Donatello

喰女 クイメのDonatelloのレビュー・感想・評価

喰女 クイメ(2014年製作の映画)
2.6
劇中劇の四谷怪談とそれを演じる役者の愛憎劇をシンクロさせて、ミキサーにかけて、血糊多めのスプラッターにするとこうなりました的な作品ですねコレきっと。

忍者の学校の話とさだまさしの歌の話の間にこういうの撮ってるあたり、三池監督も本当にオールラウンダーだなと。

以前、予告を観たとき「虚構と現実の境目がっ」としきりに煽っていたのでどんなもんかと思ってたのですが、ちょっと予想を上回る感じだったというか、もう途中からほぼオチまでなにがなんだかわからなくなる展開でしたね。

まぁとにかく柴咲コウちゃんが素晴らしく不気味。
もう凄い。
本当に浮気とかで女の人を怒らせちゃ駄目だなって(なにが)

で、海老蔵君がね、もう当たり役というか、「女の子にちょっかい出す時は演技しないで普段どおりいいよ」って言われたんじゃないか、寧ろサトエリちゃんあたりを脇に配したらより迫真に迫って名作になったんじゃないか。