つるみん

チャップリンの冒険のつるみんのレビュー・感想・評価

チャップリンの冒険(1917年製作の映画)
4.0
なんでこんなにチャップリンは人を惹きつける力があるのだろう…。

今回は看守から逃走劇を見せる囚人をチャップリンは演じました。ありえない角度の崖もスイスイ登って降りての繰り返し!そして海で溺れた人を逃亡してるにも関わらず救出してしまうんです!(相当な運動神経の持ち主)その救出した女性はなんと裕福な家庭の方。チャップリンはニヤリ…なにか企んでいます。

チャップリン作品の中でも僕の中で結構上位に君臨するこの作品。ついつい笑ってしまうんですよね〜〜!!!
まさにあの動きは天才的だ。