shooooo

チョコレートドーナツのshoooooのレビュー・感想・評価

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)
3.7
1970年代のアメリカ。母親が逮捕された知的障害の子どもマルコを同性愛者のカップルが引き取ろうとするが様々な障壁にあい...というストーリー。

ラストシーンでのルディの歌唱は、まさに魂のこもった歌声というもので心を揺さぶります。


⚠️以下ネタバレ



まったく救いのない悲しい物語。
実話から生まれたとパッケージにあるが、「同性愛者が育児放棄された障害児を育てた」という実話から着想を得たというだけで、その後の展開は当時の同性愛者に起こりそうなことを創作したもののようです。
実際にはマルコのような運命を辿った少年はいないと知りほっとします。

と同時に、美談を悲劇に改変してこの映画はなにを描きたかったのか?
この映画は観たものに社会的不条理への憤りを覚えさせるものだが、虚像への公憤に意味はあるのか?
等々の考えが浮かびモヤモヤした気持ちにもなります。
見どころのある映画ですが、正直にいって「お涙頂戴」感が拭えず、少し低く目に評価します。