びーる

007/カジノ・ロワイヤルのびーるのレビュー・感想・評価

007/カジノ・ロワイヤル(2006年製作の映画)
4.3
ダニエルボンドの記念すべき一作目
「007 カジノロワイヤル」
どうしても鑑賞したい願望に抗いきれずにシリーズを飛ばして鑑賞。

派手なアクションや緊迫感のあるカジノシーン、ボンドガールの美貌など、007の伝統を全て受け継いでおり感慨深い気持ちです。またリアリティや悲哀感などを加えより濃厚なスパイ映画に仕上がっています!

ダニエルボンドは今までのボンドと比べ小柄ではありますが、表情や肉体、荒々しい行動など完璧なジェームズボンドとしてハマっていました!これは惚れますよ…笑

特に印象的だったのはカジノシーン。財務省のお金でプレイするという大掛かりなゲームです。ブラフを見破るという読心戦で目線や仕草など、観ているこちらも大きな緊張で押しつぶされそうになりました…

男も惚れるジェームズ・ボンド。
私の永遠の憧れとして讃えたいです。