さとさんの映画レビュー・感想・評価

さと

さと

ホラー以外はなんでも。

真実の瞬間(とき)(1991年製作の映画)

3.3

ハリウッド赤狩りの話。
トランボを見たりしたくらいで赤狩りの話は詳しくないけど、議会の様子とか友達の対応とかひどすぎ。
ラストの議会のシーンはイライラした。
ラストでイライラする映画も珍しいと思うけど
>>続きを読む

ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声(2014年製作の映画)

3.2

頑張っても褒めてくれる人がいないと寂しいだろうなと思いながら見てた。
驚きの展開とかはないけどラストは感動した。

Mr.ディーズ(2002年製作の映画)

3.6

ウィノナライダー可愛かった。
面白かったしみんな優しくてほのぼのした!

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

3.5

冒頭からすごい迫力。
ワイルド過ぎてちょっとびっくりする…
ディカプリオの演技は圧巻。

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

3.4

悲しすぎる。
ラストのローガンの一言が切ない。

ピザ!(2014年製作の映画)

3.5

スラムに住む兄弟が、どうしても近所に出来たピザ屋さんに行きたくて頑張る話。

二人にはピザがすごく美味しそうに見えて、食べたことないものを食べたくて、お金稼いだり服買いに行ったり。ワクワクした姿が伝わ
>>続きを読む

レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い(1994年製作の映画)

2.3

うーん。ブラッドピットを光らせるためのご都合主義な演出が気になるし、ストーリー的にもスザンナにイライラしちゃってだめだった。
とにかくお父さんがかわいそう。

ザ・タイガー 救世主伝説(2014年製作の映画)

3.4

B級感溢れる映画。

色々わざとらしくて逆に面白い。
タイガーていう邦題なのに、堂々とジャガーが出てくるのもなかなか見れない映画だと思う笑
しかも内容にジャガーあんまり関係ないし…。

ガエルが頑張っ
>>続きを読む

ザ・コール [緊急通報指令室](2013年製作の映画)

3.4

911のオペレーターが誘拐された女の子を電話越しに助けてあげる話。ちょっとセルラーみたいな感じ。

途中何度か泣いてしまった。
テンポも良いしずっとドキドキさせられる。
面白かったけどラストはこれでい
>>続きを読む

バベル(2006年製作の映画)

3.7

時間経過が前後してる上に、説明をしないで見てる側に考えさせる内容。
しかも重い。
会話の中にヒントのようなものがあって、多分こうゆうことなんだろうなと想像はできるけどはっきりしないし、ちょっと嫌な気持
>>続きを読む

パピヨン(1973年製作の映画)

3.7

脱獄する人の実話。
全体も長いけど、特に脱獄が実行されてからのくだりが長くて、死と隣り合わせの脱獄は見ていてかなり緊張した。
この主人公の体力とメンタルの強さがすごい。
自分だったらこんなに頑張れない
>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

3.8

終始静か。
綺麗な景色と悲しく切ないやるせない感情が相反していてとてもお互いを引き立ててた。

これは日本の文化とか歴史的にも面白いし、自分のような無宗教の人間でも考えさせられる内容だった。

結局、
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.8

コメディ寄りの映画かと思ってたら感動する話だった。

登場人物に悪い人が一人もいないし、子供たちのことを思えばこその対立が見てて切なくなる。
描かれてる世界が両極端だったけど、環境て大切だなと思った

NARC ナーク(2002年製作の映画)

4.0

麻薬捜査官のサスペンス。
ストーリーも面白いけど、それ以上に見せ方が上手だなと思った作品。
ストーリーもすごく面白かったし俳優さんたちの演技もよかった。
地味だけど見はじめたら一気に引き込まれる作品だ
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.9

戦争に行かない選択や途中で止める選択もあったのに、武器を持たずに戦争に行くって普通の勇気じゃないし感動した。
アンドリューガーフィールドの演技もよかった。

グラディエーター(2000年製作の映画)

4.0

悲しいヒーローの話。
ラッセルクロウががっこいいしストーリーも良かった。
また見たい作品。

21グラム(2003年製作の映画)

3.6

好きな映画。
時系列をバラバラにしてる作りもよかったし、3人の俳優さんの演技も良かった。
また見たい。

しあわせはどこにある(2014年製作の映画)

3.3

心温まる作品。
今ある状況の中から幸せを見つけられたってところがよかった。
人は誰でも幸せになる義務がある。

ブラッド・ダイヤモンド(2006年製作の映画)

3.5

ダイヤモンドがこんなことになってるなんて知らなかった。
ディカプリオの少しづつ変わる心情がよく表れていたし、ラストは切ない。

ヒューゴの不思議な発明(2011年製作の映画)

3.2

機械はどの部品も必要不可欠なように、人も必ずみんな生きてる意味があるって言葉がよかった。
結局ノートはどうしたんだろう。

現金に体を張れ(1956年製作の映画)

3.4

やっと見れた。
キューブリックのハリウッド初監督作品、脚本にジムトンプスンが参加してるらしいのでずっと見たかった作品。

終わり方がかっこいい!

バッド・エデュケーション(2004年製作の映画)

3.4

欲をこじらせた結果が切ない。
ガエルの女装がきれいでびっくり。
半自伝てどこまでが自伝なのか気になるな

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.5

それぞれの消失と再生の話。
ぱっと感想が出てこないけど良い映画だったと思う。
時間たったらまた見てみたい。

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

3.8

好きな俳優さんたちなので見てみました。
そして邦題があらすじです笑

3人ともなんか可愛く感じて犯罪なんだけど心が明るくなる映画。
新年から元気をもらえた!

レ・ミゼラブル(1998年製作の映画)

3.8

ミュージカルじゃない方。
歌わないレミゼラブルです。

宿敵の二人の悲しい運命。
お互いに「こうするしかなかった」という辛い話。
重たい雰囲気で進む話だけど、先がどうなるかわからないドキドキする場面が
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.8

めっちゃ泣いた。
両方のお母さんの愛にも泣ける。
そしてインドのこわさを垣間見た。

スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと(2004年製作の映画)

3.9

フローラは自分たちのルーツとか精神性を守ることを大切にしていて、それをクリスティーナに教えたかったのかなと思った。
しっかり地に足つけて歩いて欲しかったのかなと。

突き詰めるとなかなか難しい話だけに
>>続きを読む

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

3.8

映画音楽の持つ効果や映画音楽を作る人たちの努力や考えが深く知れるドキュメンタリー。

恐怖や感動は音楽が大きな役割を果たしているのはなんとなくわかっていたけど、こんなに多くの人が一つの映画にエネルギー
>>続きを読む

マジェスティック(2001年製作の映画)

3.3

町の人たちのあったかさに幸せな気持ちになった。
ちょっと長めだけど楽しかったり感動したり泣けたりとメリハリがあって見てて飽きない。むしろあっという間だった。

ラブ&ドラッグ(2010年製作の映画)

3.0

ジェイクギレンホールが見たくて鑑賞。
正直どこっていう特徴のない映画なんだけど泣いた。

ケープ・フィアー(1991年製作の映画)

3.4

デニーロ登場の瞬間から、関わりたくない人の雰囲気がよく出てて相変わらず役作りがすごい。

古い方も見たけど、ストーリーとか全体的には古い作品の方がよかったかも。

デニーロの怪演を楽しむ映画

潜入者(2015年製作の映画)

3.6

ブライアンクランストンが渋くてかっこよかったし、音楽も好きな感じで映像とあってた

ラストはなんだかこっちまで心が痛くなるくらい切なくなる。本当は悪い人だから捕まって当然なんだけど…

恋はデジャ・ブ(1993年製作の映画)

3.3

50回目のファーストキスに似てる気がした。

結果を考えがちだけど、もっとシンプルにその日その日を良い一日にしようとすることって大事なんだなと思わせてくれた作品。

笑っちゃうところもあり、切なくなる
>>続きを読む

告発のとき(2007年製作の映画)

3.3

何気ないシーンやセリフがあとで活かされてきたりする伏線が多い作品。
お父さんには息子の気持ちがわかるのかもしれない。
元軍人らしい無表情な演技が印象的だった。

スリーパーズ(1996年製作の映画)

3.7

前半の息苦しい話からの復讐劇は見応えがあった。
主な4人の少年以外の登場人物もそれぞれ魅力的で、いろんな人に感情移入しながら見れたせいかラストがより良く感じた。

主役のはずのジェイソンパトリック見た
>>続きを読む

ダイヤルMを廻せ!(1954年製作の映画)

3.4

古い作品だから映画通の人しか楽しめないと思ったけど最後まで集中して見れるサスペンスで面白かった。

>|