りえぞう

太陽を盗んだ男のりえぞうのレビュー・感想・評価

太陽を盗んだ男(1979年製作の映画)
4.0
原子力発電所からプルトニウムを盗み出し、自宅のアパートで原子爆弾を作り上げた理科教師の城戸。原爆を武器にして、国家を相手に理不尽な要求を突きつけていく。

巨人対大洋戦のナイター中継にウルトラマン、メーデーの行進…と昭和な映像。 時代を感じるが、設定がぶっ飛んでいてビックリ。

教室での無気力感と爆弾を作っている時の城戸の集中力。
この対比が面白い。
鉄腕アトムの曲を口ずさみながら製造し、完成時にはBob Marleyで喜びのダンス。
原爆を持ってはいるけれど、大きな野望があるわけでもなく、自分が何をしたいのかが分からない。
被曝した身体は徐々に蝕まれ、虚無感と孤独感は増し、後戻り出来ない状況になっていく。
まさに狂気なのだが、城戸役のジュリーがみせる危険な色っぽさには惹きつけられてしまった。

対する交渉役の山下警部を演じる菅原文太さんも、正義感溢れる硬派な佇まいが格好良い!射撃場での姿には惚れ惚れ。
追跡時、ヘリから跳び降りる高さが尋常ではないし、屋上でのしぶとすぎる対決シーンは笑ってしまうほどに凄いw
西部警察のような迫力のカーチェイスと哀愁のある音楽も見もの。

映画を観ながら「タクシードライバー」を思い出した。
城戸の表情、音だけの結末。
ラストも衝撃。
確かに怪作です。