マザー 無償の愛のドラマ情報・感想・評価・動画配信

「マザー 無償の愛」に投稿された感想・評価

次郎T

次郎Tの感想・評価

4.2
0
「シスターズ」脚本家のドラマ作品 一作目
ドラマってのは こーゆう風に作るんだよと教えられた。
16話 一作ごとに何がしかの盛り上がりを持ってきて 逃亡劇なんで ハラハラさせてくれる。話の展開が無理筋に見えないところは やはり実力があるのでしょう。
「マザー」なんで ほぼ女優さん皆さん好演 男優さんはサポート係的
ただ 9歳の女の子の言うセリフかぁ? ってのがたびたびある。
それで泣かされてんだけど!
ぺぺトラ

ぺぺトラの感想・評価

4.3
0
芦田愛菜ちゃんの日本版を見てないことが残念だけど韓国版はよかった。
涙なしではみれないねー。
血の繋がりってなんなんだろう。
あたしも息子を持つ母ですが、母とはなんだろうと考えさせられたドラマです。
クロネコ

クロネコの感想・評価

2.8
0

このレビューはネタバレを含みます

日本版は軽く観ていたので、比較しながら観た。

キャストについては、
松雪泰子は背負っている十字架が重すぎてお母さんの温かみが感じられない。イボヨンは常に重苦しいが、子供を愛している感じがとても伝わってくる。
芦田愛菜はとにかくかわいいが、上手に演じている感じ(まあそれもかわいいのだが)。ホユルはそんなにかわいくはないが、自然体で本当にその子ではないかと錯覚してしまう演技オバケ。
綾野剛はチンピラ感。特に悪気がない感じ。ソンソックはその育ちから、悪人。サイコパス感が強い。
尾野真知子のちょっと疲れていて、チンピラに捨てられないようにおどおどと接する感じがドンピシャで良かった。
実母は圧倒的に田中裕子。
総合的には韓国の方が良かった。

ストーリーについては、
日本の方が短いので、一人一人のキャラクターをあまり掘り下げていない。そのおかげで、母子に集中できる。韓国の方はキャラクターがもりだくさんで、みなそれぞれ辛い過去があり、誰の肩を持って観ればいいのかわからなくなる時がある。そして、たった4、5年前に制作されたのに昔のドラマの様相で、これはわざとなのか、意図せずそうなってしまったのか分からないが、古臭いと思ってしまった。全体的には日本の方が良かった。

私が印象に残ったのは、チャヨンシンを演じたイヘヨンと、チョハンチョル。二人とも奥深い演技が光っていた。
liaison

liaisonの感想・評価

3.8
0
日本版を地上波でむかーし観た時に芦田愛菜先生の『お母さん、また誘拐して』のセリフに号泣した記憶あり。ユンボクちゃんもめちゃくちゃうまかった。
mineのイボヨンさん、石田ゆり子と石田ひかりに似てる犬顔。
サイコパスおじさんの死に方あっさり。。彼にも彼なりの過去があって涙流すシーンあるけど、そういうのいらない。酷いこといっぱいした理由なんて知ったところで救われない。
はさみのり

はさみのりの感想・評価

3.9
0

このレビューはネタバレを含みます

韓ドラ「マザー」16話。

家庭で虐待されてる女児と、その女児を救おうとする女性との2人の絆。またそれぞれの家族の思いや世間の目、女児の目線や母親としての目線を観ていく。

日韓どちらも役者さん皆さんとてもお上手なので、ドラマも飽きずに惹き込まれていた。

オリジナルの日本版は当時毎週欠かさず観てて、毎週泣いてた気がする。ストーリーの細かい所は忘れてて、本作観て思い出した所もあったが、話数が多いこちらの方はオリジナルより家族のエピソードがかなり膨らんでた。

虐待される女児の目線になり胸が苦しくなるのは当たり前だが、タイトルが「マザー」である様に終始様々な母親の思いが交錯してくるのが秀逸。
真っ直ぐな愛情、歪んだ愛情、堪えて耐える愛情、物欲で支配しようとする愛情、受け止めたくても受け止められず壊れてしまう愛情、、、
どれも我が子を思えばこそだけど、子どもにしてみたら快適で無ければたまったもんじゃない。

そして主人公の行動が単に“可哀想”だけで女児を連れ出したのではなく、女児に自分の幼少期を被らせていたという事は、ずっと物語終盤まで引きずっていた。

とにかく女児が健気で演技も上手。勿論日本版は芦田愛菜ちゃんで言わずもがなですけど。
本作では同居男から虐待されてる間ずっと「泣いたら殺す」と脅されて、どんなに辛くても泣かないすべを身につけた女児。
そうやって絶対泣かなかった子が、連れ出してくれた偽母との絆が出来た時、思いっきり泣けた事は本当に胸アツで観てて一緒に泣いた😭
その後少しずつ涙を流せる様になってきたのも嬉しかったし、これからもずっと見守っていたいと思った位😊

いい話だけど反面、ぶっちゃけ助けてくれる人がめちゃ多くて、彼女(主人公)はラッキーだったなと思った。まぁその辺りはドラマって事で😅
ゆうか

ゆうかの感想・評価

-
0
毎話泣く

ソンソックがハマってて、演技が上手すぎてほんとうに怖かった
KiKi

KiKiの感想・評価

3.7
0

泣いたなぁ💧
泣かない訳がない💧

日本版ドラマ『MOTHER』の韓国版!
そう思って見始めたけど
環境や文化が違うから
また別のドラマを見てるよう

韓国ドラマでいつも思うけど
途中の設定に『無理あるなぁ〜』
と感じる箇所が多いのに
ラストはちゃんとまとめてくる
それが『いいドラマやったなぁ』
と思わせてくれる

MOTHER・・・
なんて未熟で厄介で複雑で
だけど素晴らしく愛情深いものなんやろう

母親になる
それは産んだから
育てたからじゃない
子供にすべてをささげた時からが母親

感動やわ✨
Miwa

Miwaの感想・評価

4.2
0
児童虐待というテーマは重たいけど、涙なしには見れないドラマ。ソンソック、闇ソックだったけど、やはりすごい演技力。
Kajik

Kajikの感想・評価

4.3
0
「私の中にユンボクがいたらいいな、お母さん私をまた誘拐してください」

短期間の臨時教員で赴任した小学校でいじめと虐待を受けていた子を連れ去る鳥類学者。
確かに母性や愛を問うていくドラマで、オーバーなところもなく堅実な展開。しかし2人の結びつきが強くなるにつれ悪化する状況や周囲への負担、自身が閉じ込めていた境遇への思いがどんどん重なって言って重層的だった。すごい見応え。

状況は悪化するんだけど、そこに助けてくれる人や救いが発見されていったり、たとえ血縁ではなくともかけがえない存在に対して向く愛情がその人自身も救っていく。


チョンソギョン作家はパクチャヌク作品で共同執筆もしくは脚本家として名を連ねている人で、今度ネットフリックスに「若草物語」がくるので選んでみたのですが、どのキャラクターの中でも内面で揺れる良心と罪悪感があり、問われている罪があり、じっくりと検証していくような冷めた目線も感じつつ善悪に分けられない人の複雑さが痛々しくかつ血の通ったドラマでした。


ヘナ/ユンボクが健気でかわいくて仕方なく、母の威厳と責任をもち崩さない母親像、ご飯を作り家族を心配し道理より情を優先する次女の母親像、DVサバイバーで服役のため子供を捨てざるを得なかった実母、自分に母性があるとは思っていなかったのにキャリアを捨て助ける学者、母性が成熟する前に子供を産んだヘナの母親、、、、
また、ソンソックが演じる歪んでしまった人物では憎悪の形成について考えさせられました。彼も逃げ場がなかった人物だと思います、「許せない」と思うこの気持ちは見ている私の何がそう思わせているのかわからなくなった。
登場する人々が「ほっとけない人」に対してどう思い行動してゆくのか角度の違う視点がどんどん増えていき、ラスト2話は泣きっぱなしでした。

このレビューはネタバレを含みます

警察、ヘナの自宅前の防犯カメラの映像あるなら絶対先生が子供連れてくとこ映っとるやろ!!
ほんでゴミ袋に入れるとこと捨てるとこやら映るやろ!!先生いい人決定で実の母親虐待決定やないかーい!って序盤に思ってしまってややテンション下がった。。

でもそれ忘れて観ていけばみんな演技上手だし良かった。

でも最後、みんな養女って別に明かす必要あるかー?って感じ。。グダグダしちゃったような。
>|

あなたにおすすめの記事