世界にひとつのプレイブックの作品情報・感想・評価・動画配信

世界にひとつのプレイブック2012年製作の映画)

Silver Linings Playbook

上映日:2013年02月22日

製作国:

上映時間:122分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「世界にひとつのプレイブック」に投稿された感想・評価

yuki

yukiの感想・評価

3.4
期待ほどではなかったけど。家族や仲間のあたたかさ、大事な人を共有している者同士はすぐに通じ合えるんだな、とその環境を羨ましく感じた。
NAO

NAOの感想・評価

4.6
ちょっと不器用な男女の愛の物語。
本作は、妻に浮気されて闇を抱えちゃった男と夫を亡くして色々ぶっ飛んじゃってる女が出会って、お互いを理解し助け合い結ばれるお話。

それぞれが違う苦しみを抱えているんだけど、2人が出会う事でそれぞれの苦しみを互いに乗り越えられる。そんな素敵な関係、羨ましく映りました。
時に厳しく言葉をぶつけ合う事もあるけれど、そこには愛が詰まってて観ていて心が満たされた。本音でぶつかり合うって大切だよね。
ダンスも最後のシーンも素晴らしかった。

ギャンブル?好きな父親が可愛かったです。
とにかく息子任せなのが笑えた。笑
2人の歪で異常な付き合いだけど、実は真っ直ぐに関係を築いていく様に心が温まった。

登場人物皆が仰々しいけど、そこも愉快で痛快で、人生前向きに生きたくなる素敵なストーリーだった。
Rufice

Ruficeの感想・評価

2.8
クレイジーな大人たちのラブコメ。
くすりとさせるシーンはあったけど、すべて予想通りの展開でのめり込めなかった。

ウェイトレスの”Slow down, Raisin Bran.”にはふふってなった😆
goro

goroの感想・評価

2.0
・親も大変だ。
・ハゲおやじだもんな、そりゃキレるよ。
・ダメな親子。
・けどデニーロの演技はうまい。
・うーむ、何かしっくり来ない。
rai

raiの感想・評価

3.6
恋愛もダンスも要素としてはあったけど
一番辛い時に支えて乗り越えるって
めちゃくちゃ大事なんだなっていう感じ
ラブよりヒューマン系
”何度でもより高く這い上がる”

妻の浮気で躁鬱病になったパットと
夫を亡くし荒れた生活を送っているティファニーが
お互いを癒しあい、セラピーを重ねていく。

自分を責めまくってしまう鬱病の経験が僕にもあるので
パットの気持ちはほんの少し理解ができた。
あの時に欲しいのはとにかく自己肯定感。
自分を支えてくれ、肯定してくれる人の存在。

それに気づけたパットとティファニー。
これから先、あの病気があったから今があると
胸張って言える生活が待ってる!!

何度も出てくるクリスタッカーめちゃつぼ。笑
k

kの感想・評価

-

人生は色々な方法で人を傷つける。
誰かが傷ついておかしくなる時があっても、無理に理解しようとするんじゃなくて、その人の普遍的な本質をみつめて側に居たいと思った。

パトリックもティファニーも揺れが大きくなる瞬間があっても、相手を理解する優しさや相手を守る強さは変わらなかった。
めめ

めめの感想・評価

2.9
私は感情移入しにくかったです😢叫び声や怒鳴り声が苦手なので、見てて辛い部分がありました。お互いに足りない部分を補うのが愛なんだと感じました💓
わか

わかの感想・評価

3.6
ネトフリのサムネ詐欺にあったものの、良い映画でした。

ネトフリのサムネを見て、ロバートデニーロが主人公のバディムービーだと思い込んで見始めたら、あれ?君が主人公?という衝撃から始まりました。

躁鬱病から脱するためには何が必要か。
喧嘩して発散するのか、走って身体を鍛えるのか、浮気した妻を取り戻すのか、それともダンスを始めてみるのか?
人生に本当に必要な人って、自分がマイナスな時に1番近くにいてくれる人ってことだねぇ。
>|