ミカヅキ

僕はどこからのミカヅキのネタバレレビュー・内容・結末

僕はどこから(2020年製作のドラマ)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

最初は薫くんがともみくんに利用される&ヤクザの世界に巻き込まれるように見えた

暗めで不穏な空気に満ちてたから、最初の方で
観るのやめてしまった人が多いのかなー

玲くんはミステリアスで心の中が不透明だし、ヤクザ物騒だし、最初に事件も起きたから…

でも屋上でのやり取りや読書会の回想、ふたりの間のルールがあって、お互いが信頼し合っていること、お金だけじゃなく薫くんが自分の意志でともみくんの力になりたかったことがわかってくる
お母様の存在が不遇な生い立ちのチカちゃんをも救っていくのも、仙道さん、上白石さんの演技がすばらしくて。。

玲くんも天才ゆえ「普通」から外れているように見えるけど、ただただお母さんが大好きな子どもだった
傷つけられながらも、苦しみながらも、肯定してほしかったんだろうな
山田兄弟は園長先生に肯定されていたからこそ、最後は涙を流す事ができたのかな

井上家で薫君によって「僕を否定しないで」って気持ちが明かされたとき、てっきりお母さんはハッとするのかと思ったけど、あの反応だったから悲しかったな。。
お母さんも重圧に押し潰されて壊れてしまったんだろうな(かと言ってもちろん子を否定していいわけではないけど)

ともみくんか最後姿を晦ましたのは、ちかちゃんや薫くんを堅気の世界で守りたい意志だったんだろうけど、末永く付き合っていってほしかったな