カーネル

彼岸島 Love is overのカーネルのレビュー・感想・評価

彼岸島 Love is over(2016年製作のドラマ)
2.1
乗りかかった船案件
1番良かったのはオープニング主題歌。
m-fro feat シシド・カフカ
が最高に良かった!

前シリーズからの、繋がりもよくわからないまま、更に怪物バケモノ怪人要素が強くなる。製作費は潤沢だったのだろうな。なのに安っぽく見えるのは不思議。
ストーリーはどうでも良くなってしまった。
白石隼也のアクションが身体の仕上がりとともに(顔から幼さがなくなった)パワーアップしていたのでポイントアップ。逆に、栗原類君は色気がなくなりcheap感が残念極まりない。
山下リオからのキャスト変更は痛かった。
どうせならもっと弓を引くのがカッコいい人にして欲しい。
阿部翔平演じる西山のキャラ変について行くのが大変であった。
鈴木亮平演じる篤は、なぜオレンジ色のパーカーに拘るのかが、謎だ。(明もいつの間にか革ジャンでカッコよくなってるし)

最後の白石隼也の疾走シーンで元は取れた

彼岸島の一番早い作品である石黒版映画も、雅役が山本耕史という事で興味が湧く。怖いもの見たさ(色んな意味での)で、トライしてみるか