イチロヲ

戦国ロック 疾風の女たちのイチロヲのレビュー・感想・評価

戦国ロック 疾風の女たち(1972年製作の映画)
3.5
大量の鉄砲を強奪した女賊(田中真理、続圭子、山科ゆり)が、幕府の回し者や競合相手の野盗(梶健司)を翻弄していく。バイオレンスを得意としている長谷部安春監督によるロマンポルノ処女作。西部劇と時代劇とポルノを掛け合わせた、正月のエロス大作にあたる作品。

戦国時代の女賊の視点から、「人生を模索する女が、女であることを武器にしながら飄々と生き延びていく系統」を描いている。女賊の頭と野盗の頭による、「俺は天下統一を目指す!」「その先はどうするの?」「その先なんてねぇーよ!」というやり取りがすごく良い。たったこれだけの会話の中に、男と女の考え方の相違が見えてくる。

女賊の衣装デザインが、現在の漫画やゲームにそのまま流用できそうなほど鮮やかで素晴らしい。大立ち回りのシーンで女優の前貼りが見えまくるのが印象に残るが、石井輝男監督「ポルノ時代劇 忘八武士道」のインパクトには、さすがに勝てない。

残念なのは、エログロ・バイオレンスのバランス取りがうまくいっておらず、各要素が薄味になっているように感じられる点。製作側のサービス精神は伝わってくるので厭な気分にはならないが、心惜しくはある。