Amber

逃げるは恥だが役に立つのAmberのレビュー・感想・評価

逃げるは恥だが役に立つ(2016年製作のドラマ)
4.5
特別編放送をきっかけに全話見直し。
新垣結衣は可愛すぎる。
ずっと見ていられる。
笑顔と指が綺麗すぎる。

後半に行けば行くほど、途方に暮れたり、どうしたら良いかわからない時の平匡(星野源)の表情が可愛すぎて、みくり(新垣結衣)の可愛さと相まって、不器用でも自分達なりの夫婦の形を作っていこうとするところにキュンキュンしました。

『自分はこうだ!』ってネガティブな意味で思い込んでしまうと、なかなかその呪縛から逃れられない。
でも自分が気にしている自分の欠点が、相手には気にならなくて、むしろそこが良いと思ってくれるような相手に出会えたら、自分のそれまでの人生が丸ごと肯定されるような気がする、のでしょうね。
みくりと平匡は、縁とお互いの努力で、そんな幸せなカップルになりました。

初めて観た時から、『やりがいの搾取』『好きの搾取』という言葉に考えさせられたり、みくりや平匡のコンプレックスが両方わかるような気がしたり、現代社会の問題点を良い温度感で絶妙なバランスで、描いていると思います。

百合ちゃん(石田ゆり子)の『産んでくれて感謝!私はその分、働いて税金納めてる』も、当時の自分にはかなり参考になる視点でした。

脚本の野木さんの作品、これからも楽しみです♪

新垣結衣は、星野源とも綾野剛とも、良い組み合わせで、同じくらいキュンキュンさせていただきました。