KUBO

マンダロリアンのKUBOのレビュー・感想・評価

マンダロリアン(2019年製作のドラマ)
4.5
【ベビーヨーダ、可愛すぎ!】

おー、おもしれーじゃん! 

バウンティハンターを主役にしたウエスタン風作品。終わらせるためのパズルみたいになっちゃって窮屈だった『スカイウォーカーの夜明け』より、よっぽど自由で楽しい! 

帝国崩壊後、ってことは『6』と『7』の間? 第一話からびっくりするようなキャラも出てくるしワクワクするな〜。

だいたいジョン・ファブローの作品だし、かなり本格派。映像的にも映画もドラマも変わらないクオリティだし、楽しんで作ってるのが伝わってくる。

『ガンダム』が「宇宙世紀」という概念をもたらし、たくさんのOVAやスピンオフを輩出したように、今後『SW』世界でもたくさんのドラマが生まれてきそうだ。

だいたいゾーリなんて『9』に急に出てきたけど、ポー・ダメロンのドラマ作るための布石だったんじゃないの?なんて邪推したくなる。

週一回のエピソード配信だけど、1週間が待ちきれない。『SW』ファンはサーガが終わっても『マンダロリアン』でその世界を旅することができる。最高じゃん!