ピロシキNo10さんの映画レビュー・感想・評価

ピロシキNo10

ピロシキNo10

  • List view
  • Grid view

砂漠の戦士/黒いライオン(1983年製作の映画)

3.5

まぁ、「風とライオン」の80年代劣化版みたいな感じ。

たぶんイタリア版イスラム親和プロダクトなんだが、まさかのアラブ向け、の可能性もなきにしもあらず。

伝統と義に厚い族長、が主人公。


こんな史
>>続きを読む

マンディンゴ(1975年製作の映画)

4.0

攻め過ぎ。   

こんな事許されない、
今の感覚的にそう思うのは当然だが、当時は国も、教会も、社会の成立ち自体が奴隷性に支えられていた。 
 アメリカの暗部であるのはもちろんだが、奴隷制がある世の中
>>続きを読む

奇跡の丘(1964年製作の映画)

4.0

これも、被り物と、超絶ロケーションのチカラが凄い。それだけでも満点。

イエス役者の顔出しは、
本作が初なんだそうだ。
 
ホント??。
不敬罪呼ばわりされてないのが、不思議。
まぁ、原典どうりだから
>>続きを読む

ビーストウォーズ超生命体トランスフォーマー SPECIAL(1998年製作の映画)

-

メタルスの第何話だかが、そのまま劇場版なのにボックス未収録。 

劇場版ディスクでしか見れない謎仕様。

更にはコレだけ再発ナシ。

最近、やっと手に入れたものの、納得いかんが、劇場版は東映版権になる
>>続きを読む

天地創造(1966年製作の映画)

3.0

史劇スペクタクル、とまでは行かず、
FOXらしい地味さ加減。
正直、十戒等の派手なモノが観たくなってしまう。

下世話にしないポリシーなのか…。

脚色が入るのは、
少し人間的なアブラハム。

演ずる
>>続きを読む

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.5

没入感が必要な上、無常感推しの仏教系。

容赦無くメランコリックな地縛霊モノ。
オバケの一生。

謎の面倒くささが、そこかしこに感じられるのが、なんだかなぁ、と。 
ギミックなんだろか?

好きかどう
>>続きを読む

王女メディア(1969年製作の映画)

4.5

衣装とロケーション!で満点。
被りモノの全力感が素晴らしい。




もっと早く観ておくべきだった。

アポロンの地獄(1967年製作の映画)

4.5

衣装とロケーション!で満点。
被りモノの全力感が素晴らしい。

もっと早く観ておくべきだった。

トレマーズ(1990年製作の映画)

3.0

昔から何度も観てる。

まぁ、いい感じじゃねぇのかな。

超人バロム・1(ワン)(1972年製作の映画)

3.0

アリゲルゲは、テンション上げすぎ。

ビーストウォーズのアリさんは、これが元ネタだったりして?。



TV版全巻購入。
全部観る根性はないなぁ。

ウクライナ・クライシス(2019年製作の映画)

3.5

ある意味出来立てほやほやのプロパガンダ映画。控えめで良い。

ロシアのなりすまし自陣攻撃は、コレ程までに公然のモノ??。

これ、もしかしてご当地文化じゃないのか???。


まさに、今、
この映画が
>>続きを読む

スパイクス・ギャング(1974年製作の映画)

3.5

ニューシネマ的というより、
ジュブナイル臭が少し。

字幕鑑賞推奨。

優しい3人の若者達が、お尋ね者を助けた為にたどる道。

叙情的すぎるかも、だが
とことん容赦なし。

北国の帝王(1973年製作の映画)

3.5

公開当時のパンフがウチにあってあらすじは知っていた。子供ながらも、何故そこまで、と思っていた記憶。

面白いとは聞いたが、観る動機がなかなか見つからないタイプの映画、撮る動機も。永らくそう思っていた。
>>続きを読む

戦場(1989年製作の映画)

3.5

間違いなく、地獄の黙示録の原典。  

あん時はごめんね、な感じで映画化版権代を払って新撮したのが、本作じゃないかと推察。

期待とはまったく違う良さ。
ハナシがまともでビックリした。

コレはもう、
>>続きを読む

>|