世界にひとつのプレイブックの作品情報・感想・評価・動画配信

世界にひとつのプレイブック2012年製作の映画)

Silver Linings Playbook

上映日:2013年02月22日

製作国:

上映時間:122分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「世界にひとつのプレイブック」に投稿された感想・評価

相手のほうが自分よりいかれてると思っているもの同士が、出会って向き合って思いやって、段々と立ち直っていく。
重くなりそうな話しなのに可愛らしく描かれていた。
だけどニッキー、普通にしてたな…
映吉

映吉の感想・評価

4.8
豪華キャストを揃えたデヴィッドOラッセル監督の作品。
恋愛映画の中でもトップクラスに好きな作品になりました。
オスカーを受賞したジェニファーローレンスも素晴らしいんだけど、相手役のブラッドリークーパーの演技もめちゃ良かった。
精神を病むと、本人だけでなく、家族も疲弊しますね。
立ち直っていくのは簡単ではないけれど、きっとうまくいくよ、という前向きなメッセージだと受け止めよう。
niwatorin

niwatorinの感想・評価

3.3
ジェニファーローレンスのダミ声が頭から離れず不快。なぜこれで賞獲れたのか不思議。タイトルも変。
ASK

ASKの感想・評価

-
何回見たかわからない
なぜかこの映画が好きで、特に調子を崩したときに戻ってくる
服薬だけでは難しい。
人薬、時薬(タイミング、アイデア…であったり)とは、こういうことを言うのかな……?
華菜

華菜の感想・評価

3.4
浮気や死別で病んでしまった2人の物語
ダンスを通して復活していくのが良かった!
navi

naviの感想・評価

3.5
うーん………よくサインに気付けたなあ。かっこいい男女になった。
欲に惑わされず本物を見抜くという成長。
新しい恋を始めるのは体力がいる、
けどそれ以上に人生が彩られる、と思う。

人の心の再生が感じられた。
k

kの感想・評価

3.6
マイブームのデヴィッドOラッセル作品。喪失と再生のヒューマンドラマ。
あらすじをなぞると恥ずかしいくらいテンプレストーリーだけど、登場人物たちのキャラクターがとても魅力的で楽しく観れた。
デニーロの、ちょいズレてるけど不器用で真っ直ぐな頑固親父感いいなあ。
ブラッドリークーパーはいつまでもノーテンキな青年でいてほしい。グレーTシャツにジップパーカーで。
>|

あなたにおすすめの記事