ラッキーマウンテン

ラッキーマウンテン

死者からの手紙(1986年製作の映画)

4.1

寝てはダメだ寝てはダメだ寝てはダメだ…と思いつつ満腹感に負けて寝た。
しかし、良い作品だったと思う。多分。
タルコフスキーやタル・ベーラと同じ系譜。まぁタルコフスキーの撮影やってたらしいから当然なんだ
>>続きを読む

さよなら、ぼくのモンスター(2015年製作の映画)

4.3

マッチョ、マッチャー、マッチェスト。そんなもん、クソくらえ!(でも言えない)って感じ。

ドラン、ドランと言われてるけれど、一体どこがドランなのか。
LGBTや家族を題材にした作品でポップミュージック
>>続きを読む

ダイ・ビューティフル(2016年製作の映画)

3.8

最初は時間軸・誰が誰なのかがよくわからなかったが、良い作品だった。

あれだけ普通のルートから外れた生き方でも、自分なりの筋を通した宗教観を持っていることに感心。
むしろそれがあるからやっていけてるの
>>続きを読む

ZOOM ズーム(2015年製作の映画)

4.1

最初がやや退屈だけど、中盤以降はぐっと面白くなる。
実写①と実写②と漫画の3つの世界がレイヤー状になって話が進むが、上手いことまとめている。
日テレで前やってたドラマ「泣くなはらちゃん」も面白かったし
>>続きを読む

プリズン・エクスペリメント(2015年製作の映画)

3.5

緊張感MAXのまま観終えた。
教授サイコパスかよ…と思うが、あの実験が有益だったことは否定できないし
それを題材にした映画を観に行く我々もまたサイコパスに片足突っ込んでるのかもしれない。おわり

ウィッチ(2015年製作の映画)

3.9

人間の弱さ、暗さ、その他色々を表した作品。
ホラーというかサイコスリラーというか…。

長男役の子の演技がすごくて、あのシーン(見れば多分わかる)が一番怖かった。
山羊も普段は何とも思わないけど、この
>>続きを読む

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(2016年製作の映画)

4.2

バレエを知らなくても楽しめる1本。
1人のダンサーを丁寧に追っている良作だけど、それ以上にポルーニンの踊りが素人でもわかるくらいすごい。
最後まで難なく見られるので構成や演出も悪くないとは思うんだけど
>>続きを読む

お嬢さん(2016年製作の映画)

4.0

日本人がHENTAIだからって、何もそれをモチーフにしてこんなスケベ映画作らなくても…。
中華料理からラーメンを進化させてしまった日本人と似たような業を感じる。とても良いと思います。

日本語が怪しい
>>続きを読む

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

4.1

心理ドラマかと思ってたのにぶっ飛んでる作品だった。
それでもキャストの演技と迫力だけで最後まで飽きさせずに見せてくる。
日本人のあの俳優さん、國村隼っていうんだな。よく見るすごい俳優としか思ってなかっ
>>続きを読む

霊幻道士 こちらキョンシー退治局(2017年製作の映画)

3.4

少年ジャンプ作品のダイジェストみたいな展開で良かった。
が、期待ほどコメディじゃなかった。
かといってアクションでもラブロマンスでもないし、色んな要素が箱入りの饅頭みたいに行儀良く収まっている感じ。
>>続きを読む

スレンダー 長身の怪人(2015年製作の映画)

3.0

ネタ自体には一定の怖さがある。
エンドロールが無駄に遅い。おわり

ジャバウォッキー(1971年製作の映画)

4.2

モノで何かを模倣してるわけだけど、「らしさ」を表現できているのがすごい。
そしてテンポがとても良い。作業用映像にも良さそうなのでDVD探して買った。
まぁあんま作業なんてしないけど。おわり

ローマ法王になる日まで(2015年製作の映画)

3.9

勝手にほっこりヒューマンドラマかと思ってたらエグめのヒューマンドラマだった。
心が弱い自覚のある人は見ないほうが良いかも。

アルゼンチン出身である現ローマ法王の経歴を辿る宗教映画なわけだけど、
今ま
>>続きを読む

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

2.8

絶賛!絶賛!大絶賛!というから期待してたけど…わからん。
ほのぼのとしているというか、全体的に冗長な感じがして前半は寝た。
思い出しても、そのエピソードいる?って箇所がちらほら。
そして父親の考えもわ
>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

4.5

冒頭のOP映像から非常に良い。
でもこうやって期待させといて見事に打ち砕いてくれちゃう作品多いからな〜と思っていたら、まさかの2017年暫定ベスト。

空想に浸る少年の成長をファンタジーを交えながら描
>>続きを読む

(2017年製作の映画)

4.1

日本の映画界は河瀬直美と西川美和に引っ張ってって貰えば良いんじゃないかな!
ということで永い言い訳と同じ点数。
大雑把に分類すると作風もなんとなく似てて、ここに男性監督を加えるなら是枝監督になるんだろ
>>続きを読む

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

3.7

サイコパスの人に対面したことないから分からないけど、私の想像上のサイコパスが見事に表されてた。
所々に流れるBGMもルー主観なのかハッピー寄りでそれが更に怖い。
監督もサイコパスなの?と思うけど、天才
>>続きを読む

セールスマン(2016年製作の映画)

3.6

多分、劇中劇の「セールスマンの死」を知ってるほうが良いんだろうな…。
視野が狭まっていって、どこに向かっても出口に辿り着けない感じ。すごく嫌なムードを保ちながら終わりまで引っ張っていく。
どうしても分
>>続きを読む

ポー川のひかり(2006年製作の映画)

4.0

途中寝たけど良かった。
しかしサラリーマンが見ると退職願を書きたくなるので良くない映画とも言える。
図書室の惨状、ショッキングだけど美しい画だったな。
日本にもワンカットでピザ買えるお店増えるといいな
>>続きを読む

KING OF PRISM PRIDE the HERO(2017年製作の映画)

3.4

映画として見ると完成度は低い。
出すべき情報、出さぬべき情報がめちゃくちゃで、話として完結させる気がないように見える。
それでもプリズムのきらめきを伝えようとする、監督の確固たる意志は見える。というか
>>続きを読む

LEGO(R) ムービー(2014年製作の映画)

4.2

面白かった。台詞回しとギャグがカジュアルで良い。
勿論子供も楽しめるだろうけど、レゴあるあるとか言葉遊びの小ネタが多い分、子供時代にレゴで遊んだ大人のほうが楽しめるかも?
これ見て楽しめない人とは仲良
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.1

いやーやっぱり映画見るなら洋画っすね、と思ってしまう1本。
ものすごく金かけて映画作ろーぜ!ってなったとしても、日本からこの作品は出てこないだろうな…と思う。
スケールが違う、を凌駕してくる作品だった
>>続きを読む

パーソナル・ショッパー(2016年製作の映画)

3.3

ドランの「たかが世界の終わり」に続く、2017年「で、だから何?」映画。
あくまで個人的な感想だけどさ。

とりあえず、ネタバレと情報開示のラインって微妙だよね!
あらすじだけ読んでから見ると「??シ
>>続きを読む

花戦さ(2017年製作の映画)

2.6

ポスターや広告からはコメディみたいな印象を受けてたけど、全然違う。
ほとんどは結構重ーい雰囲気で話が進む。
たまに「はいここ笑いどころですよ〜」ってシーンがあるけど、個人的には露骨すぎて興醒めだった。
>>続きを読む

メットガラ ドレスをまとった美術館(2016年製作の映画)

4.3

美しい服が沢山出てくるってだけでも見る価値はあるが、ドキュメンタリー映画として十分見応えのある作品になっている。
マックイーンの死を嘆くというやや感傷的な導入から始まり、それをひとつの基準として終わり
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

3.8

インドで興収1位だったりSNSで評判だから見てみたけど、それほどでもない。
それほどでもないとは言え、下手な映画見るよりは面白いけど。
それにしても「俺たちの反逆はこれからだ!」にすら辿り着かず「つづ
>>続きを読む

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

3.5

初めてのワイスピ。MX4Dで見た。
ドッタンバッタン大騒ぎ〜♪(聞いたことない)で、映画というかアトラクションだった。
というかあれだ、実写版マリオカートだ。どっちかっていうとクラッシュバンディクーレ
>>続きを読む

作家、本当のJ.T.リロイ(2016年製作の映画)

4.0

この作家については全く知らなかったけど、それでも楽しめる構成になっていた。
時系列がちょこちょこ飛んだりするので寝ずに見られる。まぁ寝る人は寝るだろうけど。

登場人物の名前が時折厨二病で、それが厨二
>>続きを読む

午後8時の訪問者(2016年製作の映画)

3.5

ダルデンヌめ、やりおったな!という歯痒さは相変わらず。
あーーーもうどうすりゃ人生ハッピーになるねん!!?しかし日常は淡々と続く。
そういうやり切れなさをパイ投げのごとく観客にぶつけて来る視点は流石。
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.6

初恋とリスペクトは紙一重。
どっちも塩水の味でしょっぱいね。

ラ・ラ・ランドを押し退けてアカデミーで作品賞を獲ったわけだけど、なるほど監督賞は逃したというのはなんとなくわかる。
良作だけど緩急に欠け
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます。

アニメ版のオタクで、ベルの実写はエマ・ワトソンではない!派だからMX4Dの特盛りで見た。
批判するなら見ないとね。作品自体は好きだし。
で、見た結果一言で表すと、アニメ版が俳句で、実写版はその俳句の論
>>続きを読む

マジック・イン・ムーンライト(2014年製作の映画)

4.2

めっちゃ面白いとは言わないけど個人的にはすごく好き。
同じエマ・ストーンヒロイン作品、教授のおかしな妄想殺人と比べると毒舌が多いけど毒の濃度自体は低め。

中盤からのコリン・ファースは、ネットでたまに
>>続きを読む

>|