liam

レオン 完全版のliamのレビュー・感想・評価

レオン 完全版(1994年製作の映画)
4.0

監督は「アトランティス」のリュック・ベッソン。主演は「奇跡の旅」のジャン・レノ。他に「ヒート」のナタリー・ポートマン、「蜘蛛女」のゲイリー・オールドマン、「フライング・ピクルス」のダニー・アイエロなどが出演。

舞台はニューヨーク。家族を殺され、隣室に住む殺し屋レオンのもとに転がり込んだ12才の少女マチルダは、家族を殺した相手への復讐を決心する。

久々に鑑賞。
大人と子供のタッグモノ映画は沢山あるけどこの映画はその最高峰だな。
レオンがマチルダに暗殺を教えるがそれによって2人に友情以上のものが芽生える。
優秀な殺し屋だが読み書きができず子供のような面も持つレオンと、子供だけど大人の顔をもつマチルダ。この2人の絡みかたはもはやタッグというよりも恋愛だと思う。
マチルダはレオンに対して、初めてまで捧げようとしていたから彼女の本気さが窺える。

設定的に最初から幸せな未来が見えないのが分かりきっているからこそ、この映画はせつなく美しいのだと思う。
一般的にはバッドエンドと言われそうな今作だけど、マチルダの今後を考えると良い終わり方だったのかもしれないと思える。

ナタリー・ポートマンが本当に可愛い。今も本当に綺麗だけど、このナタリー・ポートマンは奇跡のレベル。
マチルダは劇中12歳にも関わらず、大人のような発言をして挙げ句の果てにはレオンに誘惑までする。完全にリュック・ベッソン監督の性癖が垣間見えている。笑
ゲイリー・オールドマンも悪役として素晴らしい演技を見せている。完全に頭がイッちゃっている演技が本当に気味が悪いし印象的。しかもただイッちゃっているだけじゃなくて、カッコいいからズルイ。
ジャン・レノンも冷酷ながらも人間的な愛を取り戻してく殺し屋を上手く演じていた。

凶暴な愛がピッタリの映画。

2回目 2020年9月14日