さとさんの映画レビュー・感想・評価

さと

さと

洋画派ホラー以外はなんでも。

映画(887)
ドラマ(13)

ロング,ロングバケーション(2017年製作の映画)

3.6

素敵な夫婦で素敵な話だと思うけど、感動というより切なさを通り越して涙が出ないほど悲しくなってしまった。
人生ってなんだろう

ソハの地下水道(2011年製作の映画)

3.5

シンドラーのリストより見てるのが辛かったです。
よくあんな劣悪不衛生な環境で生き延びた人がいたと思うと「生き延びたい」ていう精神力の強さにもたくましさを感じました。

ソハが次第に変わって行く様子と、
>>続きを読む

復讐者に憐れみを(2002年製作の映画)

3.1

テンポがあまり良くないような。
特に中盤までが長く感じました。
良くわからない登場人物の設定とか色々違和感続きで終わった感じです。

しかも殺しかたもすごい残忍でこわい…
自分が韓国映画をあまり見な
>>続きを読む

白い巨塔(1966年製作の映画)

3.9

冒頭のテロップでこの映画はフィクションであることを結構強調してましたが、この小説が書かれた当時はこういうことはなきにしもあらず的な感じはしました。
今もだったら怖いですけど。

知らない役者さんばかり
>>続きを読む

パワー・オブ・ワン(1992年製作の映画)

3.9

アパルトヘイト時代の南アフリカに住むイギリス人少年の成長記的映画。

白人と黒人の差別はもちろん、白人同士でもポーランド系、イギリス系、黒人たちの中でもナントカ族とかで確執があって、ただ単に白人が黒人
>>続きを読む

ドラムライン(2002年製作の映画)

3.7

学園ものではスポーツでもそうだけど、音楽でもみんなが歩み寄って音楽も気持ちも一体になっていく様子はやっぱり感動する。
冒頭から終わりまで3回泣いた笑

自分も子どもの頃マーチングバンドなのか鼓笛隊な
>>続きを読む

アロハ(2015年製作の映画)

3.5

感動した!
なんかみんないい人で最後は泣いてしまった

砂の器(1974年製作の映画)

3.7

原作を読んでいないので違いを調べてみたところ、きっと映画ではよくまとまっていたのだと思う。
古い映画なのに始まってからすぐ引き込まれる映画でした。
後半の映像と音楽が良かったです。

評決(1982年製作の映画)

3.5

エリート弁護士から訳あって転落しおちぶれてしまいった弁護士が、やる気を取り戻し病院と大手弁護士事務所相手に医療ミスの裁判をする話。

関係ないけどDVDが変で途中で英語になったり日本語になったりして集
>>続きを読む

セカンドベスト/父を探す旅(1994年製作の映画)

3.9

実父が刑務所暮らしで孤児院にいる少年と、少年を引き取るちょっと冴えない独身男性グラハムとの交流。

見てる途中で前にも見てたのに気づいた。
グラハム目線でも少年目線でも、どちらの気持ちも辛すぎて心に刺
>>続きを読む

マンガティティの怪物(2015年製作の映画)

3.0

山奥に監禁されてた女の人の話。
被害者本人がナレーションをする再現映画みたいな感じでした。

ほんとこわいし、嫌な気分にしかならなかった。
あと気になったのは当時の実の子供たちはどうしてるんだろう。
>>続きを読む

あの日 あの時 愛の記憶(2011年製作の映画)

3.5

実話らしいです。
第二次世界大戦中のポーランドの強制収容所で出会って恋に落ち、逃亡中に生き別れた男女の話。

トマシュのお母さんが疫病神にしか見えなかった
30年も経ってなお、お互い気持ちがあるって本
>>続きを読む

おとなの事情(2016年製作の映画)

3.5

三組の夫婦とバツイチの男性一人、7人の大人の友達同士が集まって楽しく食事しているところに、スマホをテーブルに置いてみんなで見せ合うっていうゲームが始まるコメディ。

隠し事はないと言いつつもみんな結構
>>続きを読む

リバティーン(2004年製作の映画)

3.2

ジョニーデップの演技がすごかった。
内容は時代背景が昔の話なのでセリフの言い回しとかちょっと難しかったです。

こんな人が本当にいたと思うと驚く。
一番すごかったのはジョニーデップの演技てことくらいで
>>続きを読む

マネーボール(2011年製作の映画)

3.7

野球は全然わからないのでずっと迷って見てなかった映画。
結果、実話ベースということもあって野球はわからなくても楽しめました。

お金あるチームはいい選手を買ってどんどん良くなるけど、資金不足のチームは
>>続きを読む

遥か群衆を離れて(2015年製作の映画)

3.6

この監督作品が見たくて鑑賞。

主人公に共感できないなあと思いつつも見ていくうちに感情移入してました。ガブリエルに笑

ゆったりとした雰囲気の映画だけど、内容は結構みんな露骨に要求を通そうとしてる中で
>>続きを読む

普通の人々(1980年製作の映画)

3.5

自分の過ちを逃げないで受け止めることが次につながると思うんですが、そう言う意味ではこのお母さんと息子は両極端なんだなと思った。

お父さんは「お母さんとコンラッドは似てるんだよ」みたいなセリフがあった
>>続きを読む

ビースト・オブ・ノー・ネーション(2015年製作の映画)

4.0

家族を失った少年が反政府武装勢力にやむなく参加し活動していくという話で、小説を元にしたという、一応フィクションの映画。

予告動画やあらすじ程度は知って見たので、序盤から心がざわざわしたけれど、中盤く
>>続きを読む

オー!マイ・ゴースト(2008年製作の映画)

3.6

人嫌いな偏屈な歯医者さんがあることをきっかけに幽霊が見える人になっちゃった話。
ラブコメなのかな。

そんなにびっくりする展開ではないんだけど、コメディなのに最後はホロっときた。
字幕で見たので吹き替
>>続きを読む

俺たちニュースキャスター(2004年製作の映画)

3.4

くだらないけど笑ってしまう。
実話ベースてのがまたすごい。

プリズン・エクスペリメント(2015年製作の映画)

3.5

エスを二回見ていて、この話は二度と見たくないと思いつつまた見てしまった、スタンフォード監獄実験の話。

エスよりこっちの方が実際に近い気がします。
胸糞映画であることは確かなんですが、実際には結構看守
>>続きを読む

シージャック(2012年製作の映画)

2.8

うーん。
とりあえず心理戦をダークに描きたかったのはわかるけれど、途中で人質のはずの船員が海賊と釣りしたり、歌って楽しそうにしてるところで緊張感がなくなってしまって、ストックホルム症候群かなとか考えて
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.7

友達に誘われてなかったら絶対行ってなかった映画。あまり興味のなかったクイーンがこんなに偉大で才能溢れるアーティストだったことさえ知らなかったです。

曲の一つひとつが、フレディマーキュリーの切なさや気
>>続きを読む

バッド・ルーテナント/刑事とドラッグとキリスト(1992年製作の映画)

3.6

ドラッグもするしセクハラもギャンブルも、なんでもありの狂った悪徳警官の話。
そしてストーリー的にも衝撃的でした。


ハーヴェイカイテルの狂気的な演技がすごかった。
ストーリー的にも強烈な場面が結構あ
>>続きを読む

消えた声が、その名を呼ぶ(2014年製作の映画)

3.7

ファティアキン監督の「愛・死・悪」をテーマにした悪編。

順番に全て見たんですけど、どれもトルコを中心とした話になっていて、あまり馴染みがない文化や歴史がありました。

この3作を見てどうしてこれが三
>>続きを読む

欲望(1966年製作の映画)

3.4

昔おしゃれ映画として見た記憶あり。

一応サスペンスなんでしょうけど、やっぱり今見ても音楽とか当時のファッションとかおしゃれだなーと思いました。
サスペンスとしては、未だ謎の部分あり。

あと邦題がち
>>続きを読む

イントゥ・ザ・ワイルド(2007年製作の映画)

3.8

映画自体は良くできていて引き込まれたけど、これが実際の話となると自分は主人公に共感出来なかったです。

スコアは映画として。

そして、私たちは愛に帰る(2007年製作の映画)

3.7

ファティアキン監督の、愛・死・悪の三部作の愛編。

深すぎてあまり濃い解釈は出来てないかも知れないですけど、世の中って基本的に理不尽で努力しても報われないこともなんてザラで、そんなに都合よく現実社会は
>>続きを読む

愛より強く(2004年製作の映画)

3.5

厳格なイスラム教徒の家庭から早く出ていきたいと思ったジベルが偽装結婚をしたら家を出れるという動機でよく知らないジャイトという男と結婚するところから始まる話。

偽装結婚で、はじめはお互いに何をしても干
>>続きを読む

否定と肯定(2016年製作の映画)

3.6

イギリスでは訴えられた側が自分の正当性を証明しないといけないんだって初めて知った。

相手はネオナチみたいな差別主義者でこわいけど、裁判官の言っていたことで色々印象に残った言葉があった。
何を信じるの
>>続きを読む

THE PROMISE 君への誓い(2016年製作の映画)

3.5

アルメニア人虐殺の歴史を恋愛や人間ドラマを織り交ぜながら見やすく描かれた作品。

自分の主観的には主人公がもうちょっと共感できる人物だったらよかったなと思った。

ただこの虐殺の件、いまだにトルコ政府
>>続きを読む

ファーナス/訣別の朝(2013年製作の映画)

3.6

復讐もの。
見応えがあって好きな映画でした。

クリスチャンベイルの行き場のない切ない感じがよかった。
そしてキャストが豪華!

噂のモーガン夫妻(2009年製作の映画)

3.6

好きな俳優さんが出てたので鑑賞。
評価が低かったのであんまり期待してなかったけど、楽しかった!
また見たいくらい面白かったけど、目当てのマイケルケリーが悪役で切なかった、、

ヒドゥン・フェイス(2011年製作の映画)

3.6

一方的に別れを告げていなくなった女の人を探す警察と恋人の指揮者のサスペンス。
だけど恋人は特に探してる感じはしなかったけれど。

ラスト30分くらいからめちゃくちゃドキドキする。
ドキドキしながらも警
>>続きを読む

ビフォア・ザ・レイン(1994年製作の映画)

3.7

宗教や人種をめぐる争い。
三部構成で主人公が変わりながらも話は繋がってます。

一章のインパクトがすごかった。
とにかく構成が個性的で最初は全然わからないけど、見ているうちにストーリーが繋がってきて気
>>続きを読む

アララトの聖母(2002年製作の映画)

3.4

アルメニア人虐殺の歴史を知りたくて鑑賞。

当時の話をそのまま描いた話だと思ってら、劇中劇みたいな感じでちょっと思ってたのと違った。
なので気持ちが入りにくかったけれど、いまだに両者の認識が違うのが考
>>続きを読む

>|