ニックさんの映画レビュー・感想・評価

ニック

ニック

映画(1379)
ドラマ(0)

サイコハウス(2007年製作の映画)

3.0

うーん、ジャケットと内容が違う…全然血みどろ感はない

そもそも絶対に帰さない…てそもそもここが私らの家ですが?と

日本人の私たちには馴染みが薄いですが、ベビーシッターて一番身近というか家族の中にい
>>続きを読む

レジェンド・オブ・ゾロ(2005年製作の映画)

3.3

もう何度も観たよ~、と思ったら観たことなかった!?

何故かマスク・オブ・ゾロだけを執拗に観ていた模様(;´д`)

ムチムチアクションはハリソンだけの専売特許じゃないぜ!とばかりに繰り出されるアクロ
>>続きを読む

幸せの始まりは(2010年製作の映画)

3.5

人生の岐路、どん底二人のラブ・ストーリー

主演のポール・ラッドとリース・ウィザースプーンもよいのですが恋敵役のオーウェン・ウィルソン、ポール・ラッドの父親役のジャック・ニコルソンもとてもキュートで魅
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.8

絶望とワクワクの奇跡のジェットコースター!この二つって同居出来るんですね

冒頭からラストまで衝撃の展開の連続で2時間半という上映時間の長さを全く感じさせない

絶望的なストーリーの中でもヒーローたち
>>続きを読む

きみに読む物語(2004年製作の映画)

3.4

小室○哉号泣か…

アルツハイマーで施設に入所中の女性、全てを忘れ新しい記憶も定着しない、そんな彼女の元を訪れ物語を読み聞かせる男性がいた

彼の正体は彼女の夫であり、彼女の記憶が戻る事を信じて彼女に
>>続きを読む

ブラック・ジャック(1996年製作の映画)

3.2

何度も繰り返される止め絵での吐血!

余りにも続くので途中からシュールな笑いに

超人類と呼ばれる人々が現れスポーツや芸術で今までの常識を遥かに超えた記録を産み出し続けるが、彼らは原因不明な病気に苛ま
>>続きを読む

エグジット・スピード(2008年製作の映画)

3.1

曲芸暴走族がバスを襲う!

3回目くらいな気がするがクセの強い暴走族のビジュアルしか覚えていなかった

テキサスの田舎町、長距離バスにちょっかいをかけて来た族メンバーが自業自得で轢かれ死亡

そこから
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.3

でもゲームでしょ、どうしてもこの言葉が頭をよぎってしまう

80年代の音楽が多用され、オープニングもそれをバックに流しながら主人公が貧民街のコンテナマンションを降りていく

昔映画でよく見たボロアパー
>>続きを読む

パーフェクト・ヒート(2013年製作の映画)

3.1

B級御用達ムキムキ俳優ケラン・ラッツvsミッキー・ロークのアクション

二人ともエクスペンダブルス出演してますね

そう、あのエクスペンダブルスの二人が対決!とか書くと漂うB級臭

そういう意味では期
>>続きを読む

マディソン郡の橋(1995年製作の映画)

3.4

う~ん、これは男子は最初に拒否反応起こしちゃうかもですねぇ

自分のオカンの浮気話、しかもがっつりS○Xの感想付き、思春期に見聞きしたらトラウマか

学生時代、友人が原作本を読んでいたが彼は老成してい
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.5

ドラムの音再び!

今回はゲームから動物たちが溢れ…ではなく皆様纏めてゲームの中へ

学校でイケてる二人は荷物運びとデブオヤジに、イケてない二人はムキムキマッチョとカラテガールにと変身した結果、ゲーム
>>続きを読む

タイトロープ(1984年製作の映画)

3.0

ヒロイックなイメージのイースト・ウッドがちょっと変態的な性癖を持つ警官役を演じた変わりだね

連続猟奇殺人犯と対決する今回のイーストウッドは二人の娘を育てる子煩悩な父親でありながらも、捜査中夜のお仕事
>>続きを読む

高慢と偏見とゾンビ(2015年製作の映画)

3.5

美人5人姉妹vsゾンビとかB級感が半端ない事になりそうな所ですが、高慢と偏見成分により見事に裏切られている

姉妹vsゾンビの心踊る血まみれスプラッターではなく、ゾンビがいる世界での高慢と偏見

その
>>続きを読む

ウエストワールド(1973年製作の映画)

3.5

ジュラシック・パークの原作と脚本でも有名なマイケル・クライトンの初監督&脚本作

近未来のテーマパーク、そこでは西部開拓時代のアメリカ、中世ヨーロッパ、古代ローマの生活を体験し楽しむ事が出来る

そこ
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃(2015年製作の映画)

3.6

シリリが予想外に面白かったので観てなかったこちらも鑑賞、しんちゃん初の本格B級モンスターパニックか

ヒロシがついに係長から部長へ、それに伴いなんとメキシコ支部へ転勤…

家族の事を思い、単身赴任を考
>>続きを読む

ガントレット(1977年製作の映画)

3.3

ムンムンとかおるイーストウッドの男臭さ

70年代と80年代を繋ぐ様なアクション映画、ちょうど転換期くらいなのでしょうか

70年代のアクションのかおりを残しつつも、大量の火薬を使った爆破シーンや銃弾
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ(2017年製作の映画)

3.8

E.T. with しんちゃんフューチャリング初めてのおつかいなロードムービー

最近のしんちゃん映画は一時期ほどではないなぁと舐めてたら…ジーンと来ました

驚いたのが宇宙人がまずパッと見可愛くなく
>>続きを読む

ジュマンジ(1995年製作の映画)

3.8

ドラムの音が聞こえる…

不思議なボードゲームから飛び出した動物たちに町は大パニックに!

子どもの頃の自分にジュラシック・パークと並んでハリウッド映画のVFXの凄さを叩き込んだ本作

子どもの頃見て
>>続きを読む

インパクト・アース(2015年製作の映画)

2.9

地球に迫る巨大隕石!

この手のB級映画にしては主人公が過去に隕石激突の誤報を出してしまい、社会的信用を失い、妻とも離婚とハードな過去を背負う

主人公の友人の天才科学者役にトム・べレンジャーが出てい
>>続きを読む

シャークトパスVSプテラクーダ(2014年製作の映画)

2.5

最近ハードな映画が多いので安心して心安らかに映画が観たい!そう思っていた時レンタル屋で見つけたこの映画

ジャケットに写る笑顔のイケメン、その横に書かれた「イケメンは死なない!」これだ…

前回やられ
>>続きを読む

エージェント・ゾーハン(2008年製作の映画)

4.0

素晴らしきおバカアクションコメディー!

かなり下ネタが酷いので人を選びますが私は大好き(>_<)

ちょくちょく現れる何処かで見た事ある人たち、どこかで観たことある様なシーンや見た事もない様なアホな
>>続きを読む

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

3.6

極限の極寒の中でのサバイバル、ディカプリオのモグモグタイムにも心は癒されず、復讐する?そだねーとは言えぬ

過酷な撮影を想像させる雄大な大自然の中での映像に圧倒され、引き込まれる

グリズリー対ディカ
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.5

お脳がギューンとなって目がグルグル回る驚異の映像!

公開当時うっかり観に行き損ねていたモノをようやく観賞、映画感で観なくてよかったかも、万華鏡や箱根細工の様なこの映像を劇場で長時間3Dで観てたら気持
>>続きを読む

グリマーマン(1996年製作の映画)

3.3

「お前のベストを見せてみろ!」

熱血体育教師の如く悪党を煽るセガール

「どうしたその程度か?その程度ではお前を殺すしかないな」

「お前も人並みに朝鏡を見て幸福を感じる事があるだろう、俺にはそれが
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.4

その瞬間のためだけにいた様な人、スポーツとかでもその大会でだけ、その一試合でだけ覚醒した不思議な人っていますよね

そんなテーマを実話を元にイーストウッドが映画化

これは神の導きなのか、テーマは少し
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0

これぞミュージカル映画の魔法!

全体を通して力強くストレートなメッセージを歌と踊りで伝えてくれる

~のスタッフ集結!このうたい文句は信用出来ない、ただし今回は別、私ラ・ラ・ランド微妙だったので…監
>>続きを読む

2ガンズ(2013年製作の映画)

3.3

ドーナツの不味い店の正面にある銀行の近くには住まない!

デンゼル・ワシントンとマーク・ウォールバーグのバディムービー

主演以外のワルいヤツ率高め、誰も信用出来ないぜ!

人間不信になりそうなレベル
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.3

偉大なるゴリラ!ウホウホ!!

いいのかこれ…

CGモリモリだがハルクの様な超パワーがあるわけでも、アイアンマンの様に空が飛べるわけでもスパイダーマンの様に糸を出せるわけでもない我らがブラックパンサ
>>続きを読む

ノイズ(1999年製作の映画)

3.0

遥か彼方から宇宙人がやってくる時、彼らは円盤でやって来るのではない、思念体など体を持たずにやって来るのだ

昔観た時は斬新に感じたが今だとあんまりなのかなぁ、そして漂うB級感

妊娠中という精神が不安
>>続きを読む

アンノウン(2011年製作の映画)

3.2

発表のためフランスへやって来た学者リーアム・ニーソン、しかし交通事故にあい病院へ

意識を取り戻し奥さんの所へ駆けつけるが彼女は自分を知らない、さらには自分を語る見知らぬ男、ネットで自分の名前を検索し
>>続きを読む

パイレーツ・ロック(2009年製作の映画)

3.5

内田祐也じゃないけどロックンロール!と言いたくなる

公共電波でロックを流す事が禁じられていた時代のイギリス、海の上からロックを流し続ける海賊ラジオのDJたちの物語

ロックとそれを愛する彼らの姿がと
>>続きを読む

ブルー・ストリーク(1999年製作の映画)

3.5

マーティン・ローレンスがクールでちょい悪なウィル・スミスから相棒をダサくて真面目なルーク・ウィルソンに変えて大暴れ。

宝石泥棒が逃亡の際に盗んだ宝石を建設中のビルの通気孔に隠して数年後、お勤めを終え
>>続きを読む

バグダッド・カフェ<ニュー・ディレクターズ・カット版>(1987年製作の映画)

4.0

午前10時の映画祭にて

車をフレームに入れた独特の構図から始まる、それからも斜めになったりフィルターを通した様な色のついたカットがあったりと、これはアート系かな困ったな

さらには部族にドラム缶で茹
>>続きを読む

ネバー・サレンダー 肉弾突撃(2009年製作の映画)

3.0

WWEのスーパースターたちのムキムキアクションが観れるシリーズ

安心して単純に銃撃、爆破、重量感のある格闘シーンを楽しめるのはうれしい

一応悪者たちの思惑が多少は裏でゴチャゴチャしているけれど、筋
>>続きを読む

マラヴィータ(2013年製作の映画)

3.1

マフィアコメディかと思っていたら最後急に色が変わるんだからなぁ

承認保護プログラムで名前を変えフランスに移住してきたデ・ニーロ演じる元マフィアとその家族

ムカつくフランス人にしっかりリベンジしてい
>>続きを読む

劇場版 あしたのジョー2(1981年製作の映画)

3.8

てっきり山Pのだと思って録画しなかった…まさか地上派でやるとは

この2では力石との対戦後からあの有名なラストまでが描かれている

「立て~!立つんだジョー!!」丹下段平のこの有名なフレーズ、しかし今
>>続きを読む

>|