はなっちさんの映画レビュー・感想・評価

はなっち

はなっち

映画(1716)
ドラマ(120)
アニメ(0)
  • List view
  • Grid view

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

時間経過が新しい切り口。
表情、言動、目線など2人の演技は素晴らしい。
ラブストーリーではない、と前置きがあるが、立派なラブストーリー。

マーシャル・ロー(1998年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

デンゼル・ワシントンが体当たり演技で良い。逆にブルース・ウィリスの静かな演技は、早々と悪玉を感づかせるもので、もう少しイスラム原理主義者を追求して欲しかった。

エリザベスタウン(2005年製作の映画)

3.0

キャメロン・クロウの演出はとにかく音楽。
青春のほろ苦さも甘さも…アイスクリームのような儚いもの。

エンド・オブ・キングダム(2016年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

市街地のテロのシーンやパニックシーンで、通行人やジョギングしてる人の横でカーチェイスしている。もう少し緊張感があるシーンにして欲しかった。きっと普段のシーンとの合成なんだろう。
ストーリーの着眼点や展
>>続きを読む

6デイズ/7ナイツ(1998年製作の映画)

2.4

緊張感の無い漂流もの。
海賊も中途半端。
この作品、コメディなのだろうか。

ミリオンダラー・アーム(2014年製作の映画)

3.8

実話。
インド人のメジャーリーガーがいた事にビックリ。
最初は金のため、仕事の一環が、最後は愛情に変わっていく。
何か困難に立ち向かっている人に見てもらいたい。

エンパイア・オブ・ライト(2022年製作の映画)

3.8

静寂な映像の中にも確固たる主張があり、時代を反映させた工夫もある。
今の時代にこの作品を観ることは80年代初頭ねイギリスを感じながら普遍的な愛と新たなる旅立ちの讃歌である。

ナッシング・トゥ・ルーズ(1997年製作の映画)

2.6

黒人と白人の行きずりコンピのコメディ。
銃が見えただけで強盗と間違えるコンビニの店主。
あのシーンがアメリカなんだと思う。
マーティン・ローレンスがお人好しでハートフル。

Dr.コトー診療所(2022年製作の映画)

2.8

ドラマの延長版。
初見の人は人間関係が難しい。
離島の医療問題を、インターンに訴求させる演出。それは、外の世界から見た無医村問題の警鐘だ。

ジョー、満月の島へ行く(1990年製作の映画)

1.2

スピルバーグってこういう作品はダメだねー。
コメディなのかラブストーリーなのか、よくわからない。
火山から海へ、なんてナンセンスすぎるし、笑うこともできない。
メグ・ライアンも3役もやる意味があったの
>>続きを読む

カムイ外伝(2009年製作の映画)

1.5

原作のほんの一部を映像化しただけ。
部落差別の本質に迫るわけでも無く、やりすぎのCGとワイヤーアクションで、日本のエンタメはこんな程度と言わしめる作品。

デーヴ(1993年製作の映画)

4.0

すり替える面白さ。
しっかりとはまっていく悪者。
よく出来た脚本で、上品な笑い。

パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー(1998年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

ロビン・ウィリアムスの演技が冴える。
本人ではないかと思うほど。

彼女が殺されてからの葛藤をもう少し長く撮っても良かったかと思う以外、満点。

憧れを超えた侍たち 世界一への記録(2023年製作の映画)

4.5

感動できるドキュメンタリー。
ドラマ以上のドキュメンタリー。
裏話も沢山知っているから、見ながら感動の答え合わせができる。

ウェディング・ハイ(2022年製作の映画)

2.6

こまぎれのエピソードが重なり合うストーリー展開。
バカリズムの頭の中が緻密に再現される。
演者の力量が試される。
職業の暴露系で「ハッピーフライト」のような演出か。

シャイロックの子供たち(2023年製作の映画)

3.5

松竹が製作しているからか、とてもわかりやすい演出で勧善懲悪の形で終わる。しかし、日曜劇場の方が攻めている気がする。

見やすい半沢直樹。

ユー・ガット・メール(1998年製作の映画)

2.8

デート映画。メールやチャットでドキドキするなんて今の子がみたら、笑われてしまう。
メールなら素直になれるのに…

モバイル中心の2023年に見ると、メールの立ち位置が変わってしまっているが、中々通じ合
>>続きを読む

ファースター 怒りの銃弾(2010年製作の映画)

2.0

復讐劇はわかるが、ドライバーだった男が大胆な殺しができるのか。
ハンサムな殺し屋の存在が意味不明。
冴えない警官との絡みだけで十分では。
トム・ベレンジャーも無駄遣い。

余命10年(2022年製作の映画)

3.2

小松菜奈の身体を張った演技。
四季折々の綺麗な風景。
丁寧に作られた作品。

13時間 ベンガジの秘密の兵士(2016年製作の映画)

2.5

襲撃される理由が曖昧。
本当はイスラム教を卑下した内容の映画上映したことによるもの。その点については現場ではあまり話題になっていない。
誰が味方なのかは、わからないというゲリラ戦。
真実の物語。

悪の法則(2013年製作の映画)

2.0

誰一人として共感できない存在。
キャメロン・ディアスが悪の元締め。
アメコミの魔女のようだ。

アオラレ(2020年製作の映画)

2.6

ラッセル・クロウのサイコパスな演技。
人々を洗脳していく怖さ。
どんどん人を殺していく。
警察が中々動かないのも恐怖。
後味の悪い作品。

武士の献立(2013年製作の映画)

2.1

平坦なドラマ。
加賀騒動のくだりは、もっと詳しくて良いのでは。ナレーションで展開説明は無理があるのでは。

パワー・ゲーム(2013年製作の映画)

2.5

嘘に嘘を重ねて、本質が見えなくなる。
スパイの裏をかく企業。その斜め上から裏切り者はプライドを崩される。

ゲイリー・オールドマンとハリソン・フォードの静かな戦い。

コード211(2018年製作の映画)

2.5

途中までは緊張感がある展開だったが、銀行強盗が仲間割れをした訳では無いのに、人質と共に1人ずつ出てくる不可解な行動に疑問。
あと、1年後の強引なハッピーエンドはまだしも、黒人の高校生のイジメは解消され
>>続きを読む

SHE SAID/シー・セッド その名を暴け(2022年製作の映画)

3.9

ジャニーズ性加害が騒がれている中、アメリカのセクハラ王・ハーベイ・ワインスタインを暴く映画を鑑賞。
ハラスメントは許されるものではなく、加害者は徹底的に断罪する世の中の人システムを作らないとね。

花と蛇 地獄篇(1985年製作の映画)

2.5

麻生かおりの泣きの演技が難。いかにも目薬を振りまきましたって感じ。
スタイルが良く美人だが、麻吹淳子と比較すると情念の演技がいまいち。
平泉成が責め師役だが、状況的に不可解な立ち位置になる。

浅田家!(2020年製作の映画)

4.0

母が息子の頬を打つシーン。
私も痛い!でも大切な事があるから行かなければならない事を理解する母。
名シーンだ。
黒木華からのプロポーズ?シーンも名シーンだ。

とんび(2022年製作の映画)

4.0

昭和から平成、令和へとある家族の一大叙事詩である。140分の長さを感じさせない脚本の出来は素晴らしい。不器用な父親とその仲間たちに育てられたアキラの成長記録は親父の記録でもある。

ゴッドファーザーPART II(1974年製作の映画)

4.0

パラレルで物語が進むので、話が複雑になると思いきや、意外とシンプル。
ファミリーと血という2つのキーワードさえ忘れなければ。

レディ・キラーズ(2004年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

どこまでもポンコツなんだけど、全然憎めない詐欺師たち。
敬虔な黒人クリスチャンのお婆さんという鉄壁を崩せないもどかしさが面白い。ちょっと現実離れしすぎているが、良いコメディ。

トゥルーライズ(1994年製作の映画)

3.0

ちょっと抜けたスパイ映画。
「デイ&ナイト」とか「Mr.&Mrs. スミス」的な面白さ。
金が使い放題の時代の映画は観ていて気持ちいい。

隣人(1992年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

保険金詐欺。前半は緊張感もあり、ひきこませていくが、夫婦交換という突拍子もないアイデアから嵌められていき、果ては自分の奥さんが隣人に心変わりしていくところは、出来過ぎの内容。
で、さいごは元サヤって、
>>続きを読む

ハスラー2(1986年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

トム・クルーズはガキ。ポール・ニューマンはその成れの果てというところでしょうか。
音楽がロビー・ロバートソンなので、彼の人脈で固められたヒット曲満載です。

ラストキング・オブ・スコットランド(2006年製作の映画)

3.6

フォレスト・ウィテカーとジェームズ・マカボイの圧倒的な演技力。
ウガンダ、アミン大統領の独裁を綴っているが、ワンマン経営者の会社ってみんなこんな感じという気がする。

プルーフ・オブ・ライフ(2000年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

救出劇。
ラッセル・クロウがエリート会社を捨て、人妻のために人助け。
結局実らぬ恋。
これってハードボイルド的な展開?
メグ・ライアンも感情ぐちゃぐちゃだね。

>|