セーラー服と機関銃(2006年版)のドラマ情報・感想・評価・動画配信

「セーラー服と機関銃(2006年版)」に投稿された感想・評価

tak

takの感想・評価

3.0
0
日本のテレビドラマを真剣に見ない人だったのだが、これが放送されていた年末も近づいた頃。毎週金曜夜10時はテレビの前から一歩も動かなかった。長澤まさみ主演の「セーラー服と機関銃」のせいである。僕は八代目組長星泉の成長を見守ってきたのだ。

それにしても思ったよりよかった。前半のコメディタッチに違和感を覚えていたが、後半のシリアスなムードにやられた。このドラマには、現実ありえねぇー!と思えるところを大まじめにやっちゃう強さがある。

思えば、赤川次郎のあの頃の作品にはそういう強さがあった。女子高生がいきなりヤクザの組長になったり、平社員のOLがいきなり社長になったり。薬師丸ひろ子がアドリブで発したという「カ・イ・カ・ン」なーんて台詞がなくっても、まさみちゃんは命の大切さを視聴者に叫び続けた。あの最終回の殴り込み場面は感動したよなぁ。

「一度だけ、人の道を外れてもいいですか?」
君の涙に負けたよ。僕も佐久間サンも。

美保純(これも80年代組には嬉しい)が経営するストリップ小屋でヤクザとのトラブルが。そこで我らがまさみちゃんは「裸になればひきさがってやる」と言われ、ステージの上でセーラー服を脱ごうとする。そんな場面がある第2話。放送翌日、仕事で関わってた若い男の子たちの話題はこればっかだった。
「脱ぐかと思ったよねぇ!」
「そうそう!ドキドキしたよねぇ!」
んなわけないやん!と思いながらその会話を聞いておりましたが、彼らには十分刺激だった模様。

オリジナルの映画では、薬師丸ひろ子が初キスシーン!ということで話題だったから、まさみちゃんは堤真一とキスシーンがあるのか?と僕はそっちでドキドキでした(笑)。

最終回。
「さよならは別れの言葉じゃなくて、再び会うまでの約束なんです。」
堤真一のこの台詞には吹き出しそうになった。楽しいドラマでした。
ziko

zikoの感想・評価

2.7
0
なぜか当時5.6話だけみてたんだよなぁ。
お陰でオチは全て知った状態でのスタート。いい感じになってくださいね、で流れるbgmのくどさ、ツッコミどころだらけの展開。でも、キャラの魅力と長澤まさみのかわいさで全話みちゃったよ。
Choco

Chocoの感想・評価

3.8
0
長澤まさみ目当てで視聴👀!ほんっっっま可愛い…顔がいい…圧倒的に顔がいい……
堤真一さんかっこよすぎじゃない????めちゃくちゃかっこええ、、、好きじゃ、、、
内容も面白かった!!これはまた見てもいいなー!!
prm

prmの感想・評価

-
0
小学生の頃、赤川次郎ばっかり読んでたから当時は実写化が嬉しかった。歌が好き。終盤は毎回泣かせてくる。そして長澤まさみ可愛すぎる。
you1538

you1538の感想・評価

-
0
あまり評判良くないみたいだけど、私は好き。
堤真一かっこよい。
みねる

みねるの感想・評価

3.8
0
この頃の堤真一カッコいいと思ったのだけど最近は役柄的にも微妙なのしか観ていないから印象が…
長澤まさみさんが出演していたので観ましたが全く面白くはなかったです。
最後に何かオチがあるのかと期待しましたが普通に終わり残念でした。
moe

moeの感想・評価

-
0
けっこう残酷で重い話だったので小学生にはあまり面白さが分からなかった。原作も読んだけど、セーラー服と機関銃っていうタイトルは今だったらもっと楽しいアニメとかになってそうなイメージなのでそのギャップが凄い。
やっひー

やっひーの感想・評価

3.5
0
後半は毎話少しずつメンバーが亡くなっていくの見るのは辛かった…