む

赤い雪 Red Snow(2019年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

これは駄目。
人間を何一つ描かず、上っ面だけのストーリーをパズル状にして少し難しそうな雰囲気を出しただけのポンコツ作品。

ほんと中身が何にも無く、しかも結構ご都合主義。

大体何故事件が迷宮入りした
>>続きを読む

トカレフ(1994年製作の映画)

2.8

熱烈なファンを持つ作品で、それは理解できるが個人的にはそれ程でもない。

究極の自己満足作品でこういう作品を作れた事自体が素晴らしいと思う。

しかし、惹かれ合う男同士の戦いでホモセクシャルなのは理解
>>続きを読む

雪に願うこと(2005年製作の映画)

3.6

良作。
都会とお金に狂わされたクズ人間の再生物語だか、非常に丁寧に描かれていて地味だが見応えがあった。

小泉今日子と山崎努の関係が現実を突きつける。

あ、春(1998年製作の映画)

4.2

映画は派手なストーリーや仕掛けなど無くても、じっくりと人間模様を描ければ良いものになるという良い見本だ。

この話を通じて浮かび上がるのは、人は常に何かしらの心の拠り所を求めてるという事。
弱さや、矛
>>続きを読む

壬生義士伝(2002年製作の映画)

2.5

映画というよりドラマの作りだ。
どうして回想話にしたのだろう⁈
しかも中井貴一の回想は佐藤浩市達の回想の中の回想になってしまい、脚本としては駄目手法だ。
シンプルに斉藤一視点の貫一郎の話にして、90分
>>続きを読む

フェイシング・アリ(2009年製作の映画)

4.0

アリの凄さがよく分かる!

試合だけを見る限りでは決して飛び抜けて強い様には見えないが、それでも伝説級のボクサー達が皆アリを別格だと認めている!

>|