doji

世界にひとつのプレイブックのdojiのレビュー・感想・評価

-
最近のデヴィッド•O•ラッセルの活躍をまったく追えておらず、ぼくとしてはやっぱり『ハッカビーズ』のイメージがつよいのだけれど、変にウェルメイドになってなければいいけど…という余計な心配を、本作はきちんとはねのけてくれた。インディ感を失わない映像で映し出されるうだつの上がらないアメリカの小市民の姿はなんともリアリティがあり、とにかくブラッドリー•クーパーが登場した瞬間、目が登場人物の全てを語っていたのが素晴らしい。ジェニファー•ローレンスももちろんよかった。デ•ニーロパパには泣かされました。