ラッキーマウンテンさんの映画レビュー・感想・評価

ラッキーマウンテン

ラッキーマウンテン

映画(369)
ドラマ(0)

(2018年製作の映画)

4.0

時間が被ってる他プログラムを見ようかと思ってたけど、劇場公開がまだ決まってないと聞いたのでとりあえず観ておいた。
結果、めちゃくちゃ面白かったので良かった。

冒頭の導入、その発想があったか!というコ
>>続きを読む

仮面/ペルソナ(1967年製作の映画)

4.7

1秒も眠気が来なかったベルイマン作品。
ストーリー、演出、描写、演技、ファッション。全部好き。
最初の少年が何を表すかがわからないので、これから考える。

友人が自分をどう思っているか知らないときだけ
>>続きを読む

叫びとささやき(1972年製作の映画)

3.7

ビジュアルや人物描写、演出が優れているのはわかる。
が、どうも咀嚼しきれなかった。
きっと数年後に生誕祭だかデビュー○○年記念だかで特集上映やるでしょう。そのときまでに勉強しときます。おわり

マニフェスト(原題)(2015年製作の映画)

3.8

ケイト・ブランシェットが何役もを演じて既存の芸術に文句を付けていく映画。
という認識で合ってるかは知らないけど…。あの文句もとい評論自体は引用なんだっけ?
人間、メイクと演技で変わるもんだな〜と感心さ
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

3.7

正のパワーで動いている作品だった。
かと言ってさほど押し付けがましくないのが良かった。仕事帰りに観て正解。

主人公がエリートオタク気質で外界との接触がなかった割にコミュ力あるのがガチ根暗の私には理解
>>続きを読む

ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談(2017年製作の映画)

3.4

展開は好き嫌いが分かれそうだけど、個人的には嫌いじゃない。
ちゃんとホラーらしくドキドキ・ビックリは用意されてるので、夏だ!ホラーだ!という人は観て良いのでは。
でも1,800円出すかと言われると微妙
>>続きを読む

モニタリング(2017年製作の映画)

3.6

予告編の映像と音楽が好みだったので観に行ったら、予想通りのものが出てきた。
ストーリーは飛び飛びで「ご想像にお任せします」な部分が多いけど、こういう作品はそれでいいのだ。
中央へのこだわりと色使いは洗
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.2

朝10時から観てびーびー泣いてしまった。
実話を元にしつつ、エンタメに仕上げる手法は流石。
おふざけモードとシリアスモード、結構落差はあるはずなのに違和感なくまとめてるのはすごいな〜。
ところどころ明
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.4

映像は面白かったけどそれ以外は…。
ストーリー的には深夜アニメ見てる気分になった。奇跡も、魔法も、あるんだよ。
このおじさんはマイティソーの3作目に出てくるくらいでちょうどいいや。
敵がミッツ・マケル
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.7

MARVELの中で一番好きなソーシリーズ。まぁ他は大して観てないんすけど。
ところどころ笑いを挟むからやっぱり観やすい。
面白かったけどヘラのやっつけ方は雑なのでは?そもそもあれ死んでるの?わからん。
>>続きを読む

冷たい晩餐(2017年製作の映画)

3.0

酷評ばっかりだから鑑賞予約したの失敗した〜と思ったけど、面白かった。
タイトルに釣られた人からすると外れ引いた感じだろうけど、精神的胸糞映画が好きな人にとっては良いメシマズ食った!って気分になるのでは
>>続きを読む

ダーケスト・ウォーター(2017年製作の映画)

3.4

世界観は良いが退屈。でも嫌いじゃない。
ホラーとロマンスと鬱が三権分立しつつ、ところどころ絡み合う感じの映画。

シェイプ・オブ・ウォーターと比べられてしまうのはやむなし。
水ってとこは勿論、ヒロイン
>>続きを読む

ルイ14世の死(2016年製作の映画)

3.9

ところどころ寝たけど良かった。
死にそうな演技、最後の締め方が特に良い。おわり

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち(2017年製作の映画)

3.8

bunkamura最後の日、7月最初の日、つまり映画の日に観てきた。
bunkamuraはどうしても寝てしまうのでコメディのこれでも寝た。
でも途中から観てもなんとなく楽しめた。誰が誰だかわからないけ
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.8

期待しすぎた。けど面白かった。
みんな真面目なのか、あんまり周りが笑ってなかったから我慢した。けど最初っから飛ばしてる。
冒頭に出てきたイタリアンマフィアみたいな人、ロバート・ダウニーJr.に似てた気
>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

3.9

作中の出来事も人物も煮え切らない。散文的な作品で人を選ぶと思う。
私も嫌いじゃないが、これが世界一好きな映画だと人に言われたら戸惑うと思う。
しかし、前作のフレンチアルプスはよくわからなかったけど、今
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

3.8

大人の恋愛劇…みたいな宣伝を見たけど、こんな大人もこんな恋愛もやだね。
あ〜もうご自由にどうぞ!と上映中に叫びたくなった。まぁ映画自体は面白いんだけど。
モラハラ男とその姉にいびられる可哀想な女性たち
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.9

映画の出来どうこうじゃなく、私の性癖にビシバシ来る作品だった。犬だし。
この映画と私は前世で結婚していたのかもしれない。
そのくらい個人的には好き。
逆に、合わない人はとことん合わないと思う。
笑って
>>続きを読む

ラッカは静かに虐殺されている(2017年製作の映画)

4.1

そんじょそこらの自己啓発本よりもよっぽど自分を見直す良い機会になる。
とは言ったものの、平和ボケして日々ダウングレードを重ねる頭ではすぐに忘れてしまうんだろうな。それでも知ることができて良かったけど。
>>続きを読む

コードギアス 反逆のルルーシュIII 皇道(おうどう)(2017年製作の映画)

3.9

コードギアスの総集編として、また普通のアニメ作品として観るとよくできている。
ただ「劇場版三部作」のコードギアスとして観ると脇が甘いと思う。
ただし私の期待値が高すぎたというのはある。

元々のTVシ
>>続きを読む

イカリエ-XB1(1963年製作の映画)

3.9

パトリック萌え萌え映画。
登場時の「なんやコイツ…」感すら愛おしい。

途中までは時系列と人物がよくわからなかった。
ただの実験的SF映画かなと思っていたら、結構話の起伏もキャラ立ちもちゃんとしている
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.4

思ってたよりBL映画だった。
そして終わったあと周りから聞こえてくる感想が完全にオタク女のそれだった。
腐女子のシェア率が92%くらいあるのでは…。PG12でキッズがいない分、安室さん以上にシェア率高
>>続きを読む

動いている庭(2016年製作の映画)

3.5

正直に言って睡眠不足だったのと単調な映画だったために半分近く、もしかすると半分以上寝てた。
言ってることは良かったと思う。映像はもっと庭が見たかったなーと思うけど単に寝てて見逃しただけかもしれない。お
>>続きを読む

ぼくの名前はズッキーニ(2016年製作の映画)

3.9

内容は結構重かったが、それが嫌にならない仕上がり。
表情豊かでストップモーションアニメなのを忘れる。おわり

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.5

前作をとても良く活かした続編。ただし前作を観てなくても楽しめると思う。
とにかくパディントンが可愛いしさ…それだけでも十分観る価値はある。

相変わらずファミリームービーとしての高クオリティを保ちつつ
>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

3.9

ファミリームービーとしての完成度はかなり高いと思う。
物語を進めていく上で必要最低限の情報だけを入れているから大人向けの映画に比べると深みが足りないけど、それでもそこらの大人向け作品よりはよくまとまっ
>>続きを読む

心と体と(2017年製作の映画)

3.9

視覚をはじめ、五感に訴えかけてくる美しい映画。
味覚はそうでもないけど。
最初から最後までぶれることなく綺麗に終わる。
でも食肉工場が舞台だから一応グロ注意。それが良いアクセントにはなっているけども。
>>続きを読む

修道士は沈黙する(2016年製作の映画)

3.6

寝てしまった。bunkamuraはどうしてもダメだ。寝てしまう。
面白かったけど。あのオチは色々な取り方ができるね。

でも他の人が言うように絵本作家呼ぶのは違和感あるし、そもそも世界中のお偉いさんに
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.9

非公式だけどダンケルクの正統派スピンオフ。と勝手に思ってる。
まぁ方向性は全然違うけど。個人的にはこっちのが好き。
もっと言うと原題のDARKEST HOURってほうが好き。

細かい伏線や音楽の使い
>>続きを読む

村田朋泰特集ー夢の記憶装置(2017年製作の映画)

3.8

正直、ほっこりするだけの人形劇かなと思っていた。
が、予想を上回るレンジの広さ。とても良かった。
詳しくは言わないけど。おわり

>|