蒼白者 A Pale Womanの作品情報・感想・評価

蒼白者 A Pale Woman2012年製作の映画)

上映日:2013年06月08日

製作国:

上映時間:90分

2.4

「蒼白者 A Pale Woman」に投稿された感想・評価

落ちぶれた元ピアニストの青年を、頭切れて行動力ありありの病んデレが何とか復帰させようとする話。
勝手に家入られて家具捨てられたらドン引きするけど、それがキム・コッピなら許せるかもしれません。
&y

&yの感想・評価

3.8
【2013/6/27:ユーロスペース】「クソすば」からのキム・コッピブーム到来。正直、造形としてものすごい美人とかではないし(充分可愛いけど)、どっちかといえば脇役顏なのに、とてつもなく強い引力がある。特に笑顔。思考や感情を推し量ることができない、不穏かつ全能な。で、この映画はそんな彼女のPVだなと。キム・コッピの魅力全開。アンナ・カリーナを可愛く撮ったゴダールの「女は女である」的な。市場のシーンは最高。彼女の辿々しい日本語は可愛かったけど、日本人キャストの微妙な関西弁はちょっとノイズだった。