さとさんの映画レビュー・感想・評価

さと

さと

洋画派ホラー以外はなんでも。

映画(824)
ドラマ(0)

ザ・ビーチ(1999年製作の映画)

3.2

カルト集団みたいでちょっとこわかったです。
ディカプリオが若かった。

ブリーダー(1999年製作の映画)

3.7

予測不能な展開が面白かった
妊娠中の恋人に暴力も最低だけど、それに対する制裁も斬新すぎる笑
音楽の入れ方もなんかおかしくて笑ってしまった。
いろんなカオスが詰まってて好きでした。

イカロス(2017年製作の映画)

3.6

ラストの語りに違和感。
ドーピングとアンチドーピングは二重思考とか矛盾とかじゃなくて、ただバレたらメダル剥奪されるし、世間から抹殺されるからトップに脅かされつつ必死に隠蔽してたんじゃないですかね。
>>続きを読む

地球が壊れる前に(2016年製作の映画)

3.7

参考になった一方、コスト面ではどうなんだろうという疑問も残りました。

現代人は知る必要があると思うので、見れてよかったです。

ブリキの太鼓(1979年製作の映画)

3.6

もう始まりからしてすごい。
子供の残酷さと大人の小狡さが描かれているけど、果たしてここにでてくるオスカルはどうなんだろう。
自分はあんな嫌な大人になりたくない、子供のままでいたいと言いつつかなり卑劣な
>>続きを読む

エスコバル 楽園の掟(2014年製作の映画)

3.5

彼女と早く別れればよかったのに
周りの人がかわいそう。
別れたら別れたで殺されそうだけれども。

それにしてもベニチオデルトロの演技は何を演じてもなりきってていつも感心する、好きな役者さんです。

ぼくたちのムッシュ・ラザール(2011年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

似た悲しみを持つ者同士の暗黙の思いやり。
そしてこのラザール先生は本当の先生じゃないからこそ、学校のルールややり方に疑問を持ち、生徒に寄り添うことができたのかなと思いました。

いろんなエピソードにつ
>>続きを読む

HANDIA アルツォの巨人(2017年製作の映画)

3.4

巨人症になってしまって見世物として暮らしていく弟と戦争で負傷し片手が使えなくなってしまった兄の話。

弟の方はすごく切なさが伝わってきて、生きてた時代が今ならあんな辛いことになってないかもと思った。
>>続きを読む

インヒアレント・ヴァイス(2014年製作の映画)

3.3

うーん。
面白い雰囲気を醸しつつも、なんか分かりにくかったです

話が右往左往する上にストーリー的に追ってる人も何人もいて、元恋人や気になることも色々あって、それが最終的に特にスッキリ解決するわけでも
>>続きを読む

グッバイ、レーニン!(2003年製作の映画)

3.7

とにかくアレックスが優しい。
やりすぎとか途中で思ったりしたけど、結局お母さんはお父さんの件で、自分のしてきたことに後ろめたさがあったとしたら、アレックスのしたことはお母さんの人生を肯定することなんじ
>>続きを読む

白い肌の異常な夜(1971年製作の映画)

3.3

クリントイーストウッドが珍しくよく喋る笑

こわいとか可愛そうとかより、どっちもどっちという感じ。
ちょっと時代を感じてしまいピンとこなかったからかも知れない。

アミスタッド(1997年製作の映画)

3.5

実話ベース。

奴隷として売るため白人たちが違法に黒人をスペインの船に乗せて拉致するが、逆に抵抗した黒人たちに船を乗っ取られ、アメリカで裁判にかけられる話。

アフリカ人の言葉が字幕も出ないし何を言っ
>>続きを読む

ザ・シークレット・サービス(1993年製作の映画)

3.5

再鑑賞。
どこまで本当かわからないけど、シークレットサービスすごいなって前も思った気がする。

ラストのかっこつけたセリフもクリントイーストウッドが言うととても自然。
マルコヴィッチがはまり役すぎ!

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド(2007年製作の映画)

3.8

長いけどストーリーがしっかりしてるし見ていて最後まで飽きなかったです。

主人公のダニエルは自分勝手なやな奴ということになってるけど、わたしはなんか憎めなかった。
ずる賢くて自分勝手だけど、垣間見える
>>続きを読む

ドラッグストア・カウボーイ(1989年製作の映画)

3.5

こんな昔の作品とは思えないほどかっこいい。
それでも生きていたいって言葉が心に響いた

オープン・ユア・アイズ(1997年製作の映画)

3.5

以前バニラスカイを見ていたけど、こっちのほうが面白かった。
ペネロペクルスが美しい!

ミニミニ大作戦(2003年製作の映画)

3.2

昔のやつも見たけど話がだいぶ違うような気がしました。
昔のやつよりミニである必要性を感じなかったのがちょっと残念だった。

ストーリーは現代に沿っているのでリメイクの良さがあって話は面白かったものの、
>>続きを読む

世界よりも強く(2016年製作の映画)

3.5

この人のことを知らなかったけど自分は感動したし、面白かったです。

恋人もいい人だし友達にも恵まれたように思う
友達がホイットニーヒューストンの真似するとこが笑えた。

格闘家って相手選手やそれぞれの
>>続きを読む

フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い(2005年製作の映画)

3.4

コメディタッチの復讐系アクション。

結構人が死んじゃうけど気軽に見れるし楽しかった!

パパはわるものチャンピオン(2018年製作の映画)

3.8

予告見てからずっと楽しみにしてた作品。

プロレスよく知らないけど楽しめたし、感動しました!
もう号泣して大変だった笑

dvd出たらまた見たいです。

リチャードを探して(1996年製作の映画)

3.7

アルパチーノを中心とした俳優さんたちが、シェイクスピア「リチャード三世」の映画づくりの過程を描くドキュメンタリー。

俳優さん同士が意見を出し合い、それぞれがリチャード三世についての解釈を話し合うとこ
>>続きを読む

硫黄島からの手紙(2006年製作の映画)

3.7

みんなの手紙が思いやりと切なさに溢れてて苦しかったです。

今まで普通の仕事をして普通に暮らしていた人たちがいきなり戦争に駆り出されて命を差し出せと言われることが今を生きる自分の想像を超えすぎていてな
>>続きを読む

摩天楼を夢みて(1992年製作の映画)

3.5

不動産会社の営業マンの話。

キャストが豪華でした!
アルパチーノがキャストの一番にあるけど、ジャックレモンの悲しさが印象的。

ノルマがきつくてみんなぴりぴりしててこわかったです。
詐欺集団みたい
>>続きを読む

ハイジャック181(2008年製作の映画)

3.7

昔ドイツの飛行機がハイジャックされた実話。

1977年の事件だからなのか、なんで飛行機に手榴弾とか銃とか持って入れるのか不思議だった、、

ハドソン川の奇跡やユナイテッド93を見た時も思ったのだけど
>>続きを読む

ハート・ロッカー(2008年製作の映画)

3.5

アメリカの爆発処理班がイラクで活動する話。

いつ爆弾が爆発するかとかなり緊張続きの映画だった。常に死と隣り合わせの仕事で見ててハラハラを通り越してちょっと疲れる、、

ラストに主人公が息子に話しかけ
>>続きを読む

哀しみの街かど(1971年製作の映画)

3.8

痛いほど悲しくて切ない。

ゴットファーザーより前の若いアルパチーノ。
結構な名作だと思う。

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.5

登場人物のメインを本人たちが主演してて、いままで普通の一般人だった人が演技できるんだってところが一番感心した。

ラストも感動したし事件のくだりもすごかったけど、三人が雑談してるところとか何気ないシー
>>続きを読む

ワイルド・アット・ハート(1990年製作の映画)

3.2

ニコラスケイジが出てくるとなんとなくコミカルに感じるのは気のせいかな笑

自分が思うリンチの難解なイメージとはまた別なストーリーのわかりにくさに途中何度も寝そうになってしまった。
退屈だけどださ面白い
>>続きを読む

ネイビーシールズ(2012年製作の映画)

3.8

立て続けに二回見たほど感動したし圧倒された映画。
ちょっと普通の戦争映画と違うと思ったら本物のシールズ現役の人がキャスティングされていることを見終わってから知ったので、初めから知ってたらもっと楽しかっ
>>続きを読む

目元が似てる君へ(2016年製作の映画)

3.5

黒人夫婦が白人の赤ちゃんを養子にする話。

ほっこりコメディでラストはちょっと泣ける。
マヌが面白くて好き。

幻影師アイゼンハイム(2006年製作の映画)

3.3

プレステージみたいだった。
比べちゃうとちょっと雑というか物足りないところはあったけど、エドワードノートンよかったです。

12モンキーズ(1995年製作の映画)

3.4

好みが分かれそうな映画。
時間が色々飛ぶのでわかりにくいけど、中盤以降からわかってくると面白くなってくる。

個人的にはラストがなんか好きではなかったけれど、これが20年以上前の作品だと思うとすごいと
>>続きを読む

世界の果ての通学路(2012年製作の映画)

3.9

片道何時間もかけて学校に通ってる子供たちのドキュメンタリー。

何気なく見始めたらすごくよかったので二回見ました。
演出はあったかも知れないけど、わたしはそれより感動の方が大きかったです。
普通に通え
>>続きを読む

ザ・シューター/極大射程(2007年製作の映画)

3.5

敏腕スナイパーが陰謀に巻き込まれて反撃する話。

狙撃だけじゃなくて殺し屋能力も高くて見てて爽快。
ストーリーも程よく謎もあるし面白かった。

裁き(2014年製作の映画)

3.4

一つの裁判を通して見るインド社会。

無言で同じ場面が続くシーンが多くてちょっと眠くなったけど、貧富の差や文化の違い、色んなインドの人の生活が垣間見えて興味深かったと思う。

8 Mile(2002年製作の映画)

3.5

エミネムがイケメン。
英語のスラングとかわかればもっと面白かったかもしれない。

>|