ラッキーマウンテンさんの映画レビュー・感想・評価

ラッキーマウンテン

ラッキーマウンテン

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.9

冒頭のCGはちょっと残念。
あと他の人のレビューにあった、ゾンビなのに動きが速い!ってのが、ゾンビ作品の経験値が少なすぎるせいでよくわからなかった…。
でも確かにPS時代のバイオのゾンビとかは鈍間でし
>>続きを読む

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

4.0

おっ!ホドロフスキー、普通の人が観られる映画作れるようになったんか!と途中まで思ったけどそうでもなかった。
それでも周りの人はホドロフスキーを知らないようでも楽しんでいたっぽい。
リアリティのダンス観
>>続きを読む

太陽の王子ファラオ(1966年製作の映画)

4.2

最近映画の途中で寝てばかりいる。これも例に漏れず。
それでも観て良かったと言える。

ほんとにポーランド製?ハリウッドでなくて?と言いたくなる人間の量。
その量を上手く利用した、戦いの終わりの風景がと
>>続きを読む

ほら男爵の冒険(1961年製作の映画)

3.8

寝ましたが、映像美は中々のもの。
洒落も悪くない。男爵のキャラ、憎めなくて良い。
海底?海中?のシーンが好き。おわり

婚約者の友人(2016年製作の映画)

4.1

モノクロ時々RGB。
安定した美的感覚の元に撮られている感じ。音楽も良い。
ジジイ達の集いのシーンも渋さMAXで良かった。

ストーリーはモヤモヤしつつナチュラルに心を荒ませる系だから好き嫌いは分かれ
>>続きを読む

白いトナカイ(1952年製作の映画)

3.5

4Kすげえ!超きれいじゃん!というのが一番の感想。
雪原の風景は勿論のこと、魔女がトナカイになるという設定は北欧らしさに溢れていてとても良いです。
祭壇の光景は美しくもしっかり呪術めいた雰囲気が出てい
>>続きを読む

火葬人(1968年製作の映画)

3.9

映像と中々ぶっ飛んでる主人公は魅力的。
遊園地でつまらなさそうにしている主人公には笑いそうになった。
ただしところどころ寝た。そのせいかストーリーはわかってません。
不倫は世界共通で文化ってことだけわ
>>続きを読む

動くな、死ね、甦れ!(1989年製作の映画)

3.8

たまに「紛れもない傑作なのに自分には響かない作品」というのが出てくるけど、久々にこれがそれだった。
ところどころにハッとさせられるカットはあったのだけど、それ以上にはならず残念…。
でもものすごい熱量
>>続きを読む

泥棒役者(2017年製作の映画)

4.0

こぢんまりしている三谷幸喜という感じの作品。
だけど笑いもストーリーも感動も丁度良い優等生映画。
その分、ラーメンズの痛々しさがちょっと浮いてたかな…。

でも、とりあえず金に物を言わせたのではなく丁
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.8

オチは読めてたけど、どこでそれを使うかワクワクしながら見られた。
時系列が少しわかりにくいかもしれないけど、流されるままに観ておけば最後でわかるようになっている。
主人公のミス・スローン、完璧超人だけ
>>続きを読む

闇のバイブル 聖少女の詩(1969年製作の映画)

3.4

ハマる人はハマるであろう世界観。
作風はゴシックロリータだけど洋服はロリータ。たまにゴシック風の服も出てくるけどゴシックロリータではないかな。
ストーリーは一応あるようだけど映像が主役だろうから理解し
>>続きを読む

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

4.1

いわゆる大作映画はあまり観ていない人種だから、このタイトルは疑問を感じる。
「すばらしきハリウッド映画音楽たち」だろ!
とはいえ非常に密度が高くて楽しめました。

単純な作曲家の紹介だけでなく、映画音
>>続きを読む

立ち去った女(2016年製作の映画)

3.8

冒頭1〜1.5時間くらい寝てしまった。つまらないんじゃなくて、元々眠かったところにいつもなら耐えられるモノクロ映像が心地良くマッチしてそのままグンナイ…。
目が冴えてるときに行くべきだった。

中盤か
>>続きを読む

鉱 ARAGANE(2015年製作の映画)

3.4

他の人がちゃんとしたレビューを書いている。
やべー、私、小学生みたいな感想しか持たなかったんですけど…。や、やべー。まぁいっか…。

音がすごいです。
あの炭鉱?で働いてる人、すごく大変そうだなぁと思
>>続きを読む

我は神なり(2013年製作の映画)

3.7

冒頭観て、他の人のレビューにもあった「実写でやれば?」という感想を持った。
アニメならではの派手な演出もなく、現実世界をクソ真面目にアニメへ落とし込んだ作品。
でも観終わって、アニメだからこそリアリテ
>>続きを読む

映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!(2017年製作の映画)

3.5

諸事情で鑑賞。
TVアニメではそれほどでもないギャグ色が全体的に濃いめで驚いた。

ジャン・ピエールとキラリン、互いに教え教えられ…という理想の師弟関係で良かった。
シエルの我が強くて前向きな性格、お
>>続きを読む

コードギアス 反逆のルルーシュⅠ 興道(こうどう)(2017年製作の映画)

4.1

TVアニメの総集編+新規カットという作品は「よくまとまってるな」という感想しか出てこないものだと思っていた。
でも、やはり予想とは違うものをぶつけてきた。
まずはその攻めの姿勢が評価に値すると思う。
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.7

笑いあり涙ありかと思っていたが、笑い7真顔3涙0って感じだった。
女性2人との関係性がよくわからなかったが、なんか適当に良い感じにまとめてて良かった。
けど根本的なことは解決してないよね?まぁ簡単に解
>>続きを読む

汚れたダイヤモンド(2016年製作の映画)

3.9

冒頭から「好きなやつ来ちゃった…」と思った。
が、途中で退屈してしまい少し寝た。

復讐劇だけど、なんとなく主人公の成長日誌みたいに見えてくるのが不思議だった。
多分、主人公のダメ優男っぽい雰囲気と実
>>続きを読む

ディシューム J&K(2016年製作の映画)

3.8

海鮮丼にウニもイクラも大トロも伊勢海老も金目鯛も乗せましたって感じの全部乗せアクションコメディ。
でも全米(印?)が泣くようなシーンだけはなかったか。じゃあ伊勢海老抜きで…。

バディものはそんなに見
>>続きを読む

あさがくるまえに(2016年製作の映画)

4.3

思わせぶりなだけで泣かないタイプの感動映画だと油断してたら泣いた。
まぁ感動映画というには他の人が言うように淡々としてるけど…。
だからこそ感傷的なシーンが際立ってくるから、強弱のバランスが見事に取れ
>>続きを読む

人生フルーツ(2016年製作の映画)

4.0

取引先の人が勧めてて気になってたら、友人たちからも評判が良いので観た。
愛ってやつが沢山詰まっている映画だった。
結婚願望のある人が観たらより結婚したくなってしまう気がするから
そういう人はあんまり見
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.8

疲れた。IMAXで観たら、視覚と聴覚だけで500カロリー使った気がした。

最初はどういう構成で誰がどういう意図を持ってるかかわからなかったけど、
後半で強制的にドーパミンを放出させるような作りになっ
>>続きを読む

笑う故郷(2016年製作の映画)

3.8

スペインが舞台だと思い込んでたらアルゼンチンだった。どうでもいいけど。

予告編を見てブラックジョークが効いてる作品だとは思ってたけど、予想より辛口だった。
でも都会と田舎で暮らす人の意識の差って、あ
>>続きを読む

オーバーゲームズ(2015年製作の映画)

3.4

社会の授業の気分だった。
結論ありきで検証していくので、その結論を「ねーよ」と一度否定してしまうとダメなタイプの一方通行映画。

興味深い内容だったけど、難しいのと仕事帰りで疲れていたため寝てしまった
>>続きを読む

UFO少年アブドラジャン(1992年製作の映画)

3.8

映画としての完成度は高くない。ただ、真似したくても真似できなさそうな牧歌的センスの中に
fps視点(やられる側)やタルコフスキーを思わせるカメラワークが紛れてくるのは中々面白いと思う。
でも寝た。おわ
>>続きを読む

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

3.0

試写にて。
やっぱり大根監督は合わないや。
でもテンポ良いから出来は悪くないと思う。

水原希子のぶりっ子ぶりと脱ぎっぷりは良かったけど、正直合ってなくないか。
勿論可愛いんだけど、あかりはもっと甘っ
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.7

モヤモヤするけど心地良い。なぜなら他人事だから。という感じの映画だった。
カメラが結構ブレてて最初は少し酔った。

主人公の着てる服全部が買ってきたばかりのように綺麗。
フランス人もハマチ食べるんだな
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

4.4

脚本、演出、演技、映画の意義、どれもレベル高い。
が、今の日本では流行らないであろう是枝作品という感じ。
というか意義のある邦画は残念ながらあんまり流行らないよね。
受賞は逃してしまったけど、ヴェネチ
>>続きを読む

関西ジャニーズJr.のお笑いスター誕生!(2017年製作の映画)

2.6

ところどころでものすごい棒読みが入って、そこで観客の半分くらいがフフッと暖かい笑みをこぼすのが面白かった。
最後にミュージック○テーションが唐突に始まるのは目から鱗だった。
アイドル映画、変なポテンシ
>>続きを読む

キングスマン(2015年製作の映画)

3.9

予想外の展開だった。
流れは想像つくけど、まさかそんな!
上映中は起承転結の承転が2〜3回あるように感じた。

アクションは普段見ないせいか、最初のバーの乱闘とかはちょっと見づらいような気がした。
>>続きを読む

俺たち ポップスター(2016年製作の映画)

3.9

映画料金と90分をこの映画に費やして、一体何が得られるというのか?
でもそんなの関係ねぇ!楽しければ良いだろオッパッピー!って感じの作品。

他の人も書いてるけど、ラララ言えるかな♪君は言えるかな♪と
>>続きを読む

死者からの手紙(1986年製作の映画)

4.1

寝てはダメだ寝てはダメだ寝てはダメだ…と思いつつ満腹感に負けて寝た。
しかし、良い作品だったと思う。多分。
タルコフスキーやタル・ベーラと同じ系譜。まぁタルコフスキーの撮影やってたらしいから当然なんだ
>>続きを読む

さよなら、ぼくのモンスター(2015年製作の映画)

4.4

マッチョ、マッチャー、マッチェスト。そんなもん、クソくらえ!(でも言えない)って感じ。

ドラン、ドランと言われてるけれど、一体どこがドランなのか。
LGBTや家族を題材にした作品でポップミュージック
>>続きを読む

>|