poteoさんの映画レビュー・感想・評価

poteo

poteo

映画(802)
ドラマ(2)
  • List view
  • Grid view

ミス・リベンジ(2019年製作の映画)

3.5

2021-202
まずまず。

行方不明の友人探しでマフィアへの2重スパイになったが警察側から見捨てられドタバタ。

チョット展開に無理が有るが状況がパタパタ変わって観てて飽きない。

アクションは控
>>続きを読む

ライリー・ノース 復讐の女神(2018年製作の映画)

3.0

2021-201
普通。

夫と子供をマフィアに殺されたママが復讐するベタでシンプルなストーリー。

特に印象に残るキャラもシーンも台詞も無かった。
アクションも無難だが至って普通。

SNSを使った
>>続きを読む

ラストスタンド(2013年製作の映画)

3.8

2021-200
まずまず。

今までのシュワちゃん主演作品と比べて、シュワちゃんとポンコツ仲間達が前面に出ており、それぞれキャラのバックボーンや性格付けが良かった。
でも最後には「ヤッパリ、シュワち
>>続きを読む

アウトバーン(2016年製作の映画)

3.6

2021-199
まあまあ。

恋人の治療費欲しさにヤバい橋を渡ったらヤバい目に合って逃げ回る話。

まあストーリー自体には捻りのない無難な内容。
主な見所はカーアクションとボス2人のキャラ。

カー
>>続きを読む

ソード・オブ・レジェンド 古剣奇譚(2018年製作の映画)

2.0

2021-198
中国のゲームキッズ向けの子供騙しポンコツ映画。

未だに進化しないワイヤーアクションや白い粉が舞う衝突部の演出。
何世代も前のヘッポコCG。
大掛かりなのに安っぽいセット。
アップに
>>続きを読む

大脱出(2013年製作の映画)

3.3

2021-197
まあまあ。

ストーリーは穴ボコだらけのポンコツだが、シュワちゃんとスタローンのファンムービーと割り切って観る分には楽しめる。

完璧な施設を設計した本人が脱出するが、結構ポンコツ設
>>続きを読む

オーストラリア(2008年製作の映画)

3.9

2021-196
まずまず。

アボリジニ問題をガッツリ入れて光と闇に正面から取り組んだ正に「これぞオーストラリア」な一本。

まあ、スピルバーグが自身のユダヤ人の歴史映像遺産として「シンドラーのリス
>>続きを読む

バイス(2018年製作の映画)

3.7

2021-195
まずまず。

本作の見所は何と言ってもクリスチャンベールのビジュアル!
もう、コレに尽きる!

以前には逆に激ヤセしてビックリさせたが、今作では激太りの老体で「全部CGです」の方が信
>>続きを読む

48時間PART2/帰って来たふたり(1990年製作の映画)

3.5

2021-194
まずまず。

前作同様、2人の掛け合いは良く、アクションも派手になった。
サスペンス要素も加わり見応えが有った。

画面のは派手な部分と、zippoに拘って取り合い遊んでる等々の小ネ
>>続きを読む

48時間(1982年製作の映画)

3.5

2021-193
まずまず。

40年近く前の作品だが、凸凹バディのポリスモノの金字塔的作品。

お互い自己主張が強く常に喧嘩してるが、最後の最後はお互いしか信用していない不思議な距離感が良い。

>>続きを読む

ダーティ・グランパ(2016年製作の映画)

3.5

2021-192
まあまあ。

勢いだけのおバカ下品なアメリカンコメディ。

おバカで下品だが、匙加減は計算されておりギリギリだが下劣には感じない。

イロイロ、ぶっ飛んだキャラが出てくるが、一番ぶっ
>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

3.8

2021-191
思った程では無かった。

個人的にQueenが好きなので贔屓目だが「ボヘミアンラプソディ」の方が良く出来た映画と感じた。

本人以外が唄う場面が多く、自叙伝と言うより、只のミュージカ
>>続きを読む

LBJ ケネディの意志を継いだ男(2016年製作の映画)

3.6

2021-190
まずまず。

リンドンと言えばケネディ後の「公民権運動法案」をゴリ押しで通した剛腕政治家……ぐらいしか知らなかったが、元々保守派の人だったのね、そりゃ凄い。

その後の11月の選挙で
>>続きを読む

ミス・メドウズ(2014年製作の映画)

2.0

2021-189
ダメダメ。

当時36歳のケイティホームズにメンヘラ姫衣装は厳しい…額のシワと目元のクマで、女装したアントニオバンデラスにしか見えなかった。

ストーリーもダメダメで、一般人の悪人退
>>続きを読む

ブレイキング・イン(2018年製作の映画)

3.2

2021-188
まあまあ。

資産家の遺族と強盗が別荘で鉢合わせてテンヤカワンヤカでママ頑張る話。

低予算B級で先が読めるが、ほぼ密室モノでバタバタと賑やかで良い。

襲うのは白人とヒスパニックの
>>続きを読む

ベンジー(2018年製作の映画)

3.9

2021-187
可愛い…カワイイ♪

何度一緒に観てもウチのトイプーは賢くならない。
甘えるしか能力が無い。
ああ、可愛い!カワイイ!ナデナデ♪
ヨシヨシ、ナデナデ♪

親バカとバカ親は違うが、
>>続きを読む

ガーディアン(2012年製作の映画)

2.9

2021-186
イマイチかなあ〜…

なんか全体的に「雑」な作品。

ここまで可愛く無いヒロインもなかなか居ない、ウザ過ぎ。
「何で戦うの?初めて人を殺したのは?御葬式は?」ここまでデリカシーの無く
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

2.0

2021-185
勧められ視聴だけど、ごめんなさい。

オシャレな北イタリアと素朴で清潔感の有る画面で…恋愛モノもタマには良いかと思ったら、男x女では無く男x男なのね…ごめんなさいBLは苦手なのよ。
>>続きを読む

トランス(2013年製作の映画)

4.0

2021-184
良く出来てたが惜しい部分も…

似たサスペンスも多い中、隅々まで練り上げられており見応えがあった。

ただし、ミスリードやディスカッション燃料として、ワザと難解な構成や演出が多く、過
>>続きを読む

リンカーン(2012年製作の映画)

4.0

2021-183
大作を大作として丁寧に作った、さすがスピルバーグ!

「理想」の為に敵対陣営からの切り崩し工作で票数を取り合うが、その「理想」の共有の難しさが見所。

同氏の「シンドラーのリスト」同
>>続きを読む

ザ・ロック(1996年製作の映画)

4.0

2021-182
久々に観たがヤッパリ良く出来たエンタメ映画。

今や迫力満点CG万歳の爆発シーンが代名詞のマイケルベイ監督の初期作品。

エンタメ映画としてキャラの立て方が上手くストーリーも要所要所
>>続きを読む

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK(2016年製作の映画)

3.7

2021-181
まずまず。

前作同様、イーサンハントが風天の寅さんな設定は同じだが、単独行動が同伴者付きになってキャラの厚みが増した。

対オトナの女性、思春期の女性とタイプが違う異性との接し方で
>>続きを読む

ビバリーヒルズ・コップ3(1994年製作の映画)

3.0

2021-180
徐々にパワーダウンしてるシリーズ。

軽快なマシンガントークとスピード感有るアクションが見所のはずが、マシンガントークで周囲をケムに巻く力強さも無く、遊園地と言う閉鎖空間での、ありき
>>続きを読む

世界侵略:ロサンゼルス決戦(2011年製作の映画)

3.6

2021-179
まずまず。

エイリアン襲来を現実味の有る海兵隊が返り討ちにする話。

熱い展開と臭い台詞とステレオタイプの優秀な軍人で、最早、アメリカ軍のプロパガンダ映画。

ご都合展開だが現実離
>>続きを読む

バッド・バディ! 私とカレの暗殺デート(2015年製作の映画)

2.5

2021-178
イマイチ。

一応、ラブコメxアクションなのだろうが、中途半端で魅力が無かった。

主人公も飄々とした凄腕殺し屋だが現実離れしてて共感が難しい。
またヒロインも天真爛漫と言うよりクス
>>続きを読む

リミットレス(2011年製作の映画)

3.0

2021-177
まあまあ。

謎薬品で脳味噌全開になったけど、副作用で一時的記憶喪失には苦しみながらイロイロな追っ手から逃げる話。

能力は天才になるのに、人生設計が凡人クラスの発想でトラブルの連鎖
>>続きを読む

リンカーン弁護士(2011年製作の映画)

4.0

2021-176
タイトルで損してるが法廷サスペンスとしては上々!

金にガメつい敏腕弁護士が、依頼主が実は猟奇殺人者だったが弁護士法で有罪にできない不思議な関係が良かった。

自分の株を落とす事ない
>>続きを読む

THE FORGER 天才贋作画家 最後のミッション(2014年製作の映画)

3.4

2021-175
まあまあ。

末期癌の息子との残された時間の為に早期出所したパパ。
早期出所の為に贋作を作るハメになりドタバタと……

離婚した母親と親子3代の絆と贋作を使っての泥棒サスペンスが絡ん
>>続きを読む

カンフー・ラビット(2011年製作の映画)

1.0

2021-174
最後まで観た自分を褒めてあげたい。

アメリカが中国を舞台にしたアニメの「カンフーパンダ」が大ヒットして、中国の偉い人まで「何故、中国でカンフーパンダの様な作品ができないのだ!」とブ
>>続きを読む

デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-(2011年製作の映画)

4.5

2021-173
久々に観て良かった一本!
クエートに侵攻したサダムフセイン率いるイラクが原因で始まった湾岸戦争の史実ベースだが全く知らないエピソードだった。

独裁者の影武者は良く有る設定だが女好き
>>続きを読む

蟹工船(2009年製作の映画)

2.9

2021-172
思ってた程は面白くなかった。

昔の名文作を今時分に作り直すのには、時代が変わっても、変わらないメッセージが通じる証拠だと思う。

まあ、劣悪な環境、暴力とパワハラ、成果至上主義と法
>>続きを読む

岳 -ガク-(2010年製作の映画)

2.8

2021-171
まあまあ。
登山が趣味の人は好きだろうが、興味の無い一般人の私からしたら「登山は危険なので全面禁止で良い」と思ってしまう。

何の社会的生産性も無く、個人の自己満足で救助隊の命と税金
>>続きを読む

ジェノサイド・ゲーム(2014年製作の映画)

3.0

2021-170
まあまあ。

無実のオッサンがマンハントゲームで釈放を勝ち取る!が陰謀の裏側が見えてきて…

しかし、オーストラリア映画は「カーゴ」や「SAW」の様に低予算でもアイデア勝負の映画が出
>>続きを読む

ラ・ジュテ(1962年製作の映画)

3.7

2021-169
タイムスリップ映画の金字塔。

約60年前に作られた本格的タイムスリップ映画。

全編モノクロームでほぼ静止画の連続に音声だけの構成だが、逆に一つの台詞、一つの静止画に意味を求めて一
>>続きを読む

ザ・ランドロマット -パナマ文書流出-(2019年製作の映画)

4.0

2021-168
皮肉効きまくりで笑えない内容だが笑えるw

パナマ文書流出事件で有名になった重納税者の海外への迂回減税方法。
合法なのだが、コレで良いのか!と世界中の先進国指導者がブチ切れるかと思え
>>続きを読む

Dragons ドラゴン・レースの幕開け(2014年製作の映画)

3.0

2021-167
まあまあ。

ドラゴンアカデミーの面々が逃げた羊を捕まえてるうちに競争になりレースに発展する。

まあ、日常モノでキャラの交流がメイン。

短い映画でサクッと観れる。

>|