びーる

007 スカイフォールのびーるのレビュー・感想・評価

007 スカイフォール(2012年製作の映画)
4.2
ダニエルボンド3作目「スカイフォール」シリーズを1から鑑賞する予定でしたが、いつの間にか、気になる作品をピックアップするようになりました。

MI6の立ち位置が見直され、スパイ活動が必要なのかどうかと問う今作…Mによるスピーチはボンドファンだけでなくスパイ映画ファン、多くの人に感動を与えるものだったと感じます。仕事においてだけでなく生きる上で糧となるお言葉を真摯に受け止めたいですね!

今作はアクションシーンが少ない印象を受けましたが、Qの世代交代や秘書のマネーペニーなど007ではお馴染みのキャラクターの描写もしっかりとなされていたため終始ボンド愛をくすぐられました。
Qとのスタイリッシュなやり取りも見どころです!ベン・ウィショー演じる能力に溢れた青年が、物怖じすることなくボンドとジョークを交わすという、プロフェッショナル同士の会話を堪能することが出来ました!

お馴染みのアストンマーチンもここぞとばかりに登場します!きらびやかな車体を映し出すタイミングやBGMが逸脱で、鑑賞者の目を画面から逸らすことを許さない構成でした。

さらには、謎に満ちたジェームズ・ボンドの半生も垣間見ることが出来るので本当に盛りだくさんの作品です。スカイフォールとは何を意味するのでしょうか…
ジェームズ・ボンドを007に仕上げたものであり、独りで生きる運命を強いるものでもあると考えます…