もさんの映画レビュー・感想・評価 - 3ページ目

も

点数は気分で変動します
目安2.0〜4.0 1.0、5.0は好悪の別

映画(245)
ドラマ(3)

ブルース・リー/死亡遊戯(1978年製作の映画)

3.0

伝説のバトルタワー

初めてブルース・リー見たのこれだから色々勘違いしちゃった。

詩季織々(2018年製作の映画)

2.0

どこに向けて作られた作品なのかが一切伝わってこない。中国向けなのか、日本向けなのか。題材に対しアニメーションがあまりにも日本的過ぎる。

「陽だまりの朝食」
一番ひどい。新海的郷愁を百倍希釈したような
>>続きを読む

ビバリーヒルズ・コップ(1984年製作の映画)

3.0

軽快な電子音とエディ・マーフィのハイトーンのミックスが心地良い。

かぐや姫の物語(2013年製作の映画)

3.5

猛々しくも美しい姫はどこへ消えたのか。月へ向かう彼女の色が薄れていくように、その存在は次第に消えていく。正直なところ竜頭蛇尾の一言に尽きる。

前半、アニメーション的な生の迸りにあふれ、生きることその
>>続きを読む

じゃりン子チエ(1981年製作の映画)

3.8

くだらないことで笑った後に残るものがある。どうしようもないのに嫌いになれないキャラがいる。人間を描くとはこういうことだと思える作品。

ストーリーは今の日常系アニメと大差ないかもしれないが、その緻密な
>>続きを読む

ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん(2015年製作の映画)

3.8

パズーとシータを足して割ったような主人公。物語もどことなく「ラピュタ」に近い感じがする。

非常に平面的でコンポジション(適切ではないか?)のような画が絵画に似た魅力を呼び起こすが、時折眼を見張るアニ
>>続きを読む

8 1/2(1963年製作の映画)

3.3

夢のシーンは素晴らしい編集美。
フェリーニとキリスト教についての研究はあるのだろうか。

(1954年製作の映画)

3.3

「母をたずねて三千里」を思い出す。もちろんこっちの方が先だけど。

やはり海辺のシーンが印象的。ザンパノが最も幸福で、最も不幸な瞬間。

海街diary(2015年製作の映画)

3.0

演技が学生演劇。

南極料理人を見た時も感じたが、邦画は間の取り方やキャラクターが漫画に寄ってる気がする。「3月のライオン」の亜種。

夏帆はめちゃくちゃ可愛かったです。

菅野よう子には脱帽。

めまい(1958年製作の映画)

3.3

機械の眼
人間の眼
主観
上からのショット
襲いかかる恐怖

劇場版ポケットモンスター キミにきめた!(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ポケットモンスターは2016年にゲームシリーズが20周年、続いて17年にはTVシリーズ、18年には劇場版が20周年を迎えることとなりました。
劇場版だけでなくゲームもTVアニメも大きく舵を切ろうとして
>>続きを読む

リズと青い鳥(2018年製作の映画)

3.3

学校という鳥籠に入るところから始まり、共にそこから出ていくことで本を閉じる。

のぞみもみぞれもどちらもリズであり青い鳥である。絵本の中の彼女らは声を同じくする。第三楽章はフルートとオーボエの協奏であ
>>続きを読む

たまこラブストーリー(2014年製作の映画)

3.8

カーテンのショットは素晴らしすぎた。
観客ともち蔵を窃視という共通項で同一化し、たまこの恥じらいと愛おしさを感じさせるだけでなくもち蔵の苦しさも同時に表現している。山田尚子おそるべし。

空の青さと青
>>続きを読む

(1963年製作の映画)

3.3

カットされたエンディングと、どっちが良かっただろう

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

3.1

こういう邦画は好き。
全編の緊張感とラストのクロースアップの語りは良かった。
顔と人格の積と差。さらにそこに第三要素としてのスマホを絡めてくれればより面白くなったと思う。

ポルカドットスティングレイ
>>続きを読む

南極料理人(2009年製作の映画)

1.0

コント番組とさして変わらん。
堺雅人の演技がアニメマンガ的というか、リーガルハイならキャラクターにあってたけど、“いかにも”な様が見るに堪えない。

映画的ウソが目に付いて物語世界への移入を阻害する。
>>続きを読む

ロッキー3(1982年製作の映画)

3.0

旧敵と組むというのはアツい。けどそろそろ飽きた。
ファイナルまで見れるかなぁ。

ゴースト/ニューヨークの幻(1990年製作の映画)

3.0

物に触れられないのに地面には立てる。

デミ・ムーア顔小さすぎ。

東京の女(1933年製作の映画)

3.3

本作以前のフィルムと比べるとショットの濃度が上がった感じがする。


系統は違うけど岡田嘉子と田中絹代どっちも美人。