Hiiiさんの映画レビュー・感想・評価

Hiii

Hiii

ハラがコレなんで(2011年製作の映画)

3.4

大きなお腹で活き活きとした姿で仕事する臨月の妊婦さんからパワーをもらった日にほんとにタイミング良く借りてたこれを観た!
後半やり過ぎた『粋』でネタでしかなくなってたし、ツッコミどころ満載のクスッと笑え
>>続きを読む

シャフト(2000年製作の映画)

3.3

この作品の元である『黒いジャガー』は観てないけど、サミュエルLジャクソン主演が気になって鑑賞。

ギャングとかラッパーみたいに『マザファッカー』多めで悪そうな見てくれの警察主人公と、白人の上流階級的な
>>続きを読む

0円キッチン(2015年製作の映画)

3.5

ガソリン代わりに飲食店などの廃油685.5ℓを使って走行距離5079km(ヨーロッパ5ケ国)に渡る食材救出人シェフによる美味しくて楽しいロードムービー!面白い取り組み!救出した食品690kg!

ゴミ
>>続きを読む

ポップスター(2018年製作の映画)

2.1

ナタリーポートマン主演だったので気になって観たのに。。。
ナタリーの魅力のかけらも消えている脚本と役の人間性。

学校での乱射事件のシーンは衝撃的だったけど、急に何年も歳とってクズ並みに変わり切ったセ
>>続きを読む

バッド・チューニング(1993年製作の映画)

3.2

夏休みに入る日の学校から初日の一夜の少し浮かれた高揚感とくだらないことしてても楽しそうな青春の輝かしい感じが、もう大人になってしまって戻れないからこそ羨ましい!

映画の中でかかる音楽が思ったよりカッ
>>続きを読む

シーズ・オール・ザット(1999年製作の映画)

3.6

レイチェルリークックがとにかく可愛い!
彼女メインの作品多分初めて観たけど、個人的に大好きなウィノナライダーをもう少し甘くしたような顔で、魅力がある女優さん。

高校のプロムの話。
ほとんどの人がクズ
>>続きを読む

バスケットボール・ダイアリーズ(1995年製作の映画)

4.0

やっと借りれた作品!
タイトルやジャケから想像付かなかった展開と結末に衝撃。意外と重い内容。
青春真っ只中のバスケ少年達から薬中ジャンキーへの墜ちっぷりがすごい。
原作者ジムキャロルの日記から作られた
>>続きを読む

ワイルド・ローズ(2018年製作の映画)

3.3

主人公のばつぐんの歌唱力と、キャスト全体の演技力(とくに娘役)は素晴らしかった!!

ただ、実在して成功した歌手の話じゃないと知り『なんだ』とがっかりした。主人公の行動が子どものようで努力も魅力も感じ
>>続きを読む

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

4.4

今更ながら観た名作。
すごく良い話だった。

すごい才能があるのに、育った環境から自己肯定感低めで変わらぬ人に心を開かずに自分を認めて守ってくれる友達との日々を過ごして変わろうとしないウィルが心理学者
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.8

今更ながら、劇場で観れなかったコレを今更ながら鑑賞。
フレディーマーキュリーがインド人だったのとか過剰歯で歯並び悪かったのとかバイセクシャルだけど別れても死ぬまで友達で居続けた妻がいたとか知らなかった
>>続きを読む

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

4.4

3回目の鑑賞だったのに3回目もほろりと泣いてしまった。名作!長いのに全くそれを感じない盛りだくさんなストーリーでキレッキレなインドダンスも歌も良い!

言葉が話せない迷子のシャヒーダがとにかく可愛すぎ
>>続きを読む

ペット・セメタリー(2019年製作の映画)

3.9

ただ怖いだけグロいだけじゃなく、スティーヴンキングが原作だからストーリーもしっかりしている。切ない部分もある。

スピード出して走るトラックですら怖いのに、凶暴になったチャーチも、エリーも、更には奥さ
>>続きを読む

そらのレストラン(2019年製作の映画)

4.0

美味しそうで楽しそうでおだやかな映画で心地良かった!

大泉洋が自然な感じで子どもに話しかけたりしてる姿にほっこりする。

自分たちが作った最高の食材(無農薬野菜、羊、魚、チーズ、トマト、乳製品など)
>>続きを読む

トレーニング デイ(2001年製作の映画)

3.2

1日でこの濃さと裏の裏まで見てしまった感がやばい。
デンゼルワシントンは話し方もやることも警官にちっとも見えない悪を演じ切っていた。それに比べてイーサンホークの戸惑いや不安そうな顔、正義を貫く姿勢が印
>>続きを読む

メゾン・ド・ヒミコ(2005年製作の映画)

3.9

10年以上前に観た作品。
この時期の邦画結構好きだな。
今更知ったけど、大好きなジョゼの監督×脚本のタッグで、音楽は細野晴臣さんだったんだ。そりゃ良い。

自分と母を捨てた父(ヒミコ)がゲイのための老
>>続きを読む

ヘイト・ユー・ギブ(2018年製作の映画)

4.5

無抵抗の黒人青年を白人警官が射殺した「オスカー・グラント事件」をヒントに書かれたベストセラー小説が原作で、人種差別問題の深刻さがリアルに描かれている。

幼い頃から両親に白人社会と共存するように教えら
>>続きを読む

タンポポ(1985年製作の映画)

3.6

たいめいけんでタンポポオムライスを食べた時に人から聞いてこの映画の存在を知った(笑)

サブストーリーにオムライスも出てくるがメインはあくまでもラーメンの話!
宮本信子演じる"たんぽぽ"に山崎努演じる
>>続きを読む

エリン・ブロコビッチ(2000年製作の映画)

3.5

離婚歴2回、3人の子持ち、口も悪いし、無学、無職、貯金額16ドルのシングルマザーが1枚の書類から大手企業PG&Eの環境汚染をあばき、史上最高額の若い金を勝ち取る実話に基づいた物語。

プリティーウーマ
>>続きを読む

スープ・オペラ(2010年製作の映画)

3.0

古い家のキッチンはとても魅力的であんなキッチン憧れる。
パンチやメッセージ性は薄いけど、孤独なほろ苦さと人と食事するあたたかさ、遊園地で踊るようなメルヘンチックな甘さがある。ストーリーは個人的に食堂か
>>続きを読む

ナイト・オン・ザ・プラネット(1991年製作の映画)

5.0

何度も観て大好きだけどまだレビュー書いてなかった、ジム・ジャームッシュにハマるきっかけになった作品!
私が好きそうだと人からおすすめされたらツボすぎました。

ひと晩の同時間に地球上5都市で起きるタク
>>続きを読む

イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ(2010年製作の映画)

3.6

バンクシーは自らを主役にすることなく、ストリートアーティストに敬意を払い追い続けて自分も見様見真似でアーティストになったティエリーを主役にすることで、ドキュメンタリーとしてよくまとまっている作品。さす>>続きを読む

ウスタード・ホテル(2012年製作の映画)

3.1

"人生に必要なのは恋と音楽とビリヤニだ!"ってキャッチコピーから、ビリヤニ好きとして観なければと思った作品。

謎な描写や、尺が長くて退屈な部分もある映画だけど全体的にはじいちゃんの教えとビリヤニを受
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.7

生まれながらにして顔が異形で整形を繰り返してもやっぱり人とはちょっと違う見た目を持っている少年オギーは、小学校に入り周りの子から好奇の目で見られいじめをうける。
友達に裏切られて絶望したりしながらも、
>>続きを読む

ブルーベルベット(1986年製作の映画)

3.6

久しぶりにDavid Lynch ワールドが観たくなって2度目の鑑賞。

退廃的描写、暴力的であり官能的な性描写、奇妙さと狂気、光と闇、センセーショナルな感情を肌で感じ取るようなリンチ独特のアート作品
>>続きを読む

ふたりの男とひとりの女(2000年製作の映画)

3.7

ジムキャリーは天才!!
二重人格役を演じてあんなにも顔を変えて切り替えられるのがすごい!
そしてパントマイムみたいな自分自身との取っ組み合いの喧嘩とか神がかっている!

下ネタと差別的なブラックジョー
>>続きを読む

ハルカの陶(2019年製作の映画)

3.4

陶芸家に弟子入りする話。
備前焼は使えば使うほど角がとれて丸くなる。心を閉ざしている陶芸家も弟子と関わることで人間性が丸くなる。

笹野高史さん演じる人間国宝のじいちゃんが良い味だしててあたたかい。人
>>続きを読む

デッド・ドント・ダイ(2019年製作の映画)

3.8

ジム・ジャームッシュ好きとしては、今までの映画のキャスト達が集結しているのと、小ネタが散りばめられていて嬉しかった!

アダムドライバーが顔色ひとつ変えずに淡々とゾンビをやっつけるとかシュール。

>>続きを読む

風のたより(2016年製作の映画)

3.5

"どうせ"が口ぐせの諦めがちな女の子が
おじいちゃんのカフェ再建を手伝い
自分にしかできないことを見つけて
風向きをゆく話。
大杉漣が安定の演技で、新人や無名に近いキャストばかりの中、作品全体に深みを
>>続きを読む

ショコラ(2000年製作の映画)

3.6

冬に合う作品。何度か冬に観た作品。

ジョニーデップがハマり役&カッコ良すぎて鼻血がでそうよ!✨❤️🍫

閉鎖的で新しいものを受け入れない町、どんなに差別をされたって批判されたって、同じことをするので
>>続きを読む

西北西(2015年製作の映画)

3.4

自分が知る範囲の小さな型に当てはめようとするから、相手が変だとかそういう差別や批判や偏見が生まれるわけで、自分は自分、人は人、それぞれで良いのになぜ攻撃するのだろう。
差別や攻撃する人は知識や狭い世界
>>続きを読む

ふきげんな過去(2016年製作の映画)

1.9

キャスト豪華なのに観てるこっちまでイラっとして終わった記憶しかない。

二階堂ふみがひたすら怒ってるんだけど、おもしろ要素が全く分からず、すごくがっかりした。

怒ってる人の声とか態度ずっと聞かされて
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.6

最初に見た時はシャロンテート殺人事件の実話を絡めてることとかスパーン牧場のこととか分からなかったから長くてラストにやっとタランティーノぶちかましてるなって思っただけだったけど、2回目に知識を入れた上で>>続きを読む

スラムドッグ$ミリオネア(2008年製作の映画)

4.0

トレインスポッティングの監督ダニーボイルの作品でミリオネア?と気になって鑑賞。
あの音やファイナルアンサーや50/50などミリオネアといえば日本では、みのもんたのイメージが強いけど…
正解すると一攫千
>>続きを読む

マイクロプラスチック・ストーリー 〜僕らが作る2050年〜(2019年製作の映画)

4.2

ニューヨーク市、 ブルックリン区のレッドフック地区の小学生がプラスチックはごみになってからだけでなく、 生産の過程でも地球環境を汚染していること、 そしてそれが気候変動に関わっていることを調査して、自>>続きを読む

スマグラー おまえの未来を運べ(2011年製作の映画)

3.3

グロかったのと高嶋弟がイカれてた印象しか残ってない。。。

妻夫木観たくて鑑賞。キャストが豪華。
人が良いのに不運に巻き込まれたりする役似合うな妻夫木さん。

拷問のグロいシーンが長すぎる。
そしてス
>>続きを読む

かもめ食堂(2005年製作の映画)

4.0

久しぶりに観たかもめ食堂!
以前観たのは16年前。大人になって観たら、前よりもっと好きになった!

レストランでもカフェでもないカジュアルで家庭的な『食堂』で流れる何気ない時間や人の関わりの中で生まれ
>>続きを読む

>|