法月

ファイ 悪魔に育てられた少年の法月のレビュー・感想・評価

3.4
よくもまぁこんなエグい話をおもいつくよなぁ。

韓国映画のドぎつさには慣れたつもりでいたけど、今作でまた、あらためて思い知らされてしまった。
後味が悪くても大好きになる映画もあるが、今作は好きにはなれない部類。ちょっと胸ヤケしてしまう。
なによりキム・ユンソクの存在感が凄すぎる。本当に怖い人に見える。「汚れきってしまえば、悩むことなんかなくなる」という言葉に、背筋が凍る思いがした。

格闘シーン、銃撃戦、カーアクション、みんな凄い。悔しいけど邦画より数段上だと感じてしまう。
けど、アクション映画として楽しむにはお話がドロドロ過ぎ。
かといって、人間ドラマとして観るには登場人物たちの内面が描き切れていない。モヤモヤさせられる作品だった。

(またまた超個人的な感想だけど、いにしえの漫画、川崎のぼる作「荒野の少年イサム」を思いだしてしまった。かの少年ジャンプ連載、アニメ化もされた漫画なんだけど、憶えている人は少ないだろうなぁ。賞金首のアウトロー、ウィンゲート一家に拾われ、銃の腕を叩きこまれて育った少年イサム。天才的な射撃の腕を身に着けるものの、心優しい少年で生き物を撃つことができない 。似てません?
イサムはその後、育ての親だけど極悪なウィンゲート一家に別れを告げ、正義のガンマンとなっていくんだけど、それにくらべてこの映画の主人公、ファイの運命は悲しすぎる(T_T).....)

育ての母親役の女性と、偶発的に心を通わせることになった女子高生の存在が、唯一の救いだったね。