京都俳句ツアー殺人事件のドラマ情報・感想・評価

「京都俳句ツアー殺人事件」に投稿された感想・評価

Mm

Mmの感想・評価

2.5
0
●山村美紗サスペンス狩矢父娘シリーズ#20
シリーズ誕生20周年おめでとうございます!陣川くん、不倫問題(だっけ?なんかあったよね?)で消えたかと思ったけど、普通に狩矢父娘シリーズに出演してて安心した。
(U-NEXTよりあらすじ)和美たちは、縁結びの名所を巡りながら“恋の俳句レッスン”をも盛り込んだ“京都縁結びツアー”を取材することに。ところが、その句会で詠まれた“不穏な句”が引き金となり連続殺人事件へと発展。和美たちは事件の真相を探るため調査を開始するが…。
にゃん

にゃんの感想・評価

2.7
0

このレビューはネタバレを含みます

色々な人の交差する気持ちの中で、復讐をきっかけに起こった事件、最後は親が息子の罪に気づき密室自殺だと思わせるために鍵を取り換えたり遺書を作ったりという落ちが親の愛に溢れていて綺麗だった。着物姿の藤吉久美子さんが終始綺麗。

<あらすじ引用↓>
 京都府警捜査一課・狩矢警部(田村亮)の娘・和美(藤谷美紀)は、編集プロダクション『唐竹企画』の記者兼カメラマン。夏目利彦(原田龍二)という『京日新聞』記者の恋人がいる。
 『唐竹企画』の社長・山野美野里(山村紅葉)に命じられ、和美は“京都縁結びツアー”に同行取材することになった。そのツアーとはブライダル会社社長・鈴原敦八(瀬川亮)と京日新聞社が共同主催するもので、“ベストカップル”として知られる人気女優・小野茉莉絵(佐藤藍子)と映画監督・一条彰(岡雅史)夫妻をゲストに迎え、縁結びのパワースポットをめぐるという企画だった。大学准教授・伏見京一(岡田浩暉)による“恋の俳句レッスン”が盛り込まれているのも話題で、伏見に俳句を習っているという女性・伊藤八重子(藤吉久美子)や、クラブホステスの明石小雪(仲村瑠璃亜)らが参加。茉莉絵のお気に入りらしい助監督・久米圭太(上地慶)もやって来た。
 途中からは先輩記者のピンチヒッターとして夏目も同行することになったが、2人は茉莉絵が夫の一条にしなだれかかりながらも、こっそり久米の手を握っているところを目撃。ほかにも、和美は小雪が一条に嫌味をぶつける場面にも遭遇しており、ツアーにはどこか不穏な空気が漂っていた。
 さらに微妙な空気が流れたのは、俳句レッスンの講評時だった。参加者が思い思いに詠んだ恋の句を伏見が講評していたのだが、『小倉山 血に染まりたる百日紅』という句が詠みあげられたとたん、一条が激しい動揺を見せたのだ。しかも、伏見がその不気味な句の作者を聞いても、名乗りをあげる者は誰もいなかった…。
 その直後、散策中だったはずの一条が崖から転落死! 事件直前、和美たちは一条が「いい加減にしろよ、このストーカー」と怒鳴る声を耳にしていたが、相手が誰なのかはわからなかった。現場に駆け付けた狩矢警部は、またしても和美と夏目が第一発見者だと聞いてあきれるが、現場の状況からツアー参加者の中に犯人がいるとにらんで捜査を開始する。
 そんな父とは別に真相を探りはじめた和美は、夫婦仲が冷め切っていた茉莉絵を直撃すべく、映画の撮影所に潜入! そこで縁結びツアー参加者のひとり、八重子と再会する。元芸妓の八重子は現在、定食店を営んでおり、撮影所に出前を届けに来たらしいが…。
 その矢先、撮影所を舞台に第二の殺人事件が発生!しかも被害者が殺害されたのは、完全な密室で…!? 犯人は本当にツアー参加者の中にいるのか…!? その犯人はストーカーなのか…!? そして謎の俳句に隠された真実とは…!?

あなたにおすすめの記事