さとさんの映画レビュー・感想・評価

さと

さと

映画(1043)
ドラマ(14)

トゥパック:レザレクション(2003年製作の映画)

3.6

ほぼ本人のインタビューや当時の映像もりもりなので、2パックが好きな人には見応えがあるかも。
何があったのかいろいろ知りたい人にとっては2パックの語りメインなので偏りがあるし若干の美化を感じた。
東西抗
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.6

原作は読んでません。
予備知識なく鑑賞したんですが、登場人物がみんな重要なので集中して見る必要がありました。
誰も彼もが怪しそうで、キャストも有名な人が多いので、見てる側としては「あいつか?」「こいつ
>>続きを読む

ヘイト・ユー・ギブ(2018年製作の映画)

4.0

主人公の黒人女子高生スターが自分はどうあるべきかの成長物語に感じました。

序盤の白人セレブの子どもたちが通うような私立高校に通うゲットーに住む黒人の私と、ゲットーで暮らしてる時の私の住み分けも賢いと
>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

3.2

どうしても旦那さんが受け付けなかったなあ。
妻のネームバリューを糧にしてきたくせに、人として絶対言ってはならない言葉を妻に言っちゃう旦那さんのセリフは聞いててこっちまで嫌な気持ちになった。

夫婦共々
>>続きを読む

オール・アイズ・オン・ミー(2017年製作の映画)

3.6

2パックの自伝的映画。
何でみたのか忘れたけど、この映画みて思ったのは「なんか事実美化してない?」てこと。
もっとフォーカスすべき点があったと思うのに、2パックについてどういう風に見せたかったのかがよ
>>続きを読む

チェンジリング(2008年製作の映画)

3.6

最後のテロップで実話と知りました。
映画的には希望を持たせた作らになっていたけど、こんなの耐えられないだろうな。
いろんな意味でこんなことが本当にあったなんて驚きしかない。
かなり重たい映画で見るのに
>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

3.8

再鑑賞。
もし自分がトゥルーマンだったら?て考えると恐ろしいなと思うけど一方で、現実逃避なんて考えてる場合じゃないよね、自由って大事よねとも思えた映画でした。
自由は大変なことも多いけど作り上げられた
>>続きを読む

犬と私の10の約束(2008年製作の映画)

3.0

基本的に犬が好きなので感動したし、泣いてしまったけど、何故か犬目線で見てしまったので、お母さんが最初に言った10の約束は守れてなかった気がして、中盤から粗末に扱われたり、好きな人のために利用されてる感>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

4.1

エルトンジョンは有名な曲は知っていますが、なんとなくさけて聞いてこなかったアーティストでした。
でもこうやって彼の人生を見せつけられると一つ一つの曲をもっと聴きたくなりました。

悲しいかな、天才には
>>続きを読む

ナチョ・リブレ 覆面の神様(2006年製作の映画)

3.3

くだらな面白い系。
最後はちょっとほっこりしました。
元気をくれる一本!

ボーイズ’ン・ザ・フッド(1991年製作の映画)

3.8

これも「ストレイト・アウタ・コンプトン」を見てからの鑑賞で良かったと思えた映画。
監督の半自伝的映画というのは見た後で知りました。

ゲットーで生きていくって大変なことなんだろうけどそこに生きる人たち
>>続きを読む

ジュース(1992年製作の映画)

3.4

やっとBDとDVDでましたよね。
二回目の鑑賞です。

冷静に見るとストーリーはちょっと唐突すぎ。
2パックが出てるから人気なのかなあ。
映画としてはなぜか惹きつけられるものがあって好きなんでまたしば
>>続きを読む

N.W.A & EAZY-E:キングス・オブ・コンプトン(2015年製作の映画)

3.3

ストレイト・アウタ・コンプトンを見たので熱が冷めないうちに鑑賞。

イージーEを主体に関わった人たちが語るドキュメンタリー。
シュグナイトさん出てたんですけど、、

みんな才能があったことはすごくよく
>>続きを読む

ストレイト・アウタ・コンプトン(2015年製作の映画)

3.8

ヒップホップに詳しいわけではないですが、映画としてかなり面白かったです。
実話モノといいつつも結構創作入ってるみたいなので、事実とは違うところもあるみいだけど、この時代にアメリカで聞いてたらもっともっ
>>続きを読む

ミシシッピー・バーニング(1988年製作の映画)

3.5

人種差別をテーマとしたアメリカ南部で起こった実際にあった話を元にしたフィクション。

淡々と話が進むようで進まない、なんか途中で中だるみを感じる映画だったので、途中まで見てやめてを3回くらいやってしま
>>続きを読む

パッドマン 5億人の女性を救った男(2018年製作の映画)

3.8

なんとなくジャケットから変な人っぽくて避けてました笑 ごめんなさい。

見たらとてもいい話だったし、その地域のタブーに踏み込んで変態扱いされても気が狂ったと思われてもひたすら自分の正しいと思ったことに
>>続きを読む

ザ・ギフト(2015年製作の映画)

3.8

ずっとホラー系かと思って避けてたけどそんなことなかった。サスペンスなんだろうけど、人間関係の闇って感じのテーマだったと思う。

サイモンはサイコパス気質ぽい。ゴードが言ってた「嘘つきは人の言うことを信
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

3.9

70年代の実話らしいです。
黒人警官ロンと、白人警官フリップがKKKに潜入操作する話。

コメディ要素も強めなのに緊張感のある場面もあってとても楽しめました。

黒人女性活動家のパトリスとロンの会話の
>>続きを読む

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

3.4

息子が重度の薬物中毒になって息子をクリーンにするために父親が全力で力になってあげようとする話。実話らしいです。

劇中に「薬は心の穴を埋めるための道具なんだから本質的な心の問題を解決しないと」て自助グ
>>続きを読む

パーソナルソング(2014年製作の映画)

3.7

音楽と脳の関係については今までもクラシックはα派が出てリラックスできるとか色々な説があるからどんな音楽にも脳に対する効果があるんだろうな。自分だったら何を聴くのか考えてみた。

最後の方に人って若さが
>>続きを読む

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

3.6

レバノン人のトニーと難民のパレスチナ人のヤーセルがちょっとしたことから裁判に発展する話。

自分で書いておいてあれなんですけど、最初からちょっとしたことでもないような…。

この裁判によって結果的にレ
>>続きを読む

思いやりのススメ(2016年製作の映画)

3.7

作家志望だった主人公がある人生の挫折で介護士になり、体の不自由な青年の専属介護士になる話。

泣けるとかそういう感動ではないんですが、とても心温まるお話でした。
ストーリーとしては特筆するべきような引
>>続きを読む

好きにならずにいられない(2015年製作の映画)

4.0

ルックスはジャケットの通りのシャイな主人公が様々な受難に遭う話。ジャケットで勝手にコメディ的な話なのかと思ってたら全然違ってた。

すごくすごく優しくて言葉数も少ないフーシと対比的に、普通の人たちの欲
>>続きを読む

マネー・ショート 華麗なる大逆転(2016年製作の映画)

-

インサイトジョブを見てからの鑑賞だったので頭に入ってきやすかったけど、多少の人間ドラマがあるにしろ個人的にはインサイトジョブの方がわかりやすかったし、リアリティがあって好きだった。

わたしに言わせれ
>>続きを読む

インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実(2010年製作の映画)

3.8

見ているうちに最後の方は胸糞悪くなってきたし怖い。
もはやこれはインテリ層の札束のひったくり合いみたいな状況に見えた。

先日オンリーザブレイブを見たので、同じアメリカでも拝金主義で人の不幸を何とも思
>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

3.8

自然災害と人命救助への使命感を持った人たち

アメリカには森林火災に特化した部隊があるって知らなかったのでまずそれに驚きました。
温度や湿度や風向きなんかで火災の進行を適切に判断して迅速に動くっていう
>>続きを読む

マーシャル 法廷を変えた男(2017年製作の映画)

3.7

実話、実在の人物ということで他にも無罪の黒人の裁判をいろいろ扱っていたらしいし、他にも色んなドラマがあったと思うけど、なんで映画で取り扱ったのがこの事件だったのか。どうしても「それでもボクはやってない>>続きを読む

ブルー・カラー/怒りのはみだし労働者ども(1978年製作の映画)

3.7

初期のスコセッシぽいなと思いつつ、なんか違うな感があって後で調べたら脚本がタクシードライバーとかライジングブルとかで初期スコセッシと一緒にやってた脚本家の方だったんだとわかって勝手に納得。

70年代
>>続きを読む

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

3.9

ある日突然先天的な弱視が発病してしまったけど、夢に向かって頑張る主人公の話。

弱視であることを言い訳にしないで夢を追いかける姿に色んなことを感じました。
人は与えられた状況の中でどれだけ頑張れるのか
>>続きを読む

はじめてのおもてなし(2016年製作の映画)

3.5

セレブだけど、問題の多い家庭に奥さんが「難民を1人受け入れる」と言ってナイジェリアから来たディアロを受け入れて一緒に暮らす話。

すごく笑えるわけではないけど、ほっこりしたりクスッとできるような話の中
>>続きを読む

ジャングル・フィーバー(1991年製作の映画)

3.6

スパイク・リーが好きなので見てみました。
黒人と白人が恋するけど、みんなに止められたら反対される話。

アメリカの人種差別に対する風刺ともとれたけど、この時代は実際にこんな感じだったのかなあ。
劇中の
>>続きを読む

人生、ここにあり!(2008年製作の映画)

3.8

障害を持った人たちが紆余曲折ありながらも自立していくお話。

これコメディなのかなあ。確かにクスッとするシーンもあったけど、全く笑えない重たさも…

80年代の実話ということで今はもっといい治療もでき
>>続きを読む

ローマンという名の男 信念の行方(2017年製作の映画)

3.5

自分の理想や正義を貫くのは難しい。
初めは自分の正義感がデフォルトだと思ってても、周りを見たら不正をしてる奴ばっかりで嫌でも損してる自分に気付かされる。
人間の弱さも出ていて良い映画でした。

小汚い
>>続きを読む

監督・出演陣が語るアイリッシュマン(2019年製作の映画)

4.0

なるほどそういうことか、って思ったらアイリッシュマンの本編をもう一度見たくなった。
またロバートデニーロって神経質そうで見てて無意味にドキドキしちゃったのはわたしだけかな笑
とにかく大御所の対談は貴重
>>続きを読む

アイリッシュマン(2019年製作の映画)

3.7

長い…でも二回観ました。
グッドフェローズとかワンス・アポンア・タイム・インアメリカ(1984)とかゴッドファーザーとか見てる時に色んなマフィア映画がよぎった。
それだけ沢山のマフィア映画の要素が詰ま
>>続きを読む

>|