愛なき森で叫べ : Deep Cutのドラマ情報・感想・評価・動画配信

愛なき森で叫べ : Deep Cut2020年製作のドラマ)

公開日:2020年04月30日

製作国:

再生時間:40分

3.6

あらすじ

「愛なき森で叫べ : Deep Cut」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

まず、あくまで「実話からインスピレーションを受けた作品」であって「実話が元」でも「実話の再現」でもない。中身は悪魔同士のバトルみたいな話

① 村田…言わずもがな
② 美津子の家族…とにかく不愉快
③ ロミオ…実質この映画の黒幕

途中までこの三者に翻弄される感じでよかったんだけど、オチの「ヒロインが実は洗脳されてなかった」ってのが微妙。村田の小物感とかシンが射殺魔だったとか「go to hell」など良かった点が多いだけに残念

結構グロいし、絵がキツくて不愉快なんだけどそれでも見ちゃった
ら

らの感想・評価

3.0
0
一年前映画版で挫折して、ドラマで再チャレンジ。やっぱり無理展開多すぎたけどなんとか見終わった。園子温の作風体調悪くなるよね。
この映像はなんなのだろうか


北九州監禁事件を題材に…というのは村田という登場人物であり、別に該当事件のドキュメンタリーではない。うしじまくんの洗脳くん編のようなものを期待すると肩透かしを食らう。まずその時点で実在の事件を題材にと冒頭に毎回でてくるのが詐欺か喧伝に感じる。

ではこの映画は何なのだろうか。中盤までは悪辣な詐欺師とそれに振り回される人々を喜劇風に描いた作品かと思っていたが、後半は真面目に拷問と崩壊を描いて…かと思いきや黒幕(?)によるどんでん返し

もしかしたら個人的な好みかもしれないが、このどんでん返しが取ってつけたような…
そこにいたるまでに整合性がない部分は多々ある。計画していたのならあまりに被虐的かつ場当たり的で、そこを描くなら別の作品にすればよかったのではと思ってしまう。2つの作品を無理やり一つにしたかのようだ。


凄惨なグロシーン、レズビアン、裸体が見れて満足ならオススメだ。

君の銃は随分と弾が入るね
shuna

shunaの感想・評価

-
0
謎解きはディナーのあとでの椎名桔平のイメージが強いから色々と衝撃的だった、、、
しゅり

しゅりの感想・評価

5.0
0
もう全てがカタルシスじゃん
極端な言動する人しか出てこなくて現実世界でこんなの不自然ではあるんだろうけどすべてが常識に洗脳されてない台詞って感じですんなり入ってくる、ちょっとズラウスキーのコスモス思い出した(作品ジャンル全然違うけど)

この実際の事件がそもそも映画みたいなとんでも話だから園子温作品と相性抜群なんだと思った
北九州監禁殺人事件の概要知って松永の写真ググった時にいや嘘だろこんなどこでもいそうなおっさんになんで一家揃って洗脳されたんだよ...人間像がまるで想像できん...って思ってたんだけど椎名桔平さんの演じる村田を見てああ松永がこんな感じだったのならあの事件にも納得がいくと思うほど説得力のある詐欺師を好演していた

実際に起きた事件と実際の犯人像にかなり沿ってるのに(さすがに性器に通電シーンはやらないんだねと思ったけど)自分の作品色バリバリでオリジナルストーリーとしてこんな面白くできるのすごすぎる 終わり方も天才だ
寝

寝の感想・評価

4.5
0
こっちを先に見てしまった〜
グロいので目伏せてばっかりだったけどかなりハマりました、おもしろかった、狂気しか感じないね
園子温監督の描く女の子が好き
50円、悪い女
sakiko

sakikoの感想・評価

3.9
0

映画+αの物語。

やっぱり園子温面白いな最高。

美津子最高!!

定期的に見たくなる。
園子温のことはよく知らないけど、
独特な世界観があったのは分かった。
ただあんまり面白くなかった。
途中で区切れるから、ドラマ版で正解だった。

村田がそんなに狂ってるとは思えなかった。
なぜあんなに騙される人がいるのか謎。

リアルな映画を撮りたいってことなのかな?
「蛹化の女」は耳に残った。
日南響子が好きなので観れた。
しょうの

しょうのの感想・評価

3.7
0


◆第1話
おそらくわざと演技を過剰にしてるせいで非現実感があり、それが周りの日常生活との歪みを生んでてそれがすっごい不気味。
どうなるのか次回以降に期待

◆第2話
5分おきにベロキスしてるんちゃうか。
人形のように育てられた彼女と周囲のヤリマンが極端に対象的に描かれているのが印象的。

◆第3話
彼女たちの全てであったロミオの死はまさしく彼女たちの死をも意味しているのがある意味若さの象徴である。男性像や女性像を極端なまでに振り切っているのが特徴なんだろうな。シンが冷静に村田を分析してても周りはなんとも思わないのも怖い。

◆第4話
DVにハマる女性ってこんな感じなんやろな。思春期の心模様は永遠に心に傷をつける。

◆第5話
冷たい熱帯魚を思い出す解剖シーン。むしろそれ以上…気づいたときには超えちゃいけない線は遠く後ろにあるんだよね。

◆第6話
完全にギャグなシーンだけどなぜか怖いんだよなあ。

◆第7話
狂気を飲み込むのは狂気だけなのかもしれない。そしてその狂気の名前は愛なのだろう。
中学生の自分だったら、大好きだったと思う。エログロとはこのこと。
やはり現実の事件の方がグロテスクで凶暴すぎて、こちらは喜劇に寄せた演劇的な空気感も感じた。
>|