高橋早苗さんの映画レビュー・感想・評価

高橋早苗

高橋早苗

映画(251)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

4.2

起きた事実は
エアロバイクから落ち 頭を打っただけ

それだけなのに(笑)
目が覚めた時から
『わたし美人♪』認定〜のレネー

他の誰にも 理解など求めない
その正直さが 逆に魅力に映り
皆に 受け入
>>続きを読む

おとなの恋は、まわり道(2018年製作の映画)

3.6

元カレの結婚式に呼ばれた女と
その気もなしに 代理出席の男

二人の“リゾートウエディング参列ツアー”は
新郎新婦を祝う気 全くなし?w
毒舌女と 偏屈男が
思い思いに投げ合う 言葉の応酬
それも 二
>>続きを読む

フリーソロ(2018年製作の映画)

4.2

『登ることで “生”を実感するんだ』

登るのは そこに山があったから
・・・とでも言いたげな男の挑戦は
まさに生きるため
そこにロープは要らない

世界で一番大きな一枚岩 エル・キャピタン
命綱なし
>>続きを読む

美しき緑の星(1996年製作の映画)

3.6

まず、1996年の映画だってところに驚く。

SFちっくながら、鉄もアルミニウムもロケットも
もちろん宇宙服も出てこないトコが、逆に潔いね♪


お話の、脚本の、演技の…いわゆる『出来』にフォーカスす
>>続きを読む

ベネディクト・カンバーバッチ ホーキング(2004年製作の映画)

3.9

21歳の誕生日を迎えた学生は
突然 起き上がれなくなる

告げられた病名は
ALS(筋萎縮性側索硬化症)

筋肉に命令する
脳の神経回路が絶たれる
脳の命令を受けなくなった筋肉は
ゆっくり萎縮していく
>>続きを読む

ガタカ(1997年製作の映画)

3.5

SFにカテゴライズされてはいるけれど
無重力空間もなく、宇宙服すら出てこない映画。


☆☆☆☆★


遺伝子操作が”普通”となった近未来

自然分娩で生まれた子は
ハンデを抱え
“普通”に生まれた弟
>>続きを読む

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

4.0

まるですべてが
「…これは、映画の撮影だったのです」
とでも言いたげな
どんでん返し。

1回観ると やられた!

2回観ると
…矛盾を見つけた(真相を見たがった)あなた、しっかり観ることになったじゃ
>>続きを読む

シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション(2018年製作の映画)

3.9

ただ只、リスペクトっぷりの素晴らしさを観る91分

よくできました💮
はなまる三重丸つけたいわ


実写化、となると
どうしても再現性が問われて
賛否が分かれるけど
ここまでやってくれたら
文句の
>>続きを読む

チェ★ゲバラ/世界一有名なポートレート(2005年製作の映画)

3.7

ファッション写真家から
革命に身を捧げた

キューバ・ハバナ出身の
写真家アルベルト・コルダを追ったドキュメンタリー


写真家は
他の芸術家以上に
一家言あるな〜
と感じるのは私だけかしら^_^
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

3.8

心臓を患い
レースから退いた男に
絶対王者フェラーリに勝つ車をと
依頼が舞い込む

彼が相棒として選ぶのは
商売ベタ、車とレースになら
命もかける男


フォード社の
フェラーリへの対抗心
2人の男は
>>続きを読む

ユナイテッド93(2006年製作の映画)

3.6

このタイトルにピンとくる方は
あの日が強烈に残っている方なのだろう

そんな方からは怒られるかもしれないが
あの日
ニュースでしか知らなかった私は
単純に興味があった。

あの時ただ一機だけ
どこに突
>>続きを読む

マイケル・ジャクソン THIS IS IT(2009年製作の映画)

3.9

右隣のお姉さんは泣いてて
左隣のお兄さんは
気持ち良さげに身体揺らしてた。

アタシは・・・
ちょっとうるうるきた。


同じ映像が
あのニュースが駆け巡って
「スリラー」のPVが繰り返し流れた後で、
>>続きを読む

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

4.3

周りのすべてに 返事は常にひとつ
「ノー」と言う男


妻とは離婚
友達の誘いにものらない

カール・アレンの毎日は
職場と自宅の 往復だけ
楽しみといえば 自宅で観るレンタルDVDだけ
それも退屈し
>>続きを読む

奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ(2014年製作の映画)

3.8

パリ郊外の高校

無関心と敗北主義
その場をやり過ごすことしか知らない子ども達

落ちこぼれ達の荒れた教室は
「教えるのが大好き」な先生の
ある提案から
変わってく


☆☆★

担任は、苦肉の策とし
>>続きを読む

宇宙兄弟(2012年製作の映画)

3.5

のっけからprimal screamだし
エンドロールはcoldplayだし

ジャーン!!と
音で盛り上げられちゃう映画久しぶり

予告編を観て
「あーこういうの弱いんだよなー」
抵抗しつつも乗せら
>>続きを読む

エクスマキナ Ex Machina ー Appleseed Saga(2007年製作の映画)

3.2

もうひとつの
「美女と野獣」


…22世紀の野獣は
二度と ヒトには戻れない

その代わりに
片時も離さず
握りしめ続けているのは


アナログ時計と
彼女を守り続ける
ヒトとしての
心と
愛と。
>>続きを読む

二十世紀少年読本(1989年製作の映画)

3.5

サーカスに拾われた 幼い兄弟

怪我をし テントを離れた兄
兄を待ち続け 空中ブランコに乗り続ける弟

「うそとうそは
 からまってほんとになんのか?」
・・・噓を生きた男が気づく ほんと。


弟を
>>続きを読む

日曜日が待ち遠しい!(1982年製作の映画)

3.6

殺しの容疑者は上司
クビを言い渡された
元美人秘書は 謎解きに夢中

妻の秘密と「赤い天使」
犯人は誰?


☆☆★

 
1983年
トリュフォーの遺作にあたるミステリー。

殺人だけど
湿っぽくな
>>続きを読む

ローマ法王の休日(2011年製作の映画)

3.3

…どうか、私が選ばれませんように

祝福など無理だ
新しい法王は 逃げ出した

街をさまよい 見つけるのは
忘れていた
チェーホフの「かもめ」


☆☆★


バチカンの中は
すべてが揃っているが
>>続きを読む

となりのトトロ(1988年製作の映画)

3.9

冒頭から
まるでハッピーエンドみたいな景色が次から次へと展開される

…誰でも一度は
体験したことがありそうな
ことばかり
(え?トトロはいないって?
 ◯◯がいるって、信じてたでしょ?^_^)
>>続きを読む

ドルフィン・マン~ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ(2017年製作の映画)

3.6

「グラン・ブルー」より
「地球交響曲第二番」で知った
ジャック・マイヨール

スゴい人なのは分かるけど
なぜ今までドキュメンタリー映画が造られなかったのかが
不思議なくらいで

それはやっぱり
彼の自
>>続きを読む

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ここでは 名前は
奪われ 忘れるもの


八百万の神の世界へ迷い込み
本来の名を奪われた千と

名を忘れ 湯婆婆の元で生きるハク


千は 「千尋」という自分の名を
何故か知っているハクの手助けを受け
>>続きを読む

借りぐらしのアリエッティ(2010年製作の映画)

3.5

彼女曰く
「人間の家から気づかれないように少しずつ必要なものを借りてくるの」

という“借りぐらし”の小人・アリエッティ


幼い頃から患う心臓の手術前
静養のために
叔母の家へ連れられてきた少年・翔
>>続きを読む

Returner リターナー(2002年製作の映画)

3.7

地球外生物に襲われ 戦争を始めた人間
その戦争を止めるために
2084年の未来から
2002年の現代へやってきた 少女ミリ

そして 彼女と組む羽目になった
“リターナー”ミヤモト。


・・・鈴木杏
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.3

成功を求め 掴み
認められることを求めて 挫折し
大切なものを 無くす

そもそも 成功目指したのは 何だったっけ?

《愛する人をしあわせにしたい》

それだけ だったわさ。…と
気づいて 取り戻す
>>続きを読む

ビッグ・リバー(2006年製作の映画)

3.0

人ひとりいない
アリゾナの砂漠を歩くバックパッカー。

故障したレンタカーを前に
途方に暮れる男

二人を助けることになった女


レンタカーの男は
妻を探しにパキスタンから来たという

だが、妻には
>>続きを読む

スラムドッグ$ミリオネア(2008年製作の映画)

3.6

なぜみんなこの番組を見るんだ?
「現実から逃げる夢を見るためよ」
 

コールセンターのお茶汲み男
スラム育ちの無学な青年が 見ていたのは

最高賞金2000万ルピーよりも
“現実から逃げる夢”を見て
>>続きを読む

ストックホルムでワルツを(2013年製作の映画)

3.7

初めてのNY
初ステージは散々

「誰かのマネより
 自分の気持ちを歌ったら?」
 

母国語でジャズを歌った
モニカ・ゼタールンド

憧れを
自分の言葉に変えた
“モニカのワルツ”



挫折とチャ
>>続きを読む

ダージリン急行(2007年製作の映画)

3.0

一年前に父が死に
絶交していた兄弟


事故ってフランケン頭の長男
遺品独り占めの次男
元カノが忘れられない作家の三男


3人は
消えた母をたずねて
列車に乗る

仲良く?飛び乗る列車は
「ダージリ
>>続きを読む

みつばちの大地(2012年製作の映画)

3.4

野原を駆け回って愛し合えない 花々の間を
みつばちは飛び回る


消えてゆきつつある
みつばちの謎を追って

みつばちの間を
飛び回るヒトたちの旅



スイス
カリフォルニア
オーストリア
中国
>>続きを読む

ちいさな哲学者たち(2010年製作の映画)

3.6

ロウソクに火を灯したら
てつがくのじかん


いいきかせる ではなく
おしつける でもない
ただ「問う」
そして おもいをつたえる

かんがえる じかん。


…フランスの
ある幼稚園で行われた
「哲
>>続きを読む

ミツバチの羽音と地球の回転(2010年製作の映画)

3.0

2009年 祝島

ひじきを取る若者
数年前 戻ってきた
島の中では 最年少の大人だという30代

その彼が
まだ小さなこどもだった頃から続いているという
下関原発建設反対運動


ドキュメンタリーっ
>>続きを読む

あなたになら言える秘密のこと(2005年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

…観るたび
癒されるって こういうことなんだよな。と感じる映画^_^


「名前は コーラじゃない?」と言われ
「(はいそーです)コーラでいいわ」と返すあたりが
…おねーさん、仕事終われば帰る気満々で
>>続きを読む

重力ピエロ(2009年製作の映画)

3.8

伊坂幸太郎氏の映画化作品は
好きが多い

「アヒルと鴨のコインロッカー」
「フィッシュストーリー」
「ゴールデンスランバー」
「ポテチ」

…原作好きさんからみると
あれこれ意見はあるのでしょうが
>>続きを読む

ニューヨーク・バーグドルフ 魔法のデパート(2012年製作の映画)

3.8

NY五番街にある老舗百貨店
バーグドルフ・グッドマンの歴史と内部に迫るドキュメンタリー。


セレブリティ達の
煌びやかなお買い物風景…に目を奪われる。
毒舌パーソナル・ショッパーもイイ♪観てるとテン
>>続きを読む

リバー・ランズ・スルー・イット(1992年製作の映画)

3.5

何もない
けど、すべてがある。

生まれ育った場所とは
そういうもの


映画は
老いた兄の目線で語られる

父と
母と
弟との日々を

そこにいつもある
ブラックフットの川と

父と、弟と
自分をつ
>>続きを読む

>|