Hiiiさんの映画レビュー・感想・評価

Hiii

Hiii

映画(520)
ドラマ(0)
アニメ(0)

好きにならずにいられない(2015年製作の映画)

3.2

邦題とポップなポスターがしっくりこない暗さだった!
フーシは優しいし、人のために自分が何かできる良い人。

最後まで暗いけど、狭い世界で生きていたフーシが、恋をして相手のために何ができるか考え、自分か
>>続きを読む

タリーと私の秘密の時間(2018年製作の映画)

3.8

えっ、本当にあのアトミックブロンドのシャーリーズセロンなの!?と思う18kg増量しただらしない体型が産後の主婦感を際立たせていてリアルに見える。

伏線からの結末、テーマ自体が実際に世界共通で起こり得
>>続きを読む

YARN 人生を彩る糸(2016年製作の映画)

3.3

作品中で、なんのアーティストかと聞かれて"かぎ編み"というとアーティストじゃないと言われると悔しがっていたが、ひと編みひと編みに込められた想いや、草や羊から紡いでできる糸そして作品になるまでの工程も含>>続きを読む

ヴィジット(2015年製作の映画)

3.7

祖父母の家に泊まりで遊びにきた姉弟。
徐々に感じる違和感とトラウマになりそうな異常さ。それでも年老いた祖父母だからと傷付けないように接するけれど…後半の恐怖とシチュエーションは大人でも怖い!
ハラハラ
>>続きを読む

フード・インク(2008年製作の映画)

3.3

安くて手軽に手に入る食べ物の理由にある生産の裏側と、人々の食生活に大きな影響を与えた大企業との生産者の関わり、手に取る食べ物について消費者として考えさせられる食に関わるドキュメンタリー。

日本の子ど
>>続きを読む

ルームロンダリング(2018年製作の映画)

3.5

主に渋川清彦が良いキャラで少しハートウォーミングなゆるっとした明るい雰囲気の事故物件映画。

幽霊が見える御子役、影がある役だけどムスっとした顔すらエライザは可愛い!

タイトルのルームロンダリングは
>>続きを読む

ニューヨーク 最高の訳あり物件(2017年製作の映画)

3.3

邦題合わなすぎ。『さよならニック』で良かったよ。チープなタイトルからコメディ感を連想するけど、同じダメ夫から若い女へ乗り換えられたもの同士がニューヨークの高級物件の同じ部屋で生活しながら女性としての自>>続きを読む

ターシャ・テューダー 静かな水の物語(2017年製作の映画)

3.6

アメリカの絵本作家で人形作家で園芸家のターシャテューダーのドキュメンタリー。

ターシャが大切にした暮らし、自然なものや手づくりのものを大切に使うという生活がとても素敵だった!

自分が大切にしている
>>続きを読む

八月の狂詩曲(ラプソディー)(1991年製作の映画)

3.4

黒澤明監督はこの作品で、実際に戦争を経験した祖母と子や孫世代と3世代のひと夏を描くことで、戦争やアメリカ人に対する感じの世代間でのギャップや、薄れゆく戦争の悲惨さ次世代に伝えることの大切さを描きたかっ>>続きを読む

ザ・エージェント(1996年製作の映画)

3.3

エージェント会社をやめて仕事で干されて上手くいかなくても、トムクルーズが演じればカッコ良いからダメンズ感が消えてしまう!仕事がなくなってもさわやか!

もっとバリバリ仕事ものかと思いきや、恋愛や家族の
>>続きを読む

みなさん、さようなら(2012年製作の映画)

3.5

昭和のあることをきっかけに団地から出られなくなった少年が大人になるまでの団地内ストーリー。

濱田岳がハマり役過ぎて他の人での配役は無理と思うレベル!

どんどん同級生が団地から居なくなっていく、他に
>>続きを読む

アバウト・シュミット(2002年製作の映画)

3.3

定年後に自分を見つめ直して変わっていく孤独なおじさんの話。

ジャックニコルソン好きで鑑賞。
こんな役もやってたんだ。
クセ強俳優だから、こんなにも孤独な役をやってもひとクセある。
ジャックじゃなくト
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

3.3

かなりハラハラした!臨場感半端ない。
カンニングでここまでやるか?
タイの格差あんなにすごいのかな?
金持ちはお金で解決しすぎじゃない?
みんな人に頼り過ぎ(苦笑)

賛否両論あるとは思うけど、リンは
>>続きを読む

テルマ&ルイーズ(1991年製作の映画)

3.4

仲の良い女2人でサンダーバード(車)に乗って週末初めての旅に出る。ひょんなことからどんどん犯罪を犯してしまう逃避行ロードムービー。

ニューシネマらしさを感じる、映画らしい映画で思い切りの良いラストが
>>続きを読む

BULLY ブリー(2002年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

KIDSのラリークラーク監督が描く実際にあった『ボビーケント事件』についての作品。若者の浅はかさやエスカレートする悪ノリみたいな怖さもリアルに描いている。(犯行後怯えて焦っている感じとかも)

映画に
>>続きを読む

リトル・モンスターズ(2019年製作の映画)

3.2

幼稚園児と先生と先生狙いの男が遠足に行く先でゾンビに遭遇する映画。

ほどよいくだらなさと、先生の明るい歌声、子どもたちのかわいさ、癒しの動物達、ブラックユーモア、歌いながら手を叩く怖過ぎないゾンビ達
>>続きを読む

ブルーアワーにぶっ飛ばす(2019年製作の映画)

3.2

期待してたよりも全てが中途半端に描かれていて、ブルーアワーもエモく感じなかったし、作品的に全然ぶっ飛ばさなかったな。
夏帆とシムウンギョンは良いのに描き方やキャラ設定が微妙であんまり惹かれない、、、
>>続きを読む

アシッド・ハウス(1998年製作の映画)

3.0

なんかエディンバラっぽい!
たまたまTSUTAYAで発見して鑑賞。タイトルも含めてトレスポみたいにドラッグ系強めかと思いきや、ハエになったり、なんかコメディ要素強めだった。

スパッド見たさに見たけど
>>続きを読む

夜明け(2019年製作の映画)

3.3

ラストが微妙だった。
息子と重ねて後取りにとか重いっちゃ重いけど、善意もあって居場所をくれたのに、
結局ぶち壊したり、過去も含めて何かあったら逃げてしまうから余計ややこしくなってたり。終始歯痒かったり
>>続きを読む

コーダ あいのうた(2021年製作の映画)

4.0

配信になってたから早速観て涙した。

タイトルのCODA(Children of Deaf Adults)は⽿の聴こえない両親に育てられた⼦どもという意味で、家族の中で1人だけ聴力がありみんなの通訳を
>>続きを読む

ミックマック(2009年製作の映画)

3.3

なんだか不思議な雰囲気もあり、作品中に出てくるピタゴラスイッチみたいな発明品のように緻密に計算された細かい仕掛けがたくさん詰まった映像か絵本の中みたいでとても可愛い!

武器製造会社を襲撃する反戦映画
>>続きを読む

朝が来る(2020年製作の映画)

4.0

生活力があり子を望むが不妊に悩む夫婦、気付いたら中絶できる期間も過ぎ14歳と若すぎる望まない妊娠をしてしまった女性、養子縁組団体ベビーバトン。

子を養子として受け入れた夫婦側の感情や、子どもを手放し
>>続きを読む

オール・アバウト・マイ・マザー(1999年製作の映画)

3.0

ペネロペが若い!可愛い!

不思議な運命の人たちの話。
シングルマザー、トランスジェンダー、いろいろな形の母親を描いたストーリー!
LGBT的な壁をとっぱらって面白く描かれている。個人的に、開演できな
>>続きを読む

目下の恋人(2002年製作の映画)

3.7

ずっと前に観て再鑑賞。
辻仁成が原作、脚本、監督
ちょっと変わった空気やときどき出る切なさ、明るい話し方のあかり、跳びきりの笑顔、どこか少しあたたかいようなさみしいようなそんな感じで好き!

鳥の鳴き
>>続きを読む

フラワーショウ!(2014年製作の映画)

3.3

最高峰のフラワーショウの舞台で、華やかな花や人工的なを使わず、自然の庭の良さを雑草とサンザシの木だけという型破りなアプローチで表現し、ショウの歴史を塗り替えたメアリーレイノルズの実話に基づく話。

>>続きを読む

MANRIKI(2019年製作の映画)

2.9

人に好かれようと作られていない好き放題表現している個性的な作品。
金子ノブアキが出てる&音楽担当してるから鑑賞。

正直ただグロいだけで意味分からなかった…、顔小さくする手術とか全体的なグロさがトラウ
>>続きを読む

LUCY/ルーシー(2014年製作の映画)

3.6

スカーレットヨハンソン好きで鑑賞。

最初はすごく怯えていたのに覚醒して無敵になっていく感じとスピード感、SFっぽさが詰まったぶっ飛んだ世界観わりと好き。

こんなストーリーにも合うスカヨハやっぱ良い
>>続きを読む

ベイビーティース(2019年製作の映画)

3.7

癌で闘病しながらも自分らしく魅力的な女の子ミラと薬中で孤独な生い立ちの青年モーゼスのいびつな青春ストーリー!
2人の関係のくっつきすぎない距離感の中で大切に思う気持ちや惹かれる気持ち、ミラの両親も交え
>>続きを読む

海を感じる時(2014年製作の映画)

2.4

"海を感じる"というより"闇"を感じました。

市川由衣は可愛いのに、あんな誰にでも自ら脱いだり男に依存して他に何もないですみたいな生き方の女、やだな。

そんな女と池松くん演じる"ボソボソ話すクズ男
>>続きを読む

リコリス・ピザ(2021年製作の映画)

3.7

音楽も含めて私が好きだろうと友達2人がおすすめしてくれた作品。

ヒロインHAIMの子じゃん!って姉妹も両親も家族役で出てて、監督のポールトーマスアンダーソンはHAIM姉妹の母親の教え子だったらしく、
>>続きを読む

ヴァージン・スーサイズ(1999年製作の映画)

3.4

美少女5姉妹の多感な時期の心情を描いていて、彼女たちの苦悩や感情を感じる作品。
やっぱりソフィアの音楽のセンスは最高で、感情の描き方が美しくて、男の子との距離感がなんだかドキドキしちゃう。

モンスターズクラブ(2011年製作の映画)

3.3

アメリカに実在した山奥の小屋で隠居生活を送りながら、小包爆弾を送り全米を震撼させたという、数学者ユナボマー(爆弾魔)をモチーフに描かれた作品。
男の内面と幻覚的な化け物を詩的かつ幻想的な雰囲気で描き出
>>続きを読む

うつくしいひと サバ?(2017年製作の映画)

3.4

石橋静香さんのコンテンポラリーダンスは惹きつけられるものがあった!

2話に分かれていて熊本県出身の監督・キャストで描かれた作品。くまモンも登場。
熊本弁がふんだんに使われている。
橋本愛の方は少しミ
>>続きを読む

ミスティック・ピザ(1988年製作の映画)

3.7

港町のピザ屋に働く3人娘(姉妹と親友のジョジョ)のそれぞれが幸せになろうと葛藤する姿を描いた物語。

無条件に観たあとHappyになれる話。

ジュリアロバーツも綺麗だけど、キャット役が好き。あの手の
>>続きを読む

ライフ・ゴーズ・オン 彼女たちの選択(2016年製作の映画)

3.1

ミッシェルとクリスティン観たくて借りたが、ただただ暗くて不幸感ばかりが漂ってメリハリがなかった。。。

結局なにが言いたかったのだろう。
そして彼女たちの思う感情は?

プランケット&マクレーン(1999年製作の映画)

2.6

ジャケで気になって鑑賞。

18世紀のイギリスで「貴族からしか盗まない」をモットーに悪名を轟かせた強盗団、プランケット&マクレーンの活躍を描いた作品。

ロンドンのどんよりした感じと展開の前半のもたつ
>>続きを読む

>|