つるみん

ザ・ロストシティのつるみんのレビュー・感想・評価

ザ・ロストシティ(2022年製作の映画)
3.3
【Go to sleep】

伝説の古代都市に眠るお宝をゲットしようとする悪徳実業家に誘拐された恋愛小説家のロレッタ。それと彼女を助けようと試みる偏差値20くらいの筋肉男アラン。この3人が主に中心となって動くアドベンチャーもの。

先に言っておくが、くっそしょーもない。
ストーリーやアクションに関して期待してはいけない。本当につまらない話だが、サンドラ・ブロックとチャニング・テイタムの漫才やコントのような掛け合いが非常に面白いので最後まで観ていられる。そんな映画。

『Bullet Train』でサンドラ・ブロックが出演してくれた事への恩返しとして、本作ではブラピも友情出演しているが、彼のキャラも良かった。あくまで友情出演なので、出番は少ないものの、物語の始まり、掴みとしてはバッチリ。結構ちゃんとした良いキャラだったので、もう少し出番が欲しかったなというのが個人的な意見。

まあ、それにしても本当にしょーもない。
チャニング・テイタムはここ最近、ふざけてしかいないな?(笑)
敵役のダニエル・ラドクリフは、もう十分セカンドキャリアとして固定化されたのではないだろうか。『グランドイリュージョン2』辺りから似たようなキャラが多いが。

あと、エンドロール途中に差し込まれるワンシーンがあるので、本編後もお席には座ったままで。