さとさんの映画レビュー・感想・評価

さと

さと

洋画派ホラー以外はなんでも。

映画(762)
ドラマ(0)

麻薬密売人 プッシャー(1997年製作の映画)

3.0

淡々とずっと同じテンションで話が続く上に、ほぼお金の話してる笑
正直退屈だったけど次作に期待。

きっと忘れない(1994年製作の映画)

3.6

ハーバード大学4年生の男の人とホームレス男性があるきっかけで出会い、友情が芽生える話。

こういう年齢も立場も違う人の友情モノってよくあるテーマだし、なんとなく読めてしまったりするんだけど、それでも感
>>続きを読む

ミニミニ大作戦(1969年製作の映画)

3.6

マイケルケインが若くてイケメンなのとミニ3台のカーチェイスが醍醐味。
ラストがめっちゃ気になる!笑

1000日のアン(1969年製作の映画)

3.5

ヘンリー8世とアンの話は他にもいくつか見たけど、もはや驚きとかつらいとか通り越した感じ…。二人は似た者同士なのかも。

女優さんがかわいかった。
演技に迫力があってほかの作品も見てみたいなと思いました
>>続きを読む

戦場のピアニスト(2002年製作の映画)

3.7

ナチス自体はもちろんだけど、戦争の混乱に便乗してシュピルマンを助けるとか言ってた地下活動家を名乗る男がただの詐欺師だったってのが許せない。
あとただの一般人さえ、ユダヤ人を見つけたら大騒ぎするとか今の
>>続きを読む

ラストキング・オブ・スコットランド(2006年製作の映画)

3.7

ウガンダで独裁政治をしていた大統領の話。
ウガンダの国民とか内側からの視点じゃなくてスコットランドからやってきた白人の若いお医者さん目線というところが客観性があってよかった。

このお医者さん役のニコ
>>続きを読む

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

3.8

自由奔放に暮らしてるサミュエルのもとに突然女の人がやってきて、あなたの子供よってサミュエルさんの元に赤ちゃん置き去りにされるところから話が始まる。

自由人のサミュエルが子供が生きがいに、ただグロリア
>>続きを読む

ポルト(2016年製作の映画)

3.4

男女の恋愛観の違い。
音楽が良かったのと映像が綺麗だった。

ウォルター少年と、夏の休日(2003年製作の映画)

3.6

変わり者のおじいさん兄弟二人と少年の交流。

師弟関係とか友情とか親子愛とか、全部混ざったような3人の関係が良かった。
感動しました!

エレファント・マン(1980年製作の映画)

3.7

心の美しさと見た目の美しさが比例しないのが悲しくて、その悲しさを痛感する話。

実在の人物を基にしているということで、本当に心が痛む。
見たあとに、なんとも言えない切なさが残る作品だった。

ロスト・ハイウェイ(1997年製作の映画)

3.5

難しい。
あとで解説読んで、なるほどってなった。

グロいシーンがあるので、途中挫折しそうになりました、、ちょっとわかった上で二回目見たら面白そうだけどグロさ的にもう見れないと思う。
マルホランドドラ
>>続きを読む

サラの鍵(2010年製作の映画)

3.7

ユダヤ人探しから逃れ、運良く助かった少女がその後どのような重たいものを背負って生きていくか、またその少女だった女性の消息を追う女性ジャーナリストの人生をリンクさせながら話が進んでいきます。

子役の女
>>続きを読む

KIDS/キッズ(1995年製作の映画)

3.4

別に何かを考えるまでもなく写真が映画になったような、当時のNYの少年少女はこうですよって話。
いかにも写真家の監督らしい、ドキュメンタリーみたいな雰囲気。

当時見てたらまた感想が違うのかも知れないけ
>>続きを読む

アフター・アワーズ(1985年製作の映画)

2.9

この日に限って不幸の連続の主人公。
コメディなんだろうけど笑えなかった。
みんな本気で狂ってて途中から展開が読めてしまって退屈になってしまった。

ニューヨーク・ストーリー(1989年製作の映画)

3.5

3本のオムニバスなので気軽に見れた。
一番好きだったのはスコセッシの。
ウディアレンは元々あんまり好きじゃなかったけど、この短編は面白かった。
それぞれ全然違う話が観れるので楽しいかったです。

ゴーイング・クリア: サイエントロジーと信仰という監禁(2015年製作の映画)

3.5

どこの国にもカルト集団みたいなのいるんだな。リアルでこわかった。
人それぞれ悩みはあるんだろうけど、藁にもすがる思いなのか、、こういうのハマる人の心理がわからない。
トムクルーズやジョントラボルタとか
>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.4

テンポが良くて楽しめた。
溢れかえるほどのお金があるってすごいけど、欲張ったらだめな教訓。

モブスターズ/青春の群像(1991年製作の映画)

3.2

うーん。なんかストーリーが雑、、
あと仕方ないけど効果音とか古臭くてちょっと面白くなっちゃうというか、急に冷めてしまうところがあった。
ちょっと期待値高めすぎてました、笑

ボーイズ・ドント・クライ(1999年製作の映画)

3.5

誰が誰を好きになろうと他人が口出しする資格ない。
実話ということもあって胸が痛くなる映画だった。
少しでも過去より今、今より未来は社会や一人一人の理解が深まることを願う。

ヒラリースワンクの演技が素
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.7

これは涙が止まらない。
もはや楽しそうなシーンでも泣いてしまうほど気持ちが入ってしまった。
きっと何回見ても感動すると思う映画。

アリスの恋(1974年製作の映画)

3.3

挫折しながら頑張る母と子のロードムービー。
登場人物がみんな個性的でそれぞれの物語も見たいくらい。特にウエイトレス仲間のフロ。

レストランの店主みたいなおじさんがいい人そうだった。

ウィットネス・プロテクション 証人保護(1999年製作の映画)

3.8

証人保護が承認されてから、その生活が始まるまでに準備とトレーニングをする場所での話。

証人保護プログラムを受ける側と、指導する立場の両方の様子が描かれているので、より詳しく知れた。
本人は自業自得だ
>>続きを読む

光をくれた人(2016年製作の映画)

3.4

イザベルが勝手すぎて全然感動しないどころか胸糞レベル。
夫にわたしを本当に愛してるの?とか強迫みたいでこわかった。被害者ぶる加害者の話は苦手。
綺麗にまとめようとしすぎてて途中から引きながら見てた笑
>>続きを読む

アトランティスのこころ(2001年製作の映画)

3.3

不思議な能力を持った老人と少年の交流。
話自体はよかったけど、どうしても最初から最後まで、お母さんのおかしいところが謎で、ボビーもお母さんの嘘にあまり触れないし、そのあたり物足りない感じがあった。
>>続きを読む

ソークト・イン・ブリーチ カート・コバーン 死の疑惑(2015年製作の映画)

3.0

これだけ見るとコートニー怪しすぎる。
でもかなり時間が経ってるから結論は変わらなそう。
遺産が10億ドルてすごい

クロッシング(2009年製作の映画)

3.4

それぞれの立場や仕事に向かう気持ちがみんな違う三人の刑事の話。

三人とも豪華なキャストで流石の演技だった。
個人的にはリチャードギアが切なかった。
それぞれ三人の単品の話でも成り立ちそうなほどバラバ
>>続きを読む

ガンジー(1982年製作の映画)

3.3

前知識がほぼない状態で見たのでわからないまま色々なことが進んで行って終わった。

初心者向けにナレーションが入ってたらありがたかったです、笑

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

3.8

これが実話だったなんて。
ほっこり優しい気持ちになれる映画。

ジェームスを救ったのはボブで、ボブもジェームスが大好きだったのがよく伝わってきた。
自分が食べれなくてもボブのことは優先してて、友達のよ
>>続きを読む

きっと、いい日が待っている(2016年製作の映画)

3.9

見てるのが苦しくなるくらいのリアルさがあって、序盤から引き込まれた。

エルマー役の子をはじめ、子役の子たちの演技が光ってました。
校長役の俳優さんの演技もすごいなと思ったらマッツのお兄さんだったの知
>>続きを読む

笑う故郷(2016年製作の映画)

3.8

全然笑えない。
なんかこわいしシュール。

故郷を出た人、そこに留まってる人のギャップに関しては実際にもよくある話だけど、これは差が極端。
田舎の人たちの嫉妬がありえなすぎて驚いた。

映画を見るよう
>>続きを読む

大統領の陰謀(1976年製作の映画)

3.4

予備知識があったほうがいいかも。
この時代としてはかなり踏みこんだ作品だったのかな
ウォーターゲート事件の概要くらいしか知らなかったので、置いていかれそうになりながら頑張って見たけど出てくる名前が多す
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

4.0

ユーモアと静けさのバランスが絶妙で好きな映画だった。

仕事が退屈だったりたまに悪いことがあったりしても、パターソンみたいに毎日大好きな人が隣にいて、ちょっとクスッとするようなこともあって、好きな詩を
>>続きを読む

人間の値打ち(2013年製作の映画)

3.5

お金持ちやお金持ちじゃない人、家族に恵まれてない人、いろんな人が出てきてそれぞれ色んな人間性が浮き彫りにされていてストーリーは面白かったし見入った。

物語は良かっただけに最後のテロップの不要感が残念
>>続きを読む

インソムニア(2002年製作の映画)

3.5

不眠になるアルパチーノの演技とアルパチーノから見える視界の演出がリアルでよかった。

結果が正しかったら過程は問題じゃないのか?
正義感も行きすぎると正義ではなくなってしまうのかな。
サスペンスとして
>>続きを読む

25時(2002年製作の映画)

3.7

なんかすごい深い話。
後になって後悔することって色々あるけど、その時気付いて引き返したり止められることもあれば、あとになって最悪の結果を招いてから気づくこともある。
なんか色んなどうしようもなさが、切
>>続きを読む

>|