BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係のネタバレ・内容・結末

「BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係」に投稿されたネタバレ・内容・結末

頭に銃弾を受けたことで死者が見えるようになったから、彼岸と此岸で“BORDER”だと思ってたら、正義と悪で“BORDER”だったのか…最終回辛すぎて大変でした。
小栗旬さん演じる石川が精神磨り減らして目が危なくなっていくの、周りの人たち、表社会も裏社会も心配になるのわかります。
救えなかった人を目の当たりにして交流もして、でも死後でも救えなかったとなると…その辛さは周りと共有することなんて出来ないから石川は静かに壊れていくしかない。

途中の中村達也さんも怖かったけど、最終回の大森南朋さん圧倒的な狂気でした。
言ってる事おかしいのに、間違ってないように語られると何も言い返せない。目が座ってるし。
越境。。

立花さんは正しい良い人だったし、比嘉さんも好きでした。波瑠さんこういう役の方がいい。
市倉さんは昔の自分を見てるようで、石川を心配してたのかな。
サイモン&ガーファンクル、仲良いんだと思いました。スズキさんや赤井さんもいい。

スペシャルドラマ、これの続きだとしたら観るのに勇気が必要ですが観ます。石川どうなるの。。
ふんわり感想です。

小栗旬主演のダークヒーローものですね。死人が見える能力に目覚め、それを頼りに犯人を捕まえていきます。そして、最後はきっちり小栗旬が闇落ちエンド。

相棒役の青木崇高、検視官の波瑠(可愛かった…笑)、上司の遠藤さん他、皆んな良かったです。

ドラマスペシャルの贖罪まで見てきっちり完結する感じですので、是非そこまで見ることをおすすめします。
死者と話ができる設定が面白い

どんどん生気を失っていく小栗旬にハラハラする
予備知識なく見て「面白かったー!」と思ったらスタッフロールに「脚本 金城一紀」が出てきてびっくり。
「GО」読んだから小説家のイメージ強いけど脚本家としてホント才能ある。今じゃこっちの方が有名か。

1話完結型サスペンス。金城脚本のドラマは基本ストイックというか、泣かせよう泣かせようって前面に出てないのがいい。
話は考えさせられるものが多く、特に3話はずしんときた。

「本物のヒーローは誰の命も奪わない」
「死んで当然の人間なんていない」

後者はフィクションでさんざん使い古された言い回しだけど、最初から見てると響きが重い。
殺されて当然の悪党はいるかもしれない。死んで当然の人間はいない。
その悪党が本当に改心して人間に戻ってたら、殺すのは正義じゃない。絶対に。

……というかあの団地の人間ずっと住んでたのに加害者が子供の頃虐待されてたの気付かなかったのか。
自治会長なんて数十年住んでたのにスルーか。
刃物で切り付けられてるのに何も気付きませんでした、全然わかりませんでしたはさすがに無理。
そう考えたせいか「いやお前ら加害者責めるだけじゃなくて加害者を生んだ自分たちの無関心自省しろよ……」と突っこんでしました。

毎話この手のモヤモヤがいい感じの後味悪さを出している。

立花と石川のじゃれあいが可愛い面白い。毎回ちょっとしたイタズラがツボ。
初登場時じゃ嫌な奴だと思ったのに石川の身体を心配してたり、すごいツンデレじゃないかコイツ。
比嘉にそっけなくされてるのは可哀想だった。

現代のポリコレ重視の風潮に慣れてると、所々この表現いいん?ってのもあった(「早くうち帰ってカミさんの尻さわれ」「(奥さんが)ブスだったらどうしよ~」とか)

5話がいい話だな~と思ってたらクドカンだったのか。
これだけコメディテイストで異色だけど、唯一泣いてしまった話でもある。
物理的にもハードルを飛び越えてまだできるって証明したかったんだろうな。
途中の車飛び越えシーンがちゃんと伏線になってるのも憎い。

伊坂幸太郎の殺し屋シリーズにでてきそうなハッカーコンビや便利屋、情報屋や掃除屋もいかしてる。ホント世界観リンクしてても何の違和感もないぞ……IWGPあたりにもいそうだけど。

主人公が闇堕ちする系の話が好きな人は多分きっと好き。
自分だけが被害者と話ができて、事件の真相を知れる立場にいたら、手段は悪でも善を成す方を選んでしまうかもしれない。
それを正義とは呼べないかもしれないけど。

3話で「悪が消え去るまで。ずっと」って言ってた石川が、高飛びした政治家の息子を追い詰める手段にネットの誹謗中傷を選んだのがやりきれない。
気持ちがわかるだけに……。
手段は駄目だけど、高飛びした先でも同じような事をして被害者を出し続けると思えばそうなるよね。
未遂で済んでよかった。
古田新太と爆笑問題みたいな2人のキャラ酷くない?嘘くさ
小栗旬のビジュアルが良い
全体的に薄っぺらい感じがしたけど結末は良かった
第七話、最終話が印象に残る。小栗旬の変化が良い。こちら側へようこそ。
石川の目の色の変化

それゆえに予感はしていても、
夢であれ と思う最終回

選択は自分の意思 は正しい
でも、本当にそうか?
誰かの悪意が引金を引く事はないか?

仕事屋4人が絶妙
生と死の境目、ボーダーラインと思って見ていたけどまさか正義と悪のボーダーラインとは思わなかった。波瑠ちゃんの初々しい演技も良い。
悪に正義で戦うのは難しい。
説得力があるからこそ複雑な気持ちになった。
小栗旬好きっす。
まさかのバッド?エンド!!!題名からフラグあってまさかな、、とは思ってたら本当にボーダー越えちゃったよおぐしゅん
>|