民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~のドラマ情報・感想・評価・動画配信

  • Filmarks
  • 日本ドラマ
  • 民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~の情報・感想・評価・動画配信

「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」に投稿された感想・評価

maro

maroの感想・評価

3.5
0
最終回で一気に変わった!
これだから、どんなつまらないドラマも最後まで全部見たくなる(笑)

高給に惹かれて議員になった篠原涼子が、政治ド素人にも関わらず、持ち前の正義感の強さで、市民の困りごとに向き合いつつ、古田新太ら悪い政治家とも戦い、市長になってリコールの窮地に立たされながらも、踏ん張ってあおば市をよくしていこうとするドラマ。

本当に最終回前まではね、突拍子もない主婦が政治家になる奮闘記って感じだったんだけど、最終回がすごくよかった。

これまでずっといっしょに仕事をしてきた高橋一生とのまさかの対立。
それも悪い意味での対立ではなく、お互いの信念のぶつかり合い。
10分にわたる長いシーンだったけど、一番見ごたえがあった。

「みんなが幸せになるために誰かが一人でも犠牲になるなんておかしいでしょ!」という篠原涼子と、「ひとりの幸せのためにみんなを犠牲にするなんておかしくないですか?」
という高橋一生。
どちらが正しいなんて、そんな単純な話ではない。
きっとどちらも正しい。
だから、お互いに信じる道を進むべきなのだ。

これまでおとなしかった高橋一生が、ここにきてめっちゃ自己主張しまくってて、その演技がすごくよかったんだよなあ。

高橋一生と篠原涼子の以下のシーンのやり取りは、すごく印象に残ったので、ネタバレしたくない人は読まないでください(笑)

(高橋一生)
みんな政治家の言うことに聞く耳を持たない。
聞くことを放棄しておきながら、後で聞いてませんでしたという。
ならば、政治家は民衆に真意を伝えず、導いた方がいい。

(篠原涼子)
でも、それは民衆をバカにしている。
そんな政治家が世の中をおかしくしているんじゃないか。

(高橋一生)
民衆をバカにする政治家が嫌なら、そんな人間に政治をさせなければいい。
それが選挙。
その権利を放棄しておきながら、世の中おかしくないですかっていうそっちの方がおかしい。

などなど、最終回だけ突出して、国民にもっと政治に興味を持ってもらうようなドラマになっていた。
やっぱりストーリーがあると、興味がないものにも興味がわくから、ドラマや映画を通じたアプローチってありだなと思った。

そして、最後のニューポート政策の是非。
これも、議員が決めるのではなく、市民に結論を出してもらおうということで、場を設けるものの、まったく人が集まらない。
国民の政治への無関心さが如実に表れていた。

もちろん篠原涼子らのがんばりで、最後には人がたくさん集まってくるのだけれど、彼女が言っていた民衆の敵の正体、それは「私たちひとりひとりの無関心」だと。

そして、こうやって当事者である市民たちが話し合うことが、まさに「政治の原点」なんじゃないかと、高橋一生も微笑ましくその様子を眺めていた(まあ実際、あんなに人がいたら決まるもんも決まらないと思うけどw)。

マジで最終回だけすっごく面白かったわ。
げざん

げざんの感想・評価

4.7
0
最終回の正しい政治に対する言い合いは考えさせられるな
共に国のことを考えてるから、共に正しいんじゃないのかな
こお

こおの感想・評価

3.0
0
それほど期待せずに観たが、世の中のおかしいところに焦点を当てて、スカッと解決していくところは痛快で、面白かった。
『民衆の敵は一人一人の無関心』というセリフには、ハッとさせられました。
にか

にかの感想・評価

3.8
0
オムライスはどう頑張ってもステーキになれないんだよ!
みたいなセリフめっちゃ覚えてる笑

割と面白かった
KEiTA

KEiTAの感想・評価

-
0
制作担当 ※敬称略

【プロデュース】
草ヶ谷大輔

【プロデュース補】
足立鮎美
神谷春菜
髙橋奈央
宋ハナ

【演出】
第1話  金井絋
第2話  金井絋 
第3話  金井絋
第4話  石井祐介
第5話  石井祐介
第6話  金井絋
第7話  相沢秀幸
第8話  石川祐介
第9話  相沢秀幸
第10話 金井絋


【演出補】
下畠優太
水戸祐介
尾﨑隼樹
大谷真也
宮﨑暖
深田梨沙
梅﨑誠仁
山本裕介
園山敦司
河村恵

河村恵の感想・評価

2.0
0
高橋一生目当て。
テーマは悪くなかったのかもしれないが、掘り下げ方が浅くて感情移入できない。
coco

cocoの感想・評価

-
0

このレビューはネタバレを含みます

藤堂誠(高橋一生)がかっこいい…!

公平(田中圭)がめっちゃいい夫…!

和美さん(石田ゆり子)がすてき…!

気軽に観られるドラマ。

途中登場人物がカメラ目線で話しかけてくる演出が『東京女子図鑑』に似ているなーと思ったら…脚本一緒なのか!

-----

生物学的には父親だけど、社会的には父親じゃないから。
…が重かったなぁ。
yui

yuiの感想・評価

2.0
0
頑張って見てたくらい。
繰り上げ当選で議員になって子ども食堂開いて市長に立候補して、、
政治の闇っぽいところを結構軽めに描いてた
まずまずの面白さ。政治は難しいと食わず嫌いして、投票に行かないような方にはおすすめの作品です。

中卒主婦が政治家を目指すということで、政治がわからない小・中学生でも理解できるレベルまで噛み砕いた政治物語になっています。

これはおかしいだろ、現実的ではないだろ…という点が多々あり。気になりますが、若年層が政治に興味を持つきっかけにはちょうどいい作品だと思います。

実際問題、最終話で主人公と政治家一族の議員が会話をするシーンで。政治に不満があるならばなぜ市民は投票権を破棄するのかという話が出ています。更に、政治やあらゆることに無関心であることこそが民衆の敵であるというメッセージ。本当に同感です。

恐らくこのドラマはリアリティやお笑い要素は本質ではないかと。

政治ってシンプルに考えたらこのドラマみたいなもんだし、そこまで難しく考えず。まず
は政治に興味を持って、投票いってみよう。

見た後はそんな風に考えて欲しいんだと思います。

それにしても。前田敦子を見ていると毒島ゆり子を高橋一生を見ていると民王を思い出し、なんだか懐かしい気持ちになった。
Asuka

Asukaの感想・評価

3.8
0
こんな市長、実際にいてほしい!

藤堂さん、かっこいい!

私ももっと政治に関心持とう
>|

あなたにおすすめの記事