ystkさんの映画レビュー・感想・評価

ystk

ystk

少年の君(2019年製作の映画)

4.2

同級生の死をきっかけに向けられたいじめの矛先、孤独な少女は偶然出会った不良少年に救いを求めた。壮絶ないじめ、受験戦争に追い詰められた子供たち、困難な家庭環境、しんどいシーンばかり。それでも主演2人が心>>続きを読む

ダルバール 復讐人(2020年製作の映画)

3.9

復讐に燃える警察署長が、街中の悪人を皆殺し。スーパースター・ラジニカーント(御年70歳)の歌とダンスが冴え渡る、王道ボリウッドエンターテイメント。冒頭の殺戮シーンに始まり、ラブコメ、アクション何でもあ>>続きを読む

ジャッリカットゥ 牛の怒り(2019年製作の映画)

3.6

肉屋から脱走した水牛とそれを追う村人たち、インドの農村の牛追い騒動が暴く人間の本性。インド映画だけど歌もダンスもキメ顔も無く、あるのは延々と続く牛追いの中でトランス状態になっていく群衆と90分の狂乱。>>続きを読む

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

3.9

仮想空間<U>で歌姫となった女子高生とそこに現れた謎の竜、現実世界と<U>で巻き起こる誹謗中傷と正体探し。匿名インターネットの可能性と弊害の両方を示した作品で、目新しさは無いけど楽しめた。とりあえず映>>続きを読む

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

4.2

夜ごとバーで酔い潰れ、見知らぬ男に持ち帰られる女・キャシーは、かつて前途を期待された優秀な医大生だった。社会にのさばるグロテスクな(問題化されない)現実を映画で突きつける意欲作。凄かった。。このテーマ>>続きを読む

唐人街探偵 東京 MISSION(2020年製作の映画)

3.7

チャイナタウンの探偵コンビが東京を舞台に難事件解決に挑む。とっ散らかったストーリーのドタバタ劇、お金が潤沢に使われたド派手な演出とデフォルメされた東京が楽しい!国際色豊かなキャスティングもアジアの一体>>続きを読む

ブラック・ウィドウ(2021年製作の映画)

4.0

ナターシャはなぜブラック・ウィドウになったのか、その始まり、知られざる戦い。期待通りの良作だけど、ナターシャ・ロマノフの花道を飾る作品としては内容が軽いかも。本作はブラック・ウィドウのフィナーレではな>>続きを読む

ゴジラvsコング(2021年製作の映画)

3.0

前作で救ったはずの人類に襲いかかるゴジラ、何故か囚われのコング、人類置いてけぼりの頂上決戦が始まる。前作から人類の愚かさもレベルアップ、陰謀論を撒き散らす迷惑配信者、感化される若者、野望を抱くハイテク>>続きを読む

青葉家のテーブル(2021年製作の映画)

3.9

人気ECサイト「北欧、暮らしの道具店」によるWEBドラマの映画化。オシャレ雑貨屋が制作した作品という点でしゃらくさい印象だったけど(ごめんなさい)、ドラマも映画も良かった。青葉家の設定もオシャレ雑貨に>>続きを読む

スーパーノヴァ(2020年製作の映画)

3.7

長年連れ添ったゲイカップル、幸せな日々に影を落とすパートナーの若年性認知症。すべてを忘れてしまう前に、ふたりは思い出の地を巡る最後の旅へ出る。詩的で美しく、途方もなく悲しい作品。主演2人のファンである>>続きを読む

ビリー・アイリッシュ 世界は少しぼやけている(2021年製作の映画)

3.8

若くしてスターダムに立った少女ビリーの記録ではなく、ビリーと彼女を見守る家族の記録。彼女の楽曲の裏に潜む、家族の協力やそれぞれの思いが赤裸々に映し出されていて、Spotifyで楽曲を聴く程度の浅いファ>>続きを読む

1秒先の彼女(2020年製作の映画)

4.0

せっかちな郵便局員シャオチーは朝目覚めると謎の日焼けに身に覚えのない写真、恋する彼とも音信不通。失われた1日を探す、時間と記憶を巡るラブファンタジー。泣きも笑いもユーモアもラブもファンタジーもてんこ盛>>続きを読む

RUN/ラン(2020年製作の映画)

4.0

慢性の病で車椅子生活を送るクロエ、母親から寵愛を受けるもやがて母親から与えられる薬に不信感を抱く。毒親からの脱出劇、シンプルなプロットだけど「Search」のチームだけあって面白い。動かない足とネット>>続きを読む

逃げた女(2019年製作の映画)

3.5

「愛する人とは何があっても一緒にいるべき」という夫の信条に従った5年、夫不在時に旧友を訪ねてまわる人生の答え合わせ。観客の想像力に委ねられるスタイルで感想が難しい。そもそも”逃げた女”が誰で、何から逃>>続きを読む

クワイエット・プレイス 破られた沈黙(2021年製作の映画)

4.0

”何か”との戦いで大きな犠牲を払った一家は、救いを求め外の世界へ。面白かった!前作の前日譚となる”何か”の襲来を描くDay1(本作の冒頭)、日常が破壊される様が生々しくて怖かった。続編部分も家族の成長>>続きを読む

モータルコンバット(2021年製作の映画)

3.8

大ヒットゲーム原作、ドラゴンのアザを持つ選ばれし人間と魔界からの使者による世界をかけた戦い。中学生がノートに書き殴ったようなデタラメな世界観とX-menを彷彿とさせる異能バトル、頭を空っぽにして見れる>>続きを読む

Mr.ノーバディ(2021年製作の映画)

4.0

何者でもない男、家庭内でも蔑まれる地味な父親ハッチは、ある事件をきっかけに命を狙われることにー。めちゃくちゃ面白かった。茶番とかぬるい会話劇を排除して徹底的に暴力、正当防衛の名を借りた過剰な鉄拳制裁、>>続きを読む

アメリカン・ユートピア(2020年製作の映画)

3.7

デヴィッド・バーンと私。好きなミュージシャンのルーツを追う中で高校時代にトーキング・ヘッズに触れて、ソロはセイント・ヴィンセントとのコラボしかまともに聴いてない自分にあーだこーだ語る権利はないけれど、>>続きを読む

映画大好きポンポさん(2021年製作の映画)

3.5

映画制作の裏側を描くクリエイターズアニメ、大いなる映画愛がそこにはあった。映画制作の細かや作り手の覚悟をここまで描くかと驚いた、傑作という評判もわかるし、メタ構造的な展開もアガる。ただ、自分のアニメ映>>続きを読む

グリーンランドー地球最後の2日間ー(2020年製作の映画)

3.8

巨大隕石を前に人類はなす術なし、確実に迫る世界崩壊とそれでも生き残りたい人々を描くディザスタームービー。面白かった!ガンガン降ってくる隕石と同じくらい災害により炙り出される人間性は怖い。暴動、裏切り、>>続きを読む

アオラレ(2020年製作の映画)

3.8

仕事を失った主人公・レイチェル、苛立ちで鳴らしたクラクションが引き起こす悪夢の逃走劇。迫力のカーチェイスやスタント、ぶっ飛んだキャラクターがハマって面白かった!失う物のない無敵の男vs絶対に謝らない主>>続きを読む

クルエラ(2021年製作の映画)

4.1

101匹わんちゃんのヴィラン・クルエラ誕生の前日譚、デザイナーを夢見た少女エステラの変貌の記録。良かった!70年代ロンドンの街並み、彩る音楽、挑発的なファッション、全編を貫くパンクの精神。豪華キャスト>>続きを読む

ファーザー(2020年製作の映画)

4.2

薄らぐ記憶と身の回りで起きる異変、発言のころころ変わる娘といけすかない謎の男ー。認知症老人アンソニーの目線で描かれる不条理な世界。大好きなチャーリー・カウフマン作品にも通じる、記憶と認識と自己と他者を>>続きを読む

ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから(2019年製作の映画)

3.9

主人公ラファエルは作家として成功するも夫婦関係は破綻、大喧嘩の翌朝目覚めるとそこは夫婦の出会っていない並行世界だったー。SF×ラブストーリーの王道的な佇まいとフランス映画特有のエスプリの効いた小品。キ>>続きを読む

ジェントルメン(2019年製作の映画)

3.9

大麻事業を巡る騙し騙されの群像劇、初期2作の頃のガイ・リッチーが帰ってきたようなクライムサスペンス。タランティーノに成りきれないマイルドさもある意味で個性、犯罪映画なのにゴアもエロも無いのは新鮮。傑作>>続きを読む

くれなずめ(2021年製作の映画)

3.9

友人の結婚式のために集まった高校時代の仲間たち、2次会までの待ち時間に思い起こす過去の出来事。コメディとシリアス、リアルな会話劇とシュールな展開、身内ネタの応酬とわちゃわちゃ感がカオスな良作。共感出来>>続きを読む

ミッチェル家とマシンの反乱(2020年製作の映画)

4.2

スマホロボットの反乱で征服された世界、救いの鍵はたまたま家族旅行で難を逃れたミッチェル家。スパイダーバースの製作陣による最新作はめちゃくちゃ面白かった。遊び心のラッシュアワー、CGと手書きイラストがも>>続きを読む

監視資本主義 デジタル社会がもたらす光と影(2020年製作の映画)

3.6

テック業界の識者の訴えるSNSの危険性、多くが既知情報で「わかっちゃいるけどやめられない」状態だったけど、あらためて考える機会になった。

<メモ>
・SNSはデジタルおしゃぶり。
・顧客をユーザーと
>>続きを読む

オクトパスの神秘: 海の賢者は語る(2020年製作の映画)

3.4

貝殻をまとった不思議なタコと出会い、その姿に惹かれて撮影を始める映像ディレクター・クレイグ。マダコの寿命は約1〜2年、いつか来る終わりを知りつつ撮り続ける。タコの知られざる姿、その神秘に触れる優れたド>>続きを読む

SNS-少女たちの10日間-(2020年製作の映画)

3.9

幼く見える成人女性3人が「12歳女子・友達募集」の設定でSNSを開始したらどうなるか、未成年者を取り巻く性的搾取を描いたドキュメンタリー。延々と人間の負の面を見せつけられる地獄のような作品だけど、問題>>続きを読む

街の上で(2019年製作の映画)

4.5

古着屋に勤める青年・青の前に現れる女性たち、彼女にフラれ失意の日々に訪れる小さな物語。古着屋で、古本屋で、ライブハウスで、ラーメン屋で、カフェで、馴染みのバーで、何でもない日々、下北沢で交差する人たち>>続きを読む

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

3.8

妹の結婚式にいた男性との逢引きをきっかけに始まるタイムリープ、老いや貧困から無縁となった2人の無限の今日。繰り返されるリゾート地での日々に羨ましさもありつつ、”今日”抱えている罪悪感やタスクからは永遠>>続きを読む

ザ・スイッチ(2020年製作の映画)

3.8

ひょんなことから連続殺人鬼と魂が入れ替わった女子高生、自らの身体を取り戻すべく仲間と共に学内に紛れこんだ殺人鬼を追う。既視感もあるけど、学園モノのお作法もコメディの楽しさもスプラッター要素もてんこもり>>続きを読む

隔たる世界の2人(2020年製作の映画)

3.9

帰り道に白人警察に殺された黒人青年が、目覚めるとまた同じ日を繰り返すタイムリープドラマ。家に帰りたいだけの黒人青年と黒人を絶対殺す白人警察。あらゆる行動パターンを試しても殺されてしまう黒人青年の抗えな>>続きを読む

ザ・ライダー(2017年製作の映画)

3.7

人生を賭けたものを失った後に人はどうする?という普遍的テーマを、ロデオで致命傷を負い二度と馬に乗れなくなってしまったカウボーイの視点で描く。広大な自然と空、淡々と続く日常、その生き方しか選べなかった人>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

4.0

リーマンショック後、仕事と家を失った老女は車上生活者として生きる道を選ぶ。ホームレスではなくハウスレス、貧困や社会との断絶ではなく定住しない自由や画一化出来ない生き方を描く。短期労働を繰り返しながら街>>続きを読む

>|