よもぎさんの映画レビュー・感想・評価

よもぎ

よもぎ

2018年1月~
ワタシ 映画 チョットスキ✌️

映画(177)
ドラマ(1)

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

-

今回もタバ作戦は成功しなかった…。
でも矢口蘭堂は今回もとても美しかった…。
永久欠番ベストムービー。世界一短い120分。

2度目の地上波、マジ感動ですよ!👍👍👍👍👍👍👍👍👍👍👍👍👍👍

カエル少年失踪殺人事件(2011年製作の映画)

-

パンチの効いたタイトルに惹かれて~、と思ったらこれ実際に韓国で起きた未解決事件をベースにしていると知って俄然興味が。

韓国のとある田舎の村、カエルを獲りに出掛けた5人の少年が失踪し、15年後白骨死体
>>続きを読む

未来を花束にして(2015年製作の映画)

-

未来を花束にして、等と綺麗な邦題で飾り付けられているけども内容は苛烈で過酷。

20世紀初頭、工場で低賃金の為に朝から晩までボロボロになる迄重労働を強いられ、家では家事と育児を一手に引き受け、権利を求
>>続きを読む

テルマ(2017年製作の映画)

-

凄く静かでハッピーエンドな北欧版キャリーって感じの良ホラー。

北欧ノルウェーの静かで寒々しく美しい景色の中で徐々に浮き彫りになる少女の異端。
序盤は大学に通いながら一人暮らしするテルマと娘を心配する
>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

-

夜中に観てしまって自分に滅茶苦茶飯テロを仕掛ける事になってしまった…めっちゃキューバサンド食べたい…。(食べた事は無い)

フランス料理の有名シェフ・カールがブロガーに料理を酷評されて大激怒、結果店を
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

-

青春というものに馴染みの無い学生時代を過ごした人間なので青春映画とかキラキラしたやつは敬遠しがちだけど、これは凄く良かった。最高の青春映画。観て良かった。

家族の中に問題を抱えていて、学校でも隅の方
>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

-

怖いと聞いて!

遺体の解剖を行う遺体安置所が舞台、っていう設定だけでも良い不気味さ。グロテスクな遺体やリアルな解剖シーンが全編に亘って続く。
それだけあって、曰く付きの「ジェーン・ドゥ」の遺体は際立
>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

-

劇場予告で気になってたけど、予想してたより大分良いホラーだった!怖い!!!!
霊もだけど、人の歪みきった感じが凄く気味悪くて空気の澱んでる感じがゾクゾクする三幕構成の一幕、二幕がすっごい良くて、かと思
>>続きを読む

花と蛇 ZERO(2014年製作の映画)

-

鑑賞数に数えようか迷ったけど一応観たので記録。

………………………うん。って感じ。
調教ってなんだろう…?ってなった。究極のエロ~みたいに壮大に言う割にはビシビシ叩いてるだけでは…?ってなった。
>>続きを読む

(2013年製作の映画)

-

タイトルに惹かれて。
タイトルからして、って感じだけどもカニバリズムがテーマの映画。しかしカニバリズムのシーンはそんなに無く、残虐さもそれ程無い。
どちらかと言うと支配的な父に抑圧され、一族の伝統であ
>>続きを読む

震える舌(1980年製作の映画)

-

子供の頃から外で転んだりして出来た傷をそのままにしてると親や大人達から「破傷風になっちゃうよ~」等とよく注意された。だから破傷風という言葉は聞き覚えがあったけれど、どんな病気かは知らないまま大人になっ>>続きを読む

へレディタリー/継承(2018年製作の映画)

-

めっっっちゃ怖い。観た直後の感想が「ヤバいもん観ちまった…」な映画。
キャッチコピーの通り「完璧な悪夢」。ほんとそれ。

変わり者だった祖母の死を切っ掛けに遺された四人家族を襲う悪夢。
序盤、普通だっ
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

-

「魔法界の動きや歴史」に焦点が当てられていた二作目と比べて「ニュート・スキャマンダーと魔法生物達」が主に描かれている登場人物紹介の様なファンタスティック・ビーストシリーズ1作目。

ニュートの人間に対
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

-

なんかこう…色々ツッコミ所の多い、というかぶっ飛んだ感じの映画だったけど1番アレだったのは学校。

え、フランスの獣医さんの学校過酷過ぎでは…?上下関係体育会系並みだし品性がアレ過ぎて…私みたいなコミ
>>続きを読む

イット・カムズ・アット・ナイト(2017年製作の映画)

-

『何か』の感染が広がる世界で感染を逃れる為山奥の家に閉じこもる様にして暮らす一家。そしてある夜、『それ』が彼等の家を襲い来るーーー!
っていう感じのモンスター系パニックホラーを勝手に予想していたら全然
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

-

待ってました!!!👏👏👏

魔法界の描写が本当に綺麗で夢があってテンション上がるんだけど今回はホグワーツ城も出て来てテンション爆上げ…更に若かりし日のダンブルドアはジュード・ロウだし可憐なマクゴナガル
>>続きを読む

ぼくらと、ぼくらの闇(2017年製作の映画)

-

原題の通り、終始とてつもなく暗く深い闇に覆われて居る様な映画だった。

何処にでも居る『IT』のルーザーズクラブの様な、学校では冴えないながらもいつもつるんでる親友同士の彼等。
くだらないいつも通りの
>>続きを読む

愛の渦(2013年製作の映画)

-

舞台設定からしてエロしか無い話なのかな~、と思ってたら意外と色々な人間の間の抜けた部分だったり面白い部分だったり色んな人間模様が楽しめた。
池松壮亮と窪塚洋介良いっすわ~✨

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

-

物凄く切ない…。
突然死した男が幽霊になって遺した恋人を見守り続ける、っていうあらすじで予想していたよりも遥かに美しくて悲しい、切ない物語だった。

幽霊になった男は本当に只管声も発さず佇んで見守って
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

-

公開前から滅茶苦茶楽しみにしていた作品。しかし正直Queenの事は有名な曲1、2曲聴いたことあるかな…?位のレベルだったけど全然楽しめた!

作中で彼等が作り上げる曲達は何処と無く聴いた覚えのある曲ば
>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

-

いや、これ好きだあ……。

美しさが全てのショービジネスの世界でモデル達は顔も身体も作り換え、絶食し、全てを捧げて役を渇望する。
そんな世界へ突如現れたのは何の犠牲も払わず、ありのままで完璧な美しさを
>>続きを読む

アジア三面鏡2018:JOURNEY(2018年製作の映画)

-

「碧朱」の長谷川博己目当てに観に行って、その美しさに転げ回りそうにながら観て来ました。ありがとう。本当にありがとう。DVD化待ってます。

ビリオネア・ボーイズ・クラブ(2018年製作の映画)

-

正直推しであるタロン・エジャトン目当てで観に行った作品だけど、中々面白かった。

実際にあった事件を元にした話で、社交クラブBBCが一瞬億万長者に登り詰めてからの一気に転がり落ちて破滅までが面白い位あ
>>続きを読む

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

-

えっしんど……。
結婚も離婚も何処にでもあるありふれた話だけど、「永遠を誓い合う程に愛し合う二人」と「一緒に居る事も耐えられない程冷めきって愛も無くなった二人」を交互に観せられるのがこれ程しんどいとは
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

-

戦争物は普段観ないけれど気になっていた作品。

太平洋戦争時、沖縄本土決戦において75名もの米軍兵士の命を救った実在の衛生兵、デズモンド・ドスの物語。

デズモンドの幼少期~戦場に行くまでの中盤までは
>>続きを読む

旅猫リポート(2018年製作の映画)

-

滅茶苦茶泣いた…。
絶対泣かせに掛かって来るだろうと思ったしデトックス気分で泣きに行ったんだけど、引く程泣いた。涙と嗚咽と鼻水がもう大洪水のエラい事に。

ナナが…ナナが普段ツンツンしてるのに優しいし
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

-

ハロウィン用にと思ってレンタルしといて今になって漸く鑑賞。

映画館で観た時もスリリングでスピーディな展開から目が離せず手に汗握りワクワクドキドキしながら観て、ラストは号泣した傑作ゾンビ映画だけどDV
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

-

ポスターとか予告を観て私は「未知の生命体ヴェノムに寄生されて日常を破壊されるトムハ」を観に行った筈なのに「アクションド迫力のほのぼのアニマルバディムービー」を観せられていた感が凄い…。

色々駄目っ子
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

-

予想を遥かに上回って滅茶苦茶面白かった…!全編PC画面の映画って斬新~、ってだけで観に行くと滅茶苦茶ビックリする位よく出来た作品。凄い。

全編PC上で進行する手法はこの前観た「アンフレンデッド」と同
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

-

スティーブン・キング原作傑作ホラー。
大好き。劇場へも二回観に行ったけど無性に観たくなってまたレンタルしてしまった…何度でも観たい。

子供達のトラウマを的確に突いて畳み掛ける様に容赦なく追い詰めてい
>>続きを読む

アンフレンデッド(2015年製作の映画)

-

今月公開の「search」の全編PC画面だけで物語が進んで行く展開が斬新だと話題になって気になってたので似た様なやつを…。

これもFacebookやSkypeが主な画面で最後の一瞬以外全てPC画面で
>>続きを読む

エンジェル、見えない恋人(2016年製作の映画)

-

凄く綺麗で不思議な映画だった…。
ちょっと「シェイプ・オブ・ウォーター」っぽさがあるんだけど「彼」の姿が見えず正体も分からない分ファンタジー感が強くて、でも恋愛映画としての生々しさもしっかりある不思議
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

-

全く事前情報を調べずに予告面白そうだから~って観てみたら滅茶苦茶勘違いしてた。いや面白かったんだけども色々勘違いしてた。てっきりトム・ハンクス演じる編集長役がメリル・ストリープなのかと思ってた。

>>続きを読む

ハロウィン・レポート(2014年製作の映画)

-

ハロウィン直前、アメリカ各地に点在するお化け屋敷の中の最恐お化け屋敷を求めて仲良し男女5人がカメラ片手に旅に出る~というドキュメンタリー形式お化け屋敷ホラー。

中盤までの旅パートの多さでちょっと退屈
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

-

前から気になってたやつ、なんだけど凄く説明や感想に何言っていいのか分からない系の映画だ…!
この鑑賞直後に「私は一体何を観せられていたんだろう…」と宙を見つめて考えてしまう様な感覚は「カンフー・ヨガ」
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

-

すっごい映像美。滅茶苦茶綺麗。
全編CGだって言われた方がまだ理解出来る位に綺麗な画で構成されているけど、CGでは表現しきれないあの独特なキャラクター達の質感がとても良い。

和紙で作られている様な温
>>続きを読む