Chiyo

イノセント・ボイス 12歳の戦場のChiyoのレビュー・感想・評価

5.0
今年最後のレビューは私が生涯で1番心揺さぶられ続けているmy best作にします☆:*+゚゚+*:.。.*:+:*+゚゚+*:.。.*:+☆

とある俳優さんが、自身の少年時代の体験を綴った脚本。
1980年から12年もの間内戦が続いた中南米エルサルバドル。
農民層=反政府ゲリラvs政府軍
舞台はゲリラと政府軍の狭間に取り残され巻き込まれた町、クスカタンシンゴ…

少年たちが両手を首の後ろに組んで、軍に連行されている冒頭のシーンから、涙が溢れそうになる。・゚・(ノД`)・゚・。

主人公は11歳の少年チャバ!!
12歳になると少年兵に徴兵される可能性大・・・・・
父親は去ってゆき、母と子供3人(/_;)
止まらない銃声音の中での暮らしが日常。。たった11歳のチャバは長男として家族を守ろうとだんだん大人のような表情に変わっていきます(ó﹏ò。)

家族愛、友情、小さな恋の物語…
心温まるシーンから、胸が張り裂けるシーンへの移行が繰り返されて、ホッとひと息つく間もない。えげつない!!!
お願い、やめてーーーーーーと涙が止まらない。・゚・(ノД`)・゚・。
レビュー書いてても思い出し泣きする。
子供たちの無邪気さと笑顔の愛くるしさが際立って余計に苦しくなっちゃって。

少年チャバ(カルロス・パディジャ)は、私の不滅の子役No.1‧✧̣̥̇‧‧✧̣̥̇‧
イノセントな瞳の奥に秘めた男らしさにひたすら圧倒されます(ˊo̴̶̷̤⌄o̴̶̷̤ˋ)
母親役のレオノアヴァレラも抜群で母性の象徴のような存在感(,,• •,,)

好きな映画は?と聞かれたら、迷わず本作を挙げます。あとは、「ラストオブモヒカン」とか「インターステラ-」とか( •̤ᴗ•̤ )

今年は皆様のおかげでより映画が楽しくなりました(◌ॢ•ω•◌ॢ)
来年もよろしくお願いします(ˊo̴̶̷̤⌄o̴̶̷̤ˋ)
良いお年を〜✾✿✾✿✾✿✾✿