クワン

(500)日のサマーのクワンのレビュー・感想・評価

(500)日のサマー(2009年製作の映画)
3.9
サマーの季節に思い出す

昨日 私は嘘をつきました

でも 嘘をついたことに気づかず

今日 嘘をついていたことに

はたと気づきました。

今朝 自分のレビューを見直して

なんかものすごく強烈な違和感が

溢れました

これ なんかおかしい

でも なぜおかしいのか

わからない

でも心の奥底で

なんか違うと繰り返し声がこだましてる

ついさっき

その正体がわかりました


昨日の「愛がなんだ」レビューで


【私はこうした恋愛はしたことない】


なんて

イケシャアシャアと言い放ってましたが 







嘘でした😭


報われない恋に執着して


眠れぬ夜を過ごしたことがあります。


詳しくは書きません。
 
でもビックリするくらい

記憶が塗り潰されてました

本当にゆうべ

全く思い出さなかった

だから別に改めて正直に書く必要はないか

と思いつつ

あの頃の自分が

今の自分の嘘を

見逃してくれなかった

えーっとですね、、

高校○年の時に

付き合っていた彼女に

























😭

なので

その一件以来

報われない恋愛に

執着するなんて

絶対イヤだ❗️

と多感なころに深く刻印されたがゆえの

18歳の叫び

結果

ハタチ以降の恋愛の指針は

昨日語ったことが真実です。

でも

心の奥底の10代の自分が

岸井ゆきのの

彼女の気持ちを

わからないわけないじゃないか❗️

今日になって叫び出して

ほんと

すっかり忘れました



卒業旅行で親友の男とふたりで

苗場のスキー場⛷で

絶対、見返してやるからな‼️と

叫びながら

猛スピードで直滑降したことを😭笑

過去の記憶を塗り替えていたのか

無意識がトラウマを消去したのか

ごめんね🙇

あの頃の僕

上から目線のつまらない大人に

なるところでした

今から

あの頃の自分も 

今の自分も

全部抱えて

生きていきます

この作品は

ズーイー・デシャネル

ジョセフ・ゴードン・レヴィット

2人の空気感が素晴らしい。

サマーは確かにキュート✨

恋愛による片思いと両想いの間にある

感情と理性の間にある

理想と現実の間にある

グレーゾーンの

切ないふり幅を見せてくれる。

幸せの極と絶望の極の両極を味合わせる

意地悪な時間軸変換

2分割の残酷

多くの人にとって

過去の恋愛の切ない痛みを

心の奥底から突かれる

普遍性があるラブストーリー。

今は見たいとは思わない 笑