とくまJAPANさんの映画レビュー・感想・評価

とくまJAPAN

とくまJAPAN

ほえる犬は噛まない(2000年製作の映画)

3.6

「格差社会チラチラ」

タイトルにもある通り、犬が重要なキーワードになる。
飲み会の後、カラオケでなぜかパトラッシュの歌を歌ってたり、エンディングもパトラッシュの歌のアレンジ変えたバージョンが流れます
>>続きを読む

がんばれ!チョルス(2019年製作の映画)

4.2

「骨髄バンクに登録しよう」

まさかこのジャケ写とタイトルで、骨髄バンクに着地するとは思わない。

前半は知恵遅れのおっさんと、白血病の女の子が旅する生ぬるいコメディ。

かと思いきや、後半急にヒュー
>>続きを読む

いつかギラギラする日(1992年製作の映画)

4.6

「全員めちゃくちゃ」

皆さんの要望一覧

ショーケンとその仲間
強盗しようぜ

金髪
盗んだ金でライブハウスのオーナーになるぜ

まいちゃん
私を見て

ヤクザの皆さん
殺して金を奪おう

バンドの
>>続きを読む

王立宇宙軍 オネアミスの翼(1987年製作の映画)

3.8

「メカニックの作画が全て」

前半はっきり言って大したこと起きないし、ずっと眠い、でも我慢して観てて。

ラスト20分で突然テンションマックス、戦闘機や戦車がどんどんぶっ壊れます。

そして震えるのが
>>続きを読む

HAZE ヘイズ(2005年製作の映画)

3.8

「狭い、苦しい」

コンクリートに囲まれた、狭い密室に閉じ込められた男の話。

狭いけど空間は広がっていて、縦向きになったり、横向きになったりするんだけど、ずっと苦しい姿勢できつい状態が続く。

ずっ
>>続きを読む

草間彌生∞INFINITY(2018年製作の映画)

4.0

「半世紀以上早すぎた天才」

この映画観るまでは、ちょっと派手なおばちゃんやなぁぐらいでしたが、もうやってること全てに前例がない。

1950年代に単身アメリカに渡って、私は画家として生きていくんだ、
>>続きを読む

北斎漫画(1981年製作の映画)

3.4

「突如始まるジジイコント」

シリアスなのか、ふざけてるのかよくわからん。前半は北斎の破天荒エピソード満載でグイグイ引き込まれる。

そして富嶽三十六景を描く旅に出た瞬間、40年の時が過ぎ去り、突然ジ
>>続きを読む

架空OL日記(2020年製作の映画)

4.0

「ご飯食べながら見るぐらいでちょうどいい」

そんなに真剣に見る映画じゃないけど、ずっと平和で楽しい。
こんな職場だったら毎日楽しいだろうね。
ところどころバカリズムの意地悪さが出てて良い。

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(2019年製作の映画)

4.0

「007の作法がわかりました」

初めて007シリーズを見ました。もう全編アクションゲームなんですね。

飽きさせないように突然爆発が起こったり、敵が現れたり、ちょうどいいタイミングで乗り物が置いてあ
>>続きを読む

ダージリン急行(2007年製作の映画)

4.2

「変な映画!だけど嫌いじゃないぜ」

三兄弟がなんとなく電車でインドを旅します。そんなに大事件は起きないし、大きな山場もありません。内容のある会話もなければ、登場人物も少なく、敵も出てきません。

>>続きを読む

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん(2019年製作の映画)

2.2

「欲張りすぎると薄まる」

ドラマ版では、大杉蓮さんがちょっとずつゲーム上達していくのが微笑ましくてずっと見てました。

あの感動を期待して、映画版も見てみました。

2時間しかないのに、ちょっと欲張
>>続きを読む

雨に唄えば(1952年製作の映画)

4.4

「自分の得意を生かせば、時代の変化にも対応できる」

20年ぐらい前に見た時の印象では、もっとのんびりした映画だと思ってました。

20年ぶりに見てみて、ダンスはキレキレだし、会話のテンポも早い、これ
>>続きを読む

ザ・ハント(2020年製作の映画)

3.0

「ハント=人狩り」

ただ人間集めて殺すだけ。開幕いいペースで人が死ぬんだけど、それだけです。

後半どんどん人が死ななくなって、最後ラスボスの女が弱えの。アクションも下手なの。尻すぼみのお手本。
>>続きを読む

君は永遠にそいつらより若い(2021年製作の映画)

4.2

「自分の問題と他人の問題を分けて考えよう」

前半は大学生あるあるが続く。そうそうこんな感じで自立してなくて、無駄にダラダラして過ごすよね。

好きな感じだけど、これがずっと続くとだるいなぁ、90分で
>>続きを読む

HOKUSAI(2020年製作の映画)

2.0

「北斎と柳楽優弥の無駄遣い」

HOKUSAIというタイトルだけど、種彦が主役でした。監督は表現の自由をテーマに扱いたいんでしょう。
だったら、わいせつコミック裁判とかを題材にすればいいのに。

本当
>>続きを読む

明日への地図を探して(2020年製作の映画)

4.4

「幸せの共有こそが人生の醍醐味」

こんな爽やかなタイムリープもの見たことない、優しい気持ちになれるわ。
この手のタイムリープものは「恋はデジャブ」という大先輩がいるから、そこを超えることはできない。
>>続きを読む

裏アカ(2020年製作の映画)

3.0

「 綺麗を売りにする女の子は大変だね」

タイトルとポスターから、裏アカやってたら本人特定されてひどい目に会う、みたいなサスペンスを想像してたんだけど全然違った。

FEEL YOUNG で連載してそ
>>続きを読む

アオラレ(2020年製作の映画)

4.0

「ラッセル・クロウかと思ったらマ・ドンソクじゃった」

信号待ちでちょっとクラクション鳴らしたら、でっかいおっさんに逆恨みされて追っかけられる。
キャーコワイー!

ラッセル・クロウの役作りが見事なん
>>続きを読む

シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション(2018年製作の映画)

3.6

「真夜中のパリでヒャッハー!のメンバーがシティーハンターのコスプレしただけ」

ということは楽しい予感しかしない! コメディーのお作法をよく理解した皆さんの楽しい コスプレパーティー です。何も考えな
>>続きを読む

新感染半島 ファイナル・ステージ(2020年製作の映画)

4.4

「マッドマックス+ゾンビ」
チーム戦のサバイバルゲームにしたら最高!

平日の昼間に IMAX で見てきました。 なんとお客さんは私のみ、完全一人でした。
本日レディースデイなのにおかしいなぁと思った
>>続きを読む

映画 えんとつ町のプペル(2020年製作の映画)

4.0

「空気なんか読んでる場合か」

リーダーシップが不足している日本人のメンタリティをよく表している。 たまたま今週読んだ 「採用基準」という本と同じテーマでびっくりた。

自分が価値あると思ったことはど
>>続きを読む

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

4.2

「キャスティング100点」

原作イメージ通りのキャスティングで最高。2時間に一通り詰め込んであり、原作を忠実に再現しててちょうどいい。岡田准一がマスクしたままのアクションシーンが多いんだけど、おそら
>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

3.0

「何のひねりもない真っ直ぐな一本道」

娼婦の娼で娼年だから、松坂桃李がおっさんにやられるのかなって期待してたら、出張ホストでおばさんとやるだけね。
成長の展開が早すぎるわ!
30分前まで覇気のない大
>>続きを読む

記憶にございません!(2019年製作の映画)

4.0

これこれこういう会話劇中心の三谷幸喜がいいんだよ。 派手な演出とか大仕掛け何にもいらんぞ。

アメリカ大統領のくだりが面白かった。なんで通訳の人こういう喋り方になるんだろうね。 あっー!大統領木村佳乃
>>続きを読む

野良犬はダンスを踊る(2015年製作の映画)

3.0

村上春樹みたいなオシャレタイトルに釣られて見ました。 近藤芳正が ベテランの殺し屋で主役だと!絶対に地上波のドラマじゃありえん設定。

まあ内容はよくある感じ。若手が頼りなくて、先輩が面倒見ててなかな
>>続きを読む

国際市場で逢いましょう(2014年製作の映画)

4.4

朝鮮戦争から現代までを駆け抜けた一人の男の人生。 韓国版フォレストガンプかな。

朝鮮戦争で家族が生き別れになったり、大人になって出稼ぎ先で色々なドラマがある。
ベタといえばベタだが、こういうわかり
>>続きを読む

片腕ドラゴン(1972年製作の映画)

3.8

異種格闘技と毒手の元祖なのかな。

敵が用意した10人の用心棒はそれぞれキャラが立っている。しかしテコンドーの達人だけ全然キック使わんし、なんも特徴ない。
あとインドヨガの達人も何か勘違いしてるみたい
>>続きを読む

十二人の死にたい子どもたち(2019年製作の映画)

4.2

自己開示は最高の問題解決方法

自己開示すればするほど、誰かが共感してくれたりアドバイスをくれたりする。

若手の演技派12人集まってそれぞれちゃんとキャラが立ってた。ストーリー展開も、飽きさせないよ
>>続きを読む

HOUSE ハウス(1977年製作の映画)

3.8

ファンタジーが過ぎるぞ!
ジャンルがよく分からんのよ。

結構おふざけが多くて怖がらせようとしてるとは思えないし、年頃の女の子いっぱい出てくる当時のアイドル映画なのかな?と思ったら池上季実子は簡単に脱
>>続きを読む

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

3.0

何者かが姿を変えながら、いろんな人間の形で歩いて追いかけてくる。
銃で撃っても死なないのにどうやって決着つけるんだろう?

何者かはずっと歩いてるので、車乗ったらだいぶ引き話せる。
でまた近づいてくる
>>続きを読む

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

4.0

自己肯定感さえ高ければ人生はうまくいく!

もうね、30歳過ぎたら顔そのものの作りはあまり関係ない。顔より顔つきで決まる。
自信持って堂々と振る舞えば魅力的に見えるからね。

そういうことじゃ!!

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

2.8

予算多めに使ったフジテレビの2時間ドラマ。

エンディングでヒゲダンのプリテンダーが流れる。本編と何も関係ねえやん。

ナイアガラ(1953年製作の映画)

3.0

マリリンモンローの出世作という期待で見たけど、意外と出番が少ない。
そして有名なモンローウォークは本当にちょっとだけ。

ナイアガラの滝の迫力がすごい、以上です。

孤狼の血(2018年製作の映画)

2.8

開始30分までがこの映画のピーク。
時間の経過とともに、どんどん小さくまとまっていく。
役所広司の出番終わったら目も当てられん 。最後の30分早く終わんねーかなと祈ってたわ。

硬派なヤクザ映画かと思
>>続きを読む

こんぷれっくす×コンプレックス(2015年製作の映画)

3.2

あんまり動きがないにアニメ。顔のアップ多め、表情の変化でお芝居してる感じ 。

中学2年生で、自分の好きなものが明確になってるって素晴らしいぞ!

男はつらいよ 寅次郎相合い傘(1975年製作の映画)

4.2

これは名作、何度見ても面白い。
笑って泣けるいつもの寅さん。

有名なメロンのくだりが最高だった。
リリーさんの啖呵もかっこいい。

>|