さとさんの映画レビュー・感想・評価

さと

さと

ホラー以外はなんでも。

映画(631)
ドラマ(0)

リトル・ダンサー(2000年製作の映画)

4.8

イギリスの炭鉱の町に住む少年がバエレダンサーを目指す話。

好きなことに向かってる純粋なエネルギーが伝わってくる。
お父さんもお兄ちゃんもマイケルも先生もみんな不器用だけどとても優しくて泣ける。

>>続きを読む

ニーナ・シモン 魂の歌(2015年製作の映画)

3.6

いつも不機嫌なような悲しそうな、そんなイメージだったニーナシモン。
19歳の時にクラシックの道を阻まれたのが大きかったのかな。
曲しか知らなかったので彼女の人生を少しでも知れて良かった。

Ain't
>>続きを読む

みかんの丘(2013年製作の映画)

4.0

紛争地でみかん農園をしているおじいさんが、負傷した敵同士の兵士二人を自宅で介抱する話。

一緒に過ごしているうちに次第に変わる二人の敵兵同士の様子やおじいさんの言葉がとても心に響いた。
最初は威勢のよ
>>続きを読む

ラブ・ファクトリー(2002年製作の映画)

3.4

ラブコメ。
脚本がスサンネビアなので見てみました。

まさかの展開とちょっとクスッと出来たりテンポも良くて楽しめた。
子役の子がめちゃくちゃかわいい。
そしてラストうるっときた。

誰がため(2008年製作の映画)

3.7

戦争コーナーに置いてあったけど別に戦車とか出てこない、静かな映画。
戦時中にレジスタンス活動として上司の指示を受けて敵を暗殺する役割を担った実在した若者の話。

タイトルが皮肉というか悲しい。
正直戦
>>続きを読む

瞳の奥の秘密(2009年製作の映画)

3.6

シークレットアイズより全体的にはこちらの方が好き。
事件の捜査と恋の話や友情などの人間関係、二本柱で話が進んでいって、ラストで二つの要素が重なる感じが良かった。

犯人確定までがやや強引な気がするけど
>>続きを読む

ミッション:8ミニッツ(2011年製作の映画)

3.6

難しいことはよくわからないけど中盤からは面白かった。

イル・ポスティーノ(1994年製作の映画)

3.7

有名詩人としがない郵便配達の青年の心の交流。

イタリアの美しい田舎町の景色と素朴な人々。
とても優しくてあったかい気持ちになるのに切なくもある。希望はあるのに苦しくなる。
ラストは泣いてしまった。

奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ(2014年製作の映画)

3.1

だんだんみんなの顔つきがいい意味で変わっていく。出会う人によって人生変わるんだろうな。
感動した。

ただなんか前見た映画に似てるなーと思ったらフリーダムライターズだった。
向こうの方が生徒一人一人の
>>続きを読む

エネミー・オブ・アメリカ(1998年製作の映画)

3.4

面白かった!
逃げ回るウィルスミスにドキドキが止まらない。

パラダイス・ナウ(2005年製作の映画)

3.6

自爆テロを決意するパレスチナ青年二人の話。

タイトルが皮肉だと思ってしまうけど、彼らからしたら皮肉でもなんでもなく現状なんだろうし真面目にそう考えてるんだろうなと思った。

世界は遠巻きに見てるだけ
>>続きを読む

COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック(2015年製作の映画)

3.7

カートコバーンの小さい頃の映像が残ってるのがまず驚いた。

今存在する映像と関係者のインタビューのつなぎ合わせだけじゃなくて、要所要所にアートぽいイラストとかアニメーションが入ってくるのがイメージに合
>>続きを読む

セイフ ヘイヴン(2013年製作の映画)

3.0

なぜかヒール役の旦那さん見ててつらくなったというか、歪んだ愛も苦しいだろうなとか思ってしまった。

そういう話じゃないのはわかってるんだけど、なんかそんな気持ちになってしまった。

また別の機会に見た
>>続きを読む

チェンジング・レーン(2002年製作の映画)

3.0

シリアス調の大人の大ゲンカ。

サミュエルさんがツイてない男というだけで奥さんに捨てられそうになるとこかわいそうだった。

野性の少年(1969年製作の映画)

3.4

なにかの事情で森に捨てられた少年が11〜12歳で発見されて専門家に研究されながら人間らしい暮らしを学ばされていくという話。

狼少年みたいな感じで世界各地でこういう人が見つかった話しは聞いたことがあっ
>>続きを読む

オマールの壁(2013年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

話の展開ひとつひとつが驚きの連続で重たいけど見応えがあった。

とくに猿のエピソードとラストの解釈。
人それぞれの解釈があると思うけど、わたしは最後までオマールが優しすぎて悲しくなった。
そしてラス
>>続きを読む

運命の女(2002年製作の映画)

3.2

お父さん全然悪くないのに恐ろしいとばっちり。見れば見るほどお母さんのゲスぷりが露呈して全く同情も共感もできない話。

それにしても邦題がよくわかんない。
愚かな女とかの方がしっくりくる
リチャードギア
>>続きを読む

砂上の法廷(2015年製作の映画)

3.0

人の嘘を見分けるのが得意な女弁護士の特技があまり発揮されてない…。
普通に面白かったけどちょっと物足りない感じもあった。

インサイド・マン(2006年製作の映画)

3.6

見応えがあって面白かった。
たくさんの登場人物がみんな個性的でそれも良かった。

別離(2011年製作の映画)

3.2

あんまり好きじゃなかった。
みんな勝手でおじいちゃんがかわいそう。
介護を職業とする人がいないとか、文化や宗教感の違いとかあるとは思うけど…それにしても、うーん、、

評価が良いみたいなのでわたしの感
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.5

キアヌかっこよかった。
流し見的に見てしまったのだけど、犬は可愛かったし犬は好きだけど、犬一匹に対して死んでる人の数の多さが尋常じゃない、、笑

絶対キアヌリーブスじゃなきゃこんなにかっこよくならない
>>続きを読む

サンキュー・スモーキング(2006年製作の映画)

3.4

タバコ業界のスポークスマンの話。
口達者な主人公とタバコ業界への風刺的コメディ。

主人公、とにかく口がうまい!
頭が良くて見てて爽快だったけど個人的には関わりたくはないかも笑
ちょっとクスッとすると
>>続きを読む

サイダーハウス・ルール(1999年製作の映画)

4.0

孤児院で育った青年の話。

素敵なセリフがたくさんあって見たあと心があったかくなりました。
難しい問題がテーマになってもいるけど、最後まで見て思ったのは、この映画には愛が溢れてるということ。

孤児院
>>続きを読む

シークレット・アイズ(2015年製作の映画)

3.0

レイの誠実さと熱意。
しかしラストが、、

それ以前に配役(特にジュリアロバーツとニコールキッドマン)はこれでよかったのかなあ。
いろいろ別の事が気になってしまって集中できなかった。

ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮(2012年製作の映画)

3.6

前半は王があんな感じなら王妃も大変だったろうと思ったけど、話が進むうちにだんだん王の孤独さも分かる気がして、みんなが不幸になるのがつらかった。

ラストのテロップのその後談で救われた気がした。
衣裳が
>>続きを読む

ザ・ビートルズの世界革命(2017年製作の映画)

3.0

タイトルの通りで、ビートルズの活動期間の彼らの変遷とリンクさせて当時の社会問題や時代の変化ついても語られている。
ビートルズが世の中を変えた部分は大きいという意味合いのドキュメンタリーだった。

ビー
>>続きを読む

インファナル・アフェア(2002年製作の映画)

3.2

ディパーテッドの元ネタということで鑑賞。
ディパーテッドで何回か見てもわからないところがあるので解決したかったけど、、うーん。

香港映画自体初めて見たのでこうゆうものなのかも知れないけど、やたら話が
>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

3.5

2回目。

世界観がすごくて映像も迫力あったし、引き込まれる。ちょっと見てて疲れるけど、、

はじめ見たときは蛇足的な部分がある気がしてもっとコンパクトにまとめたら見やすいのにって思ったけど、今思うと
>>続きを読む

許されざる者(1992年製作の映画)

3.6

水戸黄門的な。
これは完全に自分の環境のせいだけどとにかく画面が暗くて映像悪くて見にくかった。
機会があればもう一度見たいと思う。

ジャック・サマースビー(1993年製作の映画)

3.5

最後まで真相がわからなくて見終わった後にいろんな想像が駆け巡った。
登場人物それぞれの人の気持ちを考えると切ない余韻が残る良い映画だったと思う。

ストーリーに無理があるのは割り切って、こうゆう映画
>>続きを読む

手紙は憶えている(2015年製作の映画)

3.7

悲しく切ない。

ストーリーとは関係ないけど、お年寄りに優しい人が多くてなんか安心した。

隣人は静かに笑う(1998年製作の映画)

3.0

いい作品なんだろうけどラストが好きじゃなかった。
ずっと探しててやっと見れたのに残念、、

愛さえあれば(2012年製作の映画)

4.1

すごく良かった。好きな映画だった。
あるカップルのお父さんとお母さんの話。

何度も泣けるシーンがあるけど明るくクスッと笑えるところもあって、心があったかくなる映画でした。

どうして自分は今ここで泣
>>続きを読む

太陽のかけら(2007年製作の映画)

2.8

なに不自由なく楽しく暮らしてるように装っても心の中は不安と不満だらけ。
いざとなったら恋人も裏切る、差別もする。
きっと主人公はそんな自分の不甲斐なさを自覚してるのに見ないふりをしているような気がした
>>続きを読む

あこがれのヒト(2017年製作の映画)

3.5

想像以上におもしろかった
普通の幸せな恋愛話から急にサスペンス調になるのがいい。

ラストの彼女の語りが全てなのかも

>|