将軍様激似さんの映画レビュー・感想・評価

将軍様激似

将軍様激似

冷え症にはミョウガが効果的、即効性もあります。骨粗鬆症予防、防止には梅干しが効果的。カルシウム吸収を助ける働きが。綾瀬はるかさんも毎日梅干し食べてます。と、TVでやってました。

🐯まんぷく農家めし、観てます。

2.5を普通にしてます。
おっぱいでると神に感謝し核発射🐼

映画(1850)
ドラマ(0)

実録外伝 大阪電撃作戦(1976年製作の映画)

3.3

実話にそった作品との事。
酒場で大親分と知らずにちょっかいかけたヤクザ。組織幹部が詫びを入れるも許されず人狩り部隊により追い詰められる様を描いている。大企業に潰される中小企業みたいなもんか。
聴いたよ
>>続きを読む

トラック野郎 男一匹桃次郎(1977年製作の映画)

3.7

旅ガラス達の詩情豊かなOP、爆笑のモチすすり大会、マドンナの夏目雅子さん、と見どころあり。
桃さんの恋敵はやっぱりシャブが好き、でお馴染みのしみけん。若山富三郎さんは迫力あり。
このシリーズはトラック
>>続きを読む

トラック野郎 故郷特急便(1979年製作の映画)

2.0

シリーズ最終作、Wマドンナを起用。シリーズをとおしてみると、この作品は違和感を感じた。スタッフを変えたのだろうか?笑いが寒いし編集も雑。
石川さゆりさんは雰囲気がありさすが一流。演技も良し(๑•̀ㅂ•
>>続きを読む

網走番外地 悪への挑戦(1967年製作の映画)

2.9

健さんが不良青少年達を更生する?! 九州を舞台に健さんが青少年相手に奮闘。もっとしっかり歩け!夜中は騒ぐなー!それはそれで悪くはない。が、もはや網走は遥か彼方に…

当然、ちょっかいをだしてくる地元の
>>続きを読む

網走番外地 北海篇(1965年製作の映画)

3.9

網走刑務所を仮出所した健さん。仲間の頼みを果たす為にトラックを運転する羽目に。
怪しい荷物と男達を乗せ雪の中をひた走る。途中で複数の男女と出逢い更にドラマが展開。果たして結末は?
サスペンス色がちょい
>>続きを読む

網走番外地(1965年製作の映画)

3.8

白黒映画。
前半は刑務所内の生活、後半は脱走と逃避行を描く。この猛暑の中、クーラーの無い部屋で観てて多少涼しくなった。冬の網走は寒そう。それにしても本当に東京でオリンピックやっていいのかね…外人さん暑
>>続きを読む

網走番外地 望郷篇(1965年製作の映画)

3.1

てっきり網走での話かと思ったら長崎、健さんが網走を出て以前居た組に戻って来てのお話だった。
健さんと因縁ある卑劣な組とアラカン率いる喧嘩ご法度を目指す組との闘い。当然健さんはアラカン側。
網走関係無い
>>続きを読む

トラック野郎 熱風5000キロ(1979年製作の映画)

3.3

今回は木曽の山奥が舞台、材木運搬をする事になった桃さんの巻。

マドンナは山に相応しいワイルドっぽい小野みゆきさんで映画デビュー作かも。あまり上手とは言えない。今回は話のまとめ方が雑。シリアス度はやや
>>続きを読む

トラック野郎 天下御免(1976年製作の映画)

3.7

今回は四国が舞台。巡礼と養女、マドンナは由美かおるさん、ライバルは愛のコリーダ。由美さんに劣らず松原智恵子さんも美しす。

昭和の芸達者さん達がちょこちょこ出演しててそれだけでも嬉しい。相変わらず展開
>>続きを読む

スピーシーズ2(1998年製作の映画)

2.5

前作の生き残り2人が火星から地球に侵入したエイリアン退治を行う。
地球の切り札的な殺し屋としてマイケルマドセンが続投。それ程できる男とは思えないけど。
全体的に安っぽい作品。ナターシャさんは相変わらず
>>続きを読む

エンドレス・フィアー(2013年製作の映画)

2.5

ダメ女が森の中に拉致され、気がつくと周囲には土に刺さったパイプが数本。そしてパイプの中から人の声が…

ちょいとひねったサスペンス。事前に情報は無い方が良い。
しかし、なんとまぁ回りくどい方法なのかし
>>続きを読む

異人たちとの夏(1988年製作の映画)

3.6

お盆にでも観てはいかがでしょうか。親に想いを馳せ、うるうるする事必至。
幼い頃に亡くなった両親と過ごす夏。昭和、下町、懐かしくあたたかい世界。鶴ちゃんにはランニングが似合うし、秋吉さんは…最高。

>>続きを読む

その女諜報員 アレックス(2015年製作の映画)

2.1

オープニングの銀行強盗のシーンは良かった。犯人達の装備、銀行のカギ等が新鮮でした。
でもその後が…これじゃない感。

小説の「その女アレックス」は傑作だった。
それと全く無関係のこの映画。邦題考えた人
>>続きを読む

エスケープ・フロム・L.A.(1996年製作の映画)

4.0

CG?が笑っちゃうレペル。レベルじゃなくてレペルってレベル。最初の大地震で街崩壊のシーンがTVではカットされてた…地震大国への配慮か?

犯罪者や邪魔者が隔離されてる、大地震で島と化したL.Aにスネー
>>続きを読む

クロスロード(1986年製作の映画)

3.7

良い意味で不思議な作品。ロードムービーのようでありオカルト風味もあり。
ギター関連興味ゼロなのでそれらしい人がでても「ふーん、ギターウマいね…」くらい。マッチオ君しか知らず。

でも、映画自体は気に入
>>続きを読む

テレフォン(1977年製作の映画)

3.3

漢ブロンソン、米露を救う為に闘う。
アメリカにいる数十人の催眠療法されたソビエト破壊工作員。普段は普通のアメリカ人だが、ある言葉を電話で聴くとふらふら〜っと軍事施設を爆破しに行ってしまう。実に厄介。
>>続きを読む

男はつらいよ 幸福の青い鳥(1986年製作の映画)

2.1

座長が亡くなっていたのもショックだし、大空小百合さんが寅さんの事を分からなかったのもかなりショック。「車せんせぇー⤴️」って呼んでたのにさ。
更に言えば、今まで演じてた女優さんじゃなくて志穂美悦子さん
>>続きを読む

トラック野郎 御意見無用(1975年製作の映画)

3.4

キンキンの「長距離トラックの運ちゃんを題材にした映画を作りたい」
監督の「楽しい作品を作って映画館を沸かせたい」これらが結実して誕生した1作目。
勢いは有るけどやや雑な感じ。シリーズの原型。今作のマド
>>続きを読む

トラック野郎 爆走一番星(1975年製作の映画)

4.2

正月映画として完璧。よくもまぁ話を詰め込むだけ詰め込んで退屈する暇が無い。
マドンナはあべ静江さん。小倉一郎さんの代役で急遽出演したラビット関根さんいわく「当時の芸能界でダントツの綺麗さ」
バキューム
>>続きを読む

山猫(1963年製作の映画)

4.4

BSで観た。ランカスターさんがイタリアン貴族?と、思ったら違和感もなくお髭もダンディ。晩年の作品かと思ったらそうでもないんだね。
まぁ優雅&雄大な作品。栄枯盛衰の衰を自覚しつつ気高く生きる人物像が魅力
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.3

「ジャスティスの誕生」に比べエンターテイメント性の高い仕上がりだった。万人受けしそう。

バットマンとスーパーマンとワンダー以外は知らない。知ってる人には歓喜なのかな。アベンジャーズみたいなもんか。面
>>続きを読む

ジグソウ:ソウ・レガシー(2017年製作の映画)

3.3

ジグソウが生きていた?!
同じ手口で行われるゲームと発見されるゲーム敗者の死者達。
捜査にあたる二人の刑事と二人の検視官。果たして真実は?

ジグソウは間違いなく死んでるはずだし、その十年後の設定だし
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.2

皆さん急激に老けたなぁ。
話はそれなりに面白かったけど、西田さん筆頭に皆さんの健康面が気になってしょうがなかった。
1作目は青年期、2作目は壮年期、本作は中後期高年期な味わい。
お疲れ様でした。

ファンタズムV ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

3.1

1作目しか観てないので…
とにかく出演者全員、年とったなぁと。1作目から三十数年、悪の化身トールマンも「怖さ」より「健康大丈夫だろうか…」と心配になるくらい。そりゃそうだよ。
 
これを見る人も出来ば
>>続きを読む

危険な戯れ(1975年製作の映画)

2.2

確かにでてくるフランス娘は綺麗だ。惜しげも無く裸になってくれる。しかしそこにセクシーは無い。
スカートがミニでなくても、ソックスをはかず素足に靴…うん、セクシー。裸に黒のニーソックスのみ、更に言えば裸
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.8

日常生活に不気味なエピソードを盛り込み、盛り込み、不安感を増してゆく。後で思い返すとあ〜、そ〜ゆ〜事かとうまい具合に回収。いい出来だと思う。

ひと昔前なら被害者は白人が普通だったけど時代も変わったね
>>続きを読む

2010年(1984年製作の映画)

2.9

2001年の続編。
地球では米露戦争待ったなしの状況の中、米露混成チームによる木星探査。
モノリスの正体は?ディスカバリー号は?なぜハルは人間を殺したのか?宇宙で何が起きているのか?等々

ロイシャイ
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.1

前作は必須。面白かったけどジャンキーを救う為ってのが残念。大統領の方が正しいのにね。
前作からの人達があっけなく死ぬのには驚き。

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

2.2

ちょっと精悍なポアロさん。自慢のお髭はポアロ歴代1位かも。ついついお髭を見てしまいがち。

オーソドックスに真面目にまとめた感じ。ストーリーを知ってるのでどうしても刺激が無い。それはこちらの責任。に、
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

1.8

サモハンキンポー様から愛嬌とオーラとチンコを取ったアジアンビューティーことローズとフィン(だっけ?)がカジノに潜入した時、不覚にも眠気が…
まぁしょうがないね、ツマラナイのダカラ。

前作がep4の劣
>>続きを読む

飼育の森(2003年製作の映画)

2.4

戦時下のとある国。
3人の女性が森の中に逃げる。運良く1軒の家があり、女主人が親切に男達からかくまってくれる…めでたしめでたし(完)

当然それでは観てるケダモノ達が許すはずもないし、私も許すはずもな
>>続きを読む

人狼 JIN-ROH(1999年製作の映画)

3.7

暗いよ〜狭いよ〜重いよ〜
でもこの世界観は嫌いじゃない。戦闘服と銃撃戦がカッチョいい。しかし…この重さ、息苦しさは尋常じゃない。趣味で作ったのか?採算とれたのか?よく作ったよ。

死国(1999年製作の映画)

2.7

四国札所を逆に巡礼する「逆打ち」。死者の年齢分、逆打ちし死んだ娘を復活させようとする母親。娘の昔の恋人。ヒロイン。
逆打ちの設定に惹かれたけど、やっぱり恋愛感情絡みの湿っぽい話に。湿度85%位、高過ぎ
>>続きを読む

ダンテズ・ピーク(1997年製作の映画)

3.4

噴火パニックムービー🌋🌋
地震大国日本に暮らす身としては自然災害映画は観といた方がいいかもしれん、心の準備として。
意外性の無い展開だけど迫力もあるし退屈はしない。
「ボルケーノ」の車掌さんに肩を並べ
>>続きを読む

カンゾー先生(1998年製作の映画)

3.6

走って走って患者を診て廻る主人公。何でもかんでも肝臓の病と診断する為、カンゾー先生と呼ばれる主人公。実に魅力的な人物像。そんなお医者バカぶりを柄本明さんが実に巧みに演じている。
しかし…それら全てが麻
>>続きを読む

>|