リリー

ニュー・シネマ・パラダイスのリリーのレビュー・感想・評価

4.2
あの感動と夢を見たような余韻が忘れられなくて3度目の鑑賞です。これからどんなに感動的な映画を観ても、ずっとこの作品は忘れられないものの一つであり続けると思います。
父親を戦争で亡くしたトトにとって、アルフレッドは年の差を超えた親友でした。ずっとアルフレッドのそばに居たかったトトを、「ここにいてはいけない。帰ってきてはいけない。」と突き放すアルフレッドこそ、本当にトトの将来を思ってくれていたということに心を打たれます。
トトは、映画とアルフレッドのおかげで大人になったのでしょう。
最後のフィルムのシーンには毎度泣かされます。