JIN -仁-のネタバレ・内容・結末

「JIN -仁-」に投稿されたネタバレ・内容・結末

最近の、特に民放の時代劇は見れたものじゃないと思っていたが、仁に関しては何度も見返してしまう程ドハマリしてしまった…(単にタイムリープ系が好きという笑)
また、漫画よりもこちらのドラマ版の方が個人的には好きだった。

そして何よりも緒方洪庵、勝海舟然り配役が素晴らしい!特に坂本龍馬が適役過ぎる!(故に龍馬伝が解釈違いで未だに見られずにいます…笑)

NHKの大河ドラマや連ドラもこのくらいの規模でやってくれ…
当時の地上波以来の2回目でした。
面白い!ほんとに面白い!
内野さんの坂本龍馬がとっても好きです。
医療シーンがリアルで怖いし、あの胎児腫瘍の目がカッて開くとこが怖くて、ドキドキしますが、本当に面白い作品だと思います!何度でも見たい!
尺の都合上、しょうがないのかもだけどいろいろな部分を原作と違う展開にしてるところがすごい気になった〜…。原作の恭太郎さんの真面目で誠実で男前なキャラクターが好きだったのだけど…ドラマ版の女々しくて弱い感じのキャラとかストーリーの持っていき方が嫌だった〜吉原の女の子にうつつを抜かし勝手に父親の形見売り飛ばしたり田之助に土下座したり龍馬に嫉妬したり…解釈違いにも程があるでしょう。。
歌舞伎の回、なんで舞台立たせなかったんだ!と思ったら、舞台と観客用意すんのが大変だったからなのかな?とか思ったり。
最終回の龍馬暗殺の展開も、恭太郎さんが狙う側になっちゃうのすごい嫌だった〜何それ!て。あと東さんが龍馬に殺意持って殺すってのもなぁ…新撰組まで出しちゃうと風呂敷広げすぎだからしょうがないんだろうけど。原作では、未来多少変えたにも関わらず結局軍鶏鍋食べ損なってて、なんとも切ないなと思ったがドラマでは普通に食っとる…細かいけどそういうところとか。あと龍馬頭切られてからもめっちゃ喋るやん…とか。笑
合間に入る大沢さんの独白、なんでああいう喋り方なんだろう?すごい頑張って口大きく開けてハッキリしゃべってるみたいな、、白けてまう。
南方先生頭痛くなりすぎ!笑
MISIAと平井堅の曲は名曲で、いつも曲が入るタイミングは秀逸だと思う。
内野聖陽さんの名演が素晴らしい限り。土佐弁、現地の方からしても全く違和感ないらしい!出身地じゃないのにすごいですよね。
時間を行き来するお話が
たまらなく好きデス。
前向きになれる!そんなドラマです。
とても大好きです(・∀・)!!パラレルワールドとか大好きなので、とても気に入りました!医療にタイムスリップに恋愛に歴史に、、詰め込みすぎですが全てが必要不可欠です!無駄なものが何一つなく間違いなく見る人全員を引き込みます!!ただ、、笑いい所で現在にきてしまったりとか、届きそうで届かないっ!みたいなシーンがあってうずうずします!笑笑でも、そこも全部好きです!もうそれもひっくるめて大好きなドラマです!皆さん見てください!!おすすめしない理由はないです!!
最高の話だった。
歴史物がすごい好きだからもう趣味ど真ん中。

仁先生がいろいろ奮闘してるところがすごい泣けるし、セリフ一つ一つがすごい深い。
みんな必死で生きてるし工夫して治療してるし泣きすぎ。
めっちゃ泣いたわ。

みきのことを考えて野風さんの手術するか迷ってたところで龍馬さんが背中を押す所とか感動するシーンは山盛りある。

序盤で頑張って頭の手術したけど、辻斬りに斬られちゃったお母さんの話とかめっちゃ辛かった。

咲さんと野風さんの恋愛もめっちゃ健気で泣けた。
野風さんの別れのシーンがかっこよかった。吉原から出ていくシーンも、仁友堂から出ていくシーンもかっこよかった。

またもう1回ちゃんと見たい。
神は乗り越えられる試練しか与えない
この時はまだ小学生で歴史の知識はまだ浅かったのですが、ストーリーの緻密さとキャラクターの個性の強さがとても印象に残っています。このドラマのお陰で歴史が好きになりました。
日本がどんな国だったのかは実際にはわからないけど、時代ものって現代よりずっとまっすぐで“眼”が強い。

謙虚な人ほど自信家なのかもしれない。
身近な人を助けていこうと決意する南方先生なわけだけど、わたしも身近な人から笑顔にしたいと思った。

生きた証が欲しくなるけど、そんなことはちっぽけであり、そんなちっぽけなところで生きていて、何をしたってちっぽけな出来事にしかならない。
でもそれは空しいことではなく、ただ“そういうこと”だということ。

だからといって何をしてもいいわけじゃなく、自分のものさしをどれだけ磨いて歩んでいくか。
錆びたら磨けばいい。汚い部分があった方が人間らしいかもしれない。

「先生はいつかわしらを忘れるざよ。けど悲しまんでいい。わしらはずっと先生と共におるぜよ。見えんでも聞こえんでもおるぜよ。いつの日も先生と共に。」

坂本龍馬のこの言葉の壮大さよ。
昔の人とも繋がって、一緒に生きてるって素敵。

わたしも自分の国を愛したいし、未来に繋げることをしたい。
パラレルワールドも体験したい。笑

南方先生が最後に江戸にいたのが1868年5月20日で、わたしの誕生日だったのもテンション上がりました。
本当に最高でした♡
本当に本当に見てよかった♡




中谷美紀の花魁♡
素敵でした♡


妖艶で妙齢な美人で♡


綾瀬はるかも本当に良かった♡




主題歌の逢いたくていま…

亡くなった愛する人へ向けた歌。


歌詞は泣きます。
どうしようもなくて全て夢と願った。



PV好きです♡秋の風景に花魁に綺麗な色使い♡


ドラマにこの曲はピッタリでした♡



良い作品には、本当に良い歌が絶対♡


ドラマで歌を思い出し、歌でドラマを思い出す♡

全て合わせて一つの作品だなぁと♡
本日完走。
放送当初ちゃんとは見れなくて、断片だけ知ってたんだけど…改めてみるとやはりこの話は最高に好きだなぁと。
私の坂本龍馬好きは確かここから始まっている()ほんとにね、「そういうとこー!!」って何度思ったかわかりません。

咲さんと野風さんが本当に大好き。
「あなたとは立場が違うから」と遠慮する野風さんと、「あなたと同じです」と歩み寄る咲さんと。
身分ではなく心が同じだと言ってくれたから、野風さんは心を開いたんでしょう。

「目の前の人を見殺しにする」と等しいことを先生はやってる時があったわけだけど、それは先生の立場上仕方ないとも言える。
そういう意味では咲さんが憤慨したのも「先生の一番大切な人を見捨てろ」と同義になるので、それはそれで残酷なこと。
けれど、だからこそ。残酷さに向き合ったからこそ、この物語は素晴らしいのだと、そう思いました。それについて答えが出ないことも含めてね。
所謂脇役とも言える人々も本当にすばらしい。今、みることができてよかった。


……とはいえ江戸の民よ。みなさん聞き分けが良すぎやしませんかw
>|