jocxさんの映画レビュー・感想・評価

jocx

jocx

地獄の花園(2021年製作の映画)

3.7

ただのOL版クローズゼロだと思ったら、予想した展開と違っていた。その辺りで賛否が分かれそう。それでも、楽しく観られたのは、脚本の面白さだと思うし、それぞれのキャラがとても面白かった。アクションが見所の>>続きを読む

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

3.7

ヤクザという特殊な世界、彼らはその中で肩を寄せ合うようにして暮らしている。時が過ぎ暴対ができ、刑期を終えて戻ると、まるで別世界。何もかもが変わって生きづらくなっている。舘ひろしがどうみてもヤクザの親分>>続きを読む

甦る三大テノール 永遠の歌声(2020年製作の映画)

4.3

最初から鳥肌だった。この3人が絶好調の時に出会えてよかった。初めはホセの復帰とサッカーへの思いで始めたが、それが長い間世界を魅力したのは、この以上ない組み合わせだからこそである。まるで3人兄弟のよう、>>続きを読む

天空の結婚式(2018年製作の映画)

3.8

この映画は予告が面白く是非観たいと思っていた。しかし、予告が全てになってしまった。内容も面白かったし、キャラクターも個性的だっただけに、もう少し突っ込んでもいいのではないか、と思うのは人物の気持ちの変>>続きを読む

名探偵コナン 緋色の弾丸(2021年製作の映画)

3.8

緊急事態宣言のため遅れて鑑賞。赤井ファミリーを中心に展開するストーリー。謎のこのファミリーの強さが盛り上げます。今回はFBIの過去の事件も絡み面白い展開ですが、そろそろ爆発と巨大ボールの収束は飽きてき>>続きを読む

心の傷を癒すということ《劇場版》(2021年製作の映画)

4.0

人の心と寄り添うことは本当に難しい。
しかし、その意味を模索しながら常に寄り添おうとしてくれた精神科医、安先生。阪神淡路大震災の被災者のように、深い傷を負ってしまった人なら尚更、医師としても大変だと思
>>続きを読む

トキワ荘の青春 デジタルリマスター版(1995年製作の映画)

3.8

上映前に本木雅弘からビデオレターがあり、当時の撮影の様子や役に対する気持ち、市川監督とのエピソードなどを聴いてから見ると、また違った見方ができる。漫画家が漫画家だった時代、なぜこの古いアパートに、日本>>続きを読む

ハッピー・バースデー 家族のいる時間(2019年製作の映画)

3.0

予告で期待し過ぎてしまい、最初から最後まで着地点のよく分からない作品だった。一見素敵な館が問題を抱えていて、母親の誕生日に精神を患った長女の帰省から長女の言動や行動に左右される。相変わらずカトリーヌ・>>続きを読む

あのこは貴族(2021年製作の映画)

3.8

幸せの価値観、これは人によって様々だけど、自分の生まれた場所、育った環境によって子供の頃は当たり前だった事が成長するにつれて変化していく。ここでいう貴族という階級の人間は当たり前が当たり前で無かったこ>>続きを読む

私は確信する(2018年製作の映画)

3.6

法廷映画が好きな人は、とても面白いと思う。シングルマザーのノラが仕事も家庭も恋人も犠牲にして、この事件の真相に迫るシーンは圧感。されどその姿は恐ろしいくらいだ。子供がかわいそうになるし、恋人も傷つける>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Final(2021年製作の映画)

3.9

とうとうfinalまで来てしまった。もっと観たい緋村剣心、いや、るろうに剣心スァミリー。分かっていてもバトルシーンは手に汗握る。ワイヤーアクションのレベルアップがスピード感を増し期待を裏切らない。その>>続きを読む

21ブリッジ(2019年製作の映画)

3.6

内容はとても興味深かったのですが、全体的な流れが今ひとつ。もう少し描き方が変わればもっと深い作品になった気がする。結局最後はニューヨーク市警の問題になってしまったが、ニューヨークを閉鎖する、という大プ>>続きを読む

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

3.8

恋愛は夢から現実に戻されるのかもしれない。ありそうでなさそうな、ちょっと身近な恋愛を菅田将暉と有村架純が丁寧に演じている。5年という月日が長いのか、タイミングが合わなかったのか?ちょっと懐かしく、こそ>>続きを読む

トムとジェリー(2021年製作の映画)

3.8

楽しく観ました。実写とアニメーションのコラボが不自然に感じなかったし、ストーリーも分かりやすかった。ワーナーブラザーズなので、パロディやオマージュもあり、映画ファンならかなり笑いどころ。インド資本が入>>続きを読む

名探偵コナン 緋色の不在証明(2021年製作の映画)

3.5

多分観るであろう『緋色の弾丸』の復習で観る。テレビで観ているところもあったが、観ていない回もあったので観てよかった。次回作ガッツ楽しみだ。赤井秀一ファミリーのこれからに期待。それにしてもライハ峠で突然>>続きを読む

一粒の麦 荻野吟子の生涯(2019年製作の映画)

3.5

役者が良く、アットホームのな暖かい作品
だった。あっという間に過ぎてしまい、物足りなく感じることもあった。何より驚いたのは日本で最高齢89歳の女性監督ということ。とてもしっかりとして、この日本初の女性
>>続きを読む

Mank/マンク(2020年製作の映画)

3.6

『市民ケーン』と同じようにモノクロの画面と今と過去を行ったりきたりの進行、この作品の深さが伝わる。『市民ケーン』を観てから観るのと、観ないで観るのとでは感想も印象も違って見えるのかもしれない。時代背景>>続きを読む

市民ケーン(1941年製作の映画)

3.5

アメリカではこの映画はベスト1の映画ということで、今まで観たことがなかったので初鑑賞。モノクロの映像とラストの「薔薇の蕾」には心にくるものがありました。内容は分かりやすく、オーソン・ウェールズの鬼気迫>>続きを読む

ヒトラーに盗られたうさぎ(2019年製作の映画)

3.8

この映画は子供向けということで安心して観られた。しかし、父親がナチスから追われているので、いつ捕まるか分からない緊迫感はあった。主人公が子供の頃読んだ『おちゃのじかんにきたとら」の絵本作家だったとこの>>続きを読む

パリの調香師 しあわせの香りを探して(2019年製作の映画)

3.7

調香師(パフィーマー)という仕事、香水だけ見ると、とても華やかに見えるが、それだけではない。華やかなのは一握りで、別な角度から見れば匂いを嗅ぎ分けたり、時には嗅ぎたくないものを嗅いだりしなければならな>>続きを読む

劇場版 奥様は、取扱い注意(2020年製作の映画)

3.8

テレビシリーズからの続編、このPanasonicコンビはとても息があって面白い。やっぱり2人のアクションシーンが見どころ。新たなキャラクターも出てきて、テレビシリーズで第二弾をやる感じ。話の内容はあり>>続きを読む

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

4.2

予告を観て面白そうで、このメンツなら何かありそうだと思って観ました。私はとても楽しんで観ました。一番の騙されは、もうこれでラストだろう!と思った時、なかなかラストに辿りつかない事。おもちゃを取られたま>>続きを読む

MOTHER マザー(2020年製作の映画)

3.8

遅ればせながら長澤まさみさんのアカデミー賞最優秀主演女優賞受賞後の鑑賞。心が騒つく作品、特に母親ならこれほど「女」に固執できるのかと、情けなく悲しく、そしてイラつく。そんな誰からも嫌われそうな女性秋子>>続きを読む

まともじゃないのは君も一緒(2020年製作の映画)

3.7

成田凌のカメレオン俳優ぶりには驚かされる。今度はこうきたか…と彼の演技を観ているだけでも楽しい。台詞や設定は面白く「普通」という言葉が何度も出るが、果たして「普通」とは何ぞや?と己にも問いかけてみる。>>続きを読む

朝が来る(2020年製作の映画)

4.0

河瀬直美監督らしい自然と心の揺らぎが一体化した映像、それと私たちが表面しかなぞっていない出来事を、私たちの心の機微にそっと届ける。もともと辻村深月さんの原作だが、それを身近にしてくれる。派手ではないし>>続きを読む

ブレイブ 群青戦記(2021年製作の映画)

3.9

予告を観て面白そうだと感じたし、春馬が出でいるなら観なければ!と行きました。コミックを知らなかったので、ある意味想像を裏切られた作品でした。正直、もっとコメディ要素が強いと思っていたので、冒頭のシーン>>続きを読む

世界で一番しあわせな食堂(2019年製作の映画)

3.8

医食同源という言葉がピッタリの映画。食事は体だけでなく心も豊かにする。中国人のチェンとフィンランド人のシルカ、国籍も環境もまったく違う2人が、かけたものを補うように、お互いを必要とし、思いやる。そして>>続きを読む

ステージ・マザー(2020年製作の映画)

4.0

母親ってなんて凄いんだろう、と思う。自分の息子を理解することなく死なせてしまった事は一生彼女が背負う十字架なのだろう。そのかわり、息子と同じ境遇のドラァグクイーンの人たちに寛容と慈愛で親代わりになる。>>続きを読む

43年後のアイ・ラヴ・ユー(2019年製作の映画)

3.5

年を重ねても忘れられないものがある。そしてそれには優しく寛容になれる。殆どプロモーションで想像通りなのだが、往年の名俳優がコミカルで、淡々と演じている。若い人には優しさを壮年には希望を与えてくれる映画>>続きを読む

スペシャルズ! 政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話(2019年製作の映画)

3.9

政府のマニュアルだけが正義のような、何処の国でもある事実を知ることになった作品であった。プロモーションではもっとコメディに近いと思っていたが、実際は想像以上に過酷な作品であった。もちろん、面白く描いて>>続きを読む

シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい!(2018年製作の映画)

3.9

全国で長く演じられている舞台『シラノ・ド・ベルジュラック』それがどのようにしてできたか?初日まで三週間という中でのドタバタ劇、ワガママ女優に借金塗れの主演俳優、口うるさいスポンサー、しかし、幕が上がっ>>続きを読む

あの頃。(2021年製作の映画)

3.7

全体的に面白い作品だった。登場人物同様、出演者も松坂桃李中心に仲が良さそうな感じが伝わってきた。オタクの世界観や当時のモーニング娘のアイドル人気がよく分かり、その時代を生きていてもその世界を知らないと>>続きを読む

ニューヨーク 親切なロシア料理店(2019年製作の映画)

3.6

たまにどうしてこんな邦題にしたのか?と思うことがあるが、これもその1つである。原題『The Kindness of Strangers』直訳すると「見知らぬ人の親切」なのだがよっぽどこの直訳の方が納得>>続きを読む

ファーストラヴ(2021年製作の映画)

3.6

予告と番宣と役者で、かなり期待して観たのだが、原作も読んでいなかったので、何も知らずに観た。想像したより根深く、個人的にあまり気持ちは良くはなかった。幼少期のトラウマや父親との関係性、母親への想い、自>>続きを読む

おらおらでひとりいぐも(2020年製作の映画)

3.8

真っ先に一人暮らしの母のことを思った。映画から伝わってくる老女の寂しさ。それを田中裕子(桃子)が背中で見せてくれる。人と触れ合いたいけど、自分自身の意地なのか、なかなか距離感が掴めない。若い頃の桃子が>>続きを読む

すばらしき世界(2021年製作の映画)

4.2

『すばらしき世界』このタイトルに触れた時、サッチモが歌う『Wonderful world 』を思い出した。刑務所にいた年月、取り残された自分、しかし空は広く青く、星は美しい。なのに世間はこんなにも無情>>続きを読む

>|