ニュー・シネマ・パラダイスの作品情報・感想・評価

ニュー・シネマ・パラダイス1989年製作の映画)

NUOVO CINEMA PARADISO

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

4.1

「ニュー・シネマ・パラダイス」に投稿された感想・評価

途中登場するチャップリンとかの無声映画の影響かはわからないけどセリフよりも表情で魅せられる場面が多かった
音楽も素敵どこかですごく聞いたことある曲だったな
観る人が想像できる余白が多い
愛に溢れたこの作品が愛しいです
1103

1103の感想・評価

4.5
10代の頃に見れていたらもっと人生が豊かになっていたかもしれない映画。
愛り

愛りの感想・評価

5.0
本当に観てよかった。。
大学生の今、観ることができて
本当に良かった。
普通なら面白い映画を見つけた時には
もっと早く観ておけば良かった!って思うだろうけど、(私もこの作品以外はそう感じると思う。。)だけど、今この大学生の夏休みという絶妙にダラダラしてるタイミングで観たお陰で凄く真剣に台詞ひとつにとつを受け止めることができた。
多分高校生の時に観たら、面白い!ってだけの緩い受け止め方しかできないまま、もう見返すこともなかったかもしれない。
よく、映画や本なんかでも、
誰かのオススメのものを
読んだり観たりするよりも、
自分が直感で感覚で気分で
選んだものにした方がいい。
なぜなら、そうやって選んだものは、
今のあなたにとって
必要なものだから。
って言うけど、その通りだと思った。

この前、
マレーシア人の友達との会話でも
彼は携帯をいつも持ち歩いていなくて
すぐにiPhoneを触っちゃう私は
それがすごく気になったから、
どうして携帯触らないの?って聞いたら
「そんな小さな画面の
狭い世界にいて楽しい?
もっと広い世界があることを
僕は知ってるよ。
そっちを見た方が楽しいよ。」って
言われてもの凄くグサって刺さった。
この映画も同じようなことを私に言っているような気がして
ちょっと凄く自分のこれからの人生を
見つめる良い機会になった。
abx155

abx155の感想・評価

4.0
映画好きの少年トトと映写技師アルフレードの心の交流を通じて、映画愛や、人はどう生きるべきかを教えてくれる映画。
自らの人生をノスタルジックに振り返るトトに自分自身を重ねて感情移入してしまう。
エレナとはあれでよかったのか、トトは一生考え続けるんだろうな。切ない、でもいい思い出として昇華してほしい。
エンリオ・モリコーネの音楽が素晴らしすぎる。
名作だけど観てなかったよシリーズ。

自分でもよく分からないけど、色んなシーンで涙が止まらなかった……(T-T)。こんなに泣いたのはいつ以来だろう……?

……なんか……ノスタルジックな感傷に浸れて…………いいんですよ……(^_^)
(語彙力なくてスミマセン)

そしてテーマソングがとても耳馴染みがよい。
なんだろう。初めて観たのに、聞くだけで色々込み上げてくる(つд;*)。
ノスタルマジック……( ノД`)…


私は映画に関して、最初から最後まで集中して一気に観る派で、CMばっかの地上波否定派でした。
でも、こんなふうに途中からでもぶつ切りでも、色んな人と談笑しながら観る鑑賞もいいですね(^○^)。
本作の映画館では、酒を飲みながら、授乳しながら、タバコ吸いながら、老若男女、貴賤なく皆で純粋に映画を楽しんでいました。(映画と関係ないことしてる人もいたけど、空間を形成している一部で、それ含めてなんかいい♪)

映画ってやっぱいいなぁ……( ̄▽ ̄)

たまには家族とワイワイ地上波観てみようかな……。
映画好きの2人が年齢という枠を超え、ある時は親友、ある時は父子のような絆で結ばれていく。改めて映画は最高の娯楽と思わせてくれた作品でした。
うーん まだ若いのであんまり…
短い方は思い出が昇華した感じでよかったが、長い方のあらすじをみるにそうでもなかったみたいね
何にせよ初恋の人とは一緒になれないのが人生だ
生きてたら54歳くらいにまた観ます
追記 テーマ音楽はすき
まめ

まめの感想・評価

4.5
すごくすごくすごく良かった。映画館は現実にいるのにまぼろしの中に連れていってくれる特別な場所だと思っていて、この作品を観てさらにその思いが深まった。
ラストが美しい!
SHU

SHUの感想・評価

3.5
映写室入ってみたい。
機械を近くで見てみたい。

カタルシスがちょっと足りなかった…
あと青年期の俳優に集中できなかった…
Michiko

Michikoの感想・評価

4.6
ずっと変わらずにあるもの、いてくれる人を大切にしたい
ノスタルジーに惑わされそうになった時にまた観ます

関係ないけど、イタリア人めっちゃ叩くやん
>|