イチロヲ

女番長(スケバン)のイチロヲのレビュー・感想・評価

女番長(スケバン)(1973年製作の映画)
3.8
少年院の護送車から脱走して、各地に散らばったズベ公たちが、それぞれの思惑が入り乱れた状態で再会することになる。東映「女番長(スケバン)」シリーズの第4弾。

杉本美樹派と衣麻遼子派の2派、そして一匹狼の池玲子に分かれたズベ公たちが、ヤクザによってモミクチャにされながら世渡りしていく物語。ドラマでは杉本美樹のグループが主軸となっており、池玲子は中盤になってから登場。そして、ヤクザ(宮内洋)を絡めた三角関係が展開する。

コメディエンヌの立ち位置として固定されている丘ナオミは、本作にてカーリーヘアを披露。男優陣では、荒木一郎がブルーフィルム製作者を熱演している。池玲子の登場シーンを極端に減らしているあたりは、世代交代を示唆しているようでもある。

すでにマンネリに突入しているが、ピンキー・バイオレンスの風物詩「池玲子VS杉本美樹」をちゃんとやっているところはエライ。全然関係ないが、どうやら杉本美樹は箸を鉛筆持ちしてしまう人のようだ。