アリー my Love シーズン1のドラマ情報・感想・評価・動画配信

「アリー my Love シーズン1」に投稿された感想・評価

BeatrixKiddo

BeatrixKiddoの感想・評価

4.8
0
高校生の時にDVDコンプリートBOX買った。そして友達のお父さんもアリーが好きで貸したの覚えている。 キャラクターが皆、個性強くて最高!!センスが良い。そしてゲスト(俳優やら歌手やら)が豪華すぎて本当に凄い。ルーシー・リューはこれで有名になったよね。大好きだー。
lemmon

lemmonの感想・評価

4.5
0
※ドラマは時間的に観返すことが出来なさそうなので、過去メモを記録。

幼馴染の別れた恋人を追って弁護士に。
事務所で上司からセクハラ。辞めさせられたとき偶然法学部時代の同期から新事務所への誘いが。
そこには別れた恋人がいたが、彼は結婚していた。ひとまずセクハラ上司に逆襲する。


シーズン1、2が好き!
3は暗くて凹んだ。
4、5はまあまあ。

自分が空想野郎なんで、アリーに共感。
「ミュージックマン」観たい!!
琥珀

琥珀の感想・評価

5.0
0
好き♡
最初は妄想シーンについていけなかったけど、個性的なキャラ達と弁護士モノと、好きです♫

まさかのビルの死は受け入れられませんっ

その辺りから見ていないので、
またイチから見たいなぁ、、、

このレビューはネタバレを含みます

1 めぐりあい Pilot
2 愛は妥協から Compromising Positions
3 恋愛方程式 The Kiss
4 ラブ・アフェア The Affair
5 涙の数だけ One Hundred Tears Away
6 婚約 The Promise
7 魔性の女 The Attitude
8 友達以上恋人未満 Drawing the Lines
9 ダーティ・ジョーク The Dirty Joke
10 無慈悲な天使 Boy to the World 1997年12月1日
11 銀の鐘 Silver Bells 1997年12月15日
12 ダンシング・ベイビー Cro-Magnon 1998年1月5日
13 ペンギン作戦 The Blame Game 1998年1月19日
14 ボディ・ランゲージ Body Language 1998年2月2日
15 生涯に1度の愛 Once in a Lifetime 1998年2月23日
16 禁断の果実 Forbidden Fruits 1998年3月2日
17 人生のテーマソング Theme of Life 1998年3月9日
18 大人のルール The Playing Field 1998年3月16日
19 誕生日の憂うつ Happy Birthday Baby 1998年4月6日
20 刑事弁護士 The Inmates 1998年4月27日
21 しあわせ予備軍 Being There
22 また独りぼっち Alone Again
23 思い出にかわるまで These are the Days
まー

まーの感想・評価

3.8
0
CSで一挙放送してたから懐かしくて視聴。
その当時、憧れもあってみてたけど。
アリーの年齢を超えて今の年齢で見るとなんだか沁みたw
音楽もいい。
Shiby

Shibyの感想・評価

3.8
0
もっとラブコメしてるかと思いましたが、意外と法廷色も強くて、正義感あるヒロインのドタバタ感が楽しめます。

アリーの性格は賛否分かれるかもしれないけれど、自分に正直に生きていて私は好きですね。アメリカのドラマできついジョークに対し「それはちょっと」と突っ込みを入れる勇気があるアリーは共感できました。

U-NEXTの配信終わっちゃって悲しい!
もうどこでも配信していないようです。いつか復活しますように。
シーズン2以降を見たいです。

ヴォンダ・シェパードの歌がいちいち良いので、今更だけどCD欲しくなりました。
ムビコ

ムビコの感想・評価

3.9
0
当時ハマってた作品
キャラが濃くて面白かった
ダンシングベイビー
isaram

isaramの感想・評価

3.9
0
すごい観てたなー。
ダンシングベイビー。
音楽良かった気がする?
zaclv

zaclvの感想・評価

3.7
0
面白い。
けど、シーズン続き過ぎて同じ事の繰り返しになり、残念。
小学生の時にお母さんと観てたやつ、、、中学生になってからシーズン2までは自分で借りて観た。今でも海外ドラマは長いから苦手だし未だコレめっちゃ好き!って思えるのはアリーだけ。
で最近U-NEXTで見つけて大興奮してまたシーズン1から見返してるんだけど、印象的な回はちゃんと覚えてるもんだね・・・はぁ懐かしい顔ぶれ。
法廷ドラマだから訴訟内容のネタがなかなか尽きなくて面白いし毎回深く議論してくれるから勉強になるし気づきもある。20年前のドラマにしてはLGBTを全面に打ち出し(主に女性の社会での生き辛さ)それと戦いつつ精神を病む主人公アリーの姿をかなり軽いコメディタッチで描く。でもめちゃくちゃ深い回とかあってそれには泣ける。
ただもう大人になったし時勢も変わったし、昔観ていた時とは明らかに感じ方は違う。やっぱり古いし、脚本絶対おっさんだろ・・・と思って調べたら案の定おっさんだった。女性の心情や展開が違うだろ!ってところが多々目につくんだよね。
でも面白いから今度こそ最後まで観るぞ。
>|